ヴァイスシュヴァルツについてのブログです。主にカード考察や特定の能力持ちのまとめ、手持ちのデッキレシピを書いています。(たまに自分のラブライブと艦これ事情等の雑談も)
プロフィール

ハイパーアイクン

Author:ハイパーアイクン
ヴァイスシュヴァルツについて記事を書いていきます。

所持デッキ
■D.C.
 アイシア耐久
 生徒会
 白河ことり軸音楽
 姫乃早出し
 音楽
 杉並アンコール
 
 ほぼさくら単
 「見事なカウンター」
 和泉子バウンス

■魔法少女リリカルなのは
 なのフェイ
 なのは アンコール型
 なのは 大型バーン型
 フェイトビート
 一心同体軸
 夜天はやて
 「湖の騎士シャマル」
 ヴィータビート(ソウル型)
 ヴィータビート(パワー型)
 フェイトビート ファランクス型
 メカ相討ちアンコール

■らき☆すた
 オタク
 双子
 絆ソウルビート

■探偵オペラ ミルキィホームズ
 魔女っ娘シャロ軸
 ハロウィンナイト軸

■艦隊これくしょん -艦これ-
 金剛軸
 はっちゃん守り隊
 初風選抜
 赤城選抜
 響選抜
 夜戦型
 ハイパーズ
 
■ラブライブ!
 僕光軸
 夢にむかってμ's軸
 赤緑
 「アイドル大好き花陽」
 ことり単
 にこ単
 穂乃果単
 真姫単
 海未単
 凛単

■涼宮ハルヒの憂鬱
 赤緑青(安価)

■ソードアート・オンライン
 シリカデッキ

■Angel Beats!

■プリズマ☆イリヤ

■進撃の巨人



mixiもやってます。

最新トラックバック
楽天市場
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
2014年03月
2014/02 2014/03 2014/04
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
艦隊これくしょん -艦これ-

レベル1
「古鷹型重巡1番艦 古鷹」
レベル:1 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:艦娘・重巡洋艦
【自】 あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたは自分の手札を公開してよい。そうしたら、それらのカードにクライマックスがあるなら、あなたは自分のバトル中のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。
【起】【カウンター】 助太刀1000 レベル1 [手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000)


ノーコストだとこのカードの2000が最高値です。
ですが、正直使いにくい助太刀だと思います^^;


「妙高型重巡3番艦 足柄」
レベル:1 コスト:1 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:艦娘・重巡洋艦
【自】 あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたは自分のバトル中の《艦娘》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。
【起】【カウンター】 助太刀1500 レベル1 [(1) 手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500)


コスト関係なしだと、レベル1ではこのカードの2500が最高値になります。
他の2500助太刀と比べると、《艦娘》のキャラにしか使えませんが、タイトル内ですと、ほぼすべてが《艦娘》のキャラなので条件はなしに等しいです。
振り分けられないぐらいで(でもそれは他の2500助太刀でも同じことがいえるものがある)なんの迷いもなく普通に2500助太刀として使えるのですから、なんかずるいですわ~


レベル2
「高雄型重巡3番艦 摩耶」
レベル:2 コスト:2 パワー:1000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:艦娘・重巡洋艦
【起】【カウンター】 助太刀4000 レベル2 [(2) 手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+4000)


オーバースペックというわけではないとは思うのですが、新しいタイプの助太刀が出てきたので、書いておきます。


新しいブースターが発売されましたからね。
今日から当分はデータの追加修正という感じになります(これで当分ネタに困らないなw)


艦隊これくしょん -艦これ-
レベル1:2500
レベル2:4000



Part45←前 次→Part47
まとめ
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 まとめ
スポンサーサイト
DVC00082.jpg
DVC00083.jpg
DVC00084.jpg

久しぶりに新品でカード買いました^^
とりあえず4BOX買ってみました。
一番上がRR。
真ん中がRR+
一番下がパラレルです。

RR群は微妙だったかな^^;(榛名と夕張少ないな~・・・(´;ω;`))
RR+はとりあえず比叡以外だったからいいやw
特に武蔵と赤城改が2枚ずつ来てくれたのは個人的には良い^^
それからパラレル(所謂ホロ)
SRはヴェールヌイ、夕立改二、翔鶴×2(なぜに!?)
RRRは重雷装の2人、夕立改二、飛龍のクライマックス
SPは瑞鶴
それから銀券1枚、金券1枚

久しぶりにBOX買って驚いたのだが・・・
SR以上って1BOXに1枚だと思ってたんだけど・・・
どうやらSR1枚、RRR1枚は確定なんだね。
最初RRR出て、わぁ~って思ったけど、その後同じBOXからSR出てきたからね。
いつの間にか変わってただと!?
前はこんなんじゃなかったと思ったけどな~ たぶんいつからか知らないけど変わったんだよね。


まあこんな感じでした。
昨日の夜中2時ぐらいから開封して、整理とかしてたらいつの間にか5時になってたんだよねw
というわけで次の日である今日書きました。
DVC00079.jpg
DVC00080.jpg
DVC00081.jpg

「艦これ」を買う前にまたまたスリーブで散財してしまったw
基本的にはいいな~と思ったから買ったものだが・・・
一番下(特にその中でも上の列に並べてる4つ)は安かったから買ったというねw
別にキャラを知ってるわけでもなく・・・スリーブの柄が好き・・・というわけでもなく・・・色も・・・別に^^;
ただ安かったから買っただけwww(これはひどいw)
あとは気に入ったから買ったってところかな。

そう、つまり・・・使わない


あ、榛名のスリーブだけは「艦これ」のデッキ用に使いますわ。
あとアルペジオのストレージもね。


vol4← →vol6
2014/03/30 21:35 カードサプライ TB(0) CM(0)
24回目は「Fate」より
「桜&ライダー」についてです。



「桜&ライダー」
レベル:3 コスト:2 パワー:9500 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:マスター・サーヴァント
【永】 このカードの正面のキャラのソウルを-1。
【自】[(2)] あなたのクライマックス置場に「Heaven's Feel」が置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分のクロック置場のレベル2以下のキャラを1枚選び、舞台の好きな枠に置く。
【起】[(1)] あなたは相手のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを-500。


「Fate」って昔と違って今は戦えるタイトルなんで、正直マイナーといえるかどうかわかりませんが、なんかいいな~と思ってたカードがあるので。
ソウルー1に、クライマックスシナジーにより2コスト払ってのクロックからのレベル2以下のキャラ召喚。
ついでに起動効果による1コストで相手のキャラのパワーを500下げることもできます。

起動効果の方はレベル3ではほとんど使う機会はないと思いますが、ソウルー1とクライマックスシナジーが魅力的だと思います。
特にクライマックスシナジーはクロックからのキャラ召喚のため、回復にもなりますし、クロックのカードが舞台にいくので、回復メタにも引っかからないという優れもの。
昔のカードながらこれだけできれば上出来かなとw
ちなみに対応クライマックスはストックブーストの全体ソウル+1のもの。
つまり実質1コストで効果が使えるわけですね。
いや~そこだけ考えると強い強い。


あ、今日「艦これ」4BOX買いました。
最近お金がやばいですw
最後はレベル2コスト2キャラたちです。


「お花見 ハルヒ」
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:団長・SOS団


「初音ミク“おさんぽスタイル”」 ※2014/7/25追加修正
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:音楽・メガネ


「クロード」 ※2014/8/26追加修正
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:武器・メガネ


「深夜のお茶会 小林」 ※2015/3/21追加修正
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:探偵


「アルパカ(♀)」 ※2015/7/27追加修正
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:動物


上から「涼宮ハルヒの憂鬱」、「初音ミク」、「ニセコイ」、「ミルキィホームズ」、「ラブライブ!」のカードです。
デメリット能力は・・・ないただのバニラです。
ではないです。 ちゃんとデメリットはあります。
それは、ソウルが1であることです。
これをデメリットとしてみるかどうかは使う人次第といったところですかね?


「ソニックフォーム フェイト」
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:魔法・クローン
【永】 このカードの正面のキャラのソウルを+1。


「雷刃の襲撃者」
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:魔法・武器
【永】 このカードの正面のキャラのソウルを+1。


「戦闘服!? 葵」
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:新聞・ウェイトレス
【永】 このカードの正面のキャラのソウルを+1。


上2枚は「魔法少女リリカルなのは」のカード、3枚目は「D.C.」のカードです。
デメリット能力は、このカードの正面のキャラのソウルを+1してしまうというものです。
上のカードほどではないですが、それでもレベル2になって相手のソウル上昇というのはきついものがありますね~


「楽しく運動 佐伯鞠香」 ※2015/11/11追加修正
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:ガール・スポーツ
【自】 バトル中のこのカードが【リバース】した時、相手は自分の控え室のキャラを1枚選び、手札に戻してよい。


「ガールフレンド(仮)」のカードです。
デメリット能力は、自身がリバースした時に相手は1体キャラ回収が行えるというもの。
「祥鳳型軽空母2番艦 瑞鳳改」と似ており、自身が倒されると相手にハンドアドを与えてしまうというもの。
こちらは回収になっているため、より相手の欲しいカードが相手に渡ってしまう可能性が高くなっています。
ただリフレッシュタイミングによっては満足に回収ができない可能性も無きにしも非ず。


「天真爛漫 ランカ」
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:音楽・愛
【自】 バトル中のこのカードが【リバース】した時、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。


「マクロスF」のカードです。
デメリット能力は、自身がリバースした時に、1クロック受けてしまうというもの。
レベル0でならまだいいですが、レベル2でこれはきついですね~^^;


「“人魚の魔女”」
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:魔法・音楽
【自】[手札のキャラを1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしないなら、このカードを控え室に置く。


「感動の味 レド」
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:パイロット・軍隊
【自】[手札のキャラを1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしないなら、このカードを控え室に置く。


「アイザック」 ※2014/6/13追加修正
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:武器・団長
【自】[手札のキャラを1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしないなら、このカードを控え室に置く。


「楽の許嫁 万里花」 ※2014/8/26追加修正
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:警察・鍵
【自】[手札のキャラを1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしないなら、このカードを控え室に置く。


「ミニスカサンタ 望月エレナ」 ※2015/1/6追加修正
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:ガール・コスプレ
【自】[手札のキャラを1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしないなら、このカードを控え室に置く。


上から「魔法少女まどか☆マギカ」、「翠星のガルガンティア」、「ログ・ホライズン」、「ニセコイ」、「ガールフレンド(仮)」のカードです。
デメリット能力は、手札から登場したときに、手札のキャラ1枚を捨てなければならないことです。
ただのパワー10000のキャラに手札2枚分使うのは、やはりなんとも・・・^^;
ちなみに「“人魚の魔女”」「楽の許嫁 万里花」は早出しができ、その場合はデメリットは受けません。


「少女ケルブレム」
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:タロット・悪魔
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の《タロット》のキャラを1枚選び、控え室に置く。


「幻影ヲ駆ケル太陽」のカードです。
デメリット能力は、手札から登場した時に、自分の《タロット》のキャラ1体を犠牲にしなければなりません。
下のカードよりは、ましだと思いますが、それでもやはり手札2枚分も使うのは・・・^^;


「神を名乗るストライカー」
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:メカ・神
【自】[あなたの舞台のレベル0以下のキャラを1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしないなら、このカードを控え室に置く。


「翠星のガルガンティア」のカードです。
デメリット能力は、自分の舞台のレベル0以下のキャラ1体を犠牲にしなければなりません。
キャラ1体の犠牲だけでも使いにくいのに、そのキャラが指定されているのがさらに使いにくくさせてますね^^;


「シンク・イズミ」
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:勇者・スポーツ
【自】 このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。


「“奇跡の生還者”小町 小吉」 ※2015/3/14追加修正
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:改造・虫
【自】 このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。


上は「DOG DAYS」、下は「テラフォーマーズ」のカードです。
デメリット能力は、自身が舞台から控え室に置かれた時に、1クロック受けてしまうというもの。
上のカードと比べると、直接除去を受けて場合にも確定1ダメージを受けてしまうのが痛いところ。
しかし逆をいえば、リバースしたとしても、なんらかの手段で控え室以外の場所に飛べばデメリットは受けなくて済みます。
まあ痛いデメリットに変わりはないんですがね^^;


「謎の存在 アローン」
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:アローン・謎
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。


「うわさ話 佐天」
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:特徴なし
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。


「“次の獲物はあなた”真姫」
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:音楽・動物
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。


上から「ビビッドレッド・オペレーション」「禁書目録&超電磁砲」「ラブライブ!」のカードです。
デメリット能力は、手札から登場した時に、1クロック受けてしまうというもの。
レベル2からの確定ダメージは正直厳しいです^^;
しかし、どのカードも他のカードの効果で控え室から登場することができます。
そのうち下の2枚はチェンジによる早出しができます。


「“漆黒の聖剣”セイバー」
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:サーヴァント・武器
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のカード名に「セイバー」を含むキャラを1枚選び、クロック置場に置く。


「Fate」のカードです。
デメリット能力は、手札から登場した時に、自分の「セイバー」1体を犠牲にしなければなりません。
しかも、控え室ではなくクロック置場です。
ちなみに他に「セイバー」がいなければ、出したこのカード自身がクロックに置かれることになります。
レベル2で、デメリットでクロックを増やすのは「“一緒に歩く道”ちはや」のように、山札の上から1枚というタイプでもきついというのに、このカードの場合、舞台のキャラをクロックに置くので、このカードを出すのに実質1クロック+手札1枚余計にかかっているわけです。
正直、早出しでパワー10000のキャラなんて今の環境じゃ当たり前みたいな感じなので、まあ厳しいですよね^^;



「“最弱”当麻」
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:特徴なし
【永】 舞台のこのカードのレベルを-2。
【自】 アンコール [あなたの山札の上から1枚をクロック置場に置く] (このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードがいた枠に【レスト】して置く)


「禁書目録&超電磁砲」のカードです。
デメリット能力は、自身のレベルが0になるというもの(正確にはー2なのでレベルパンプをしてあげれば0ではなくなる)
他のデメリットと比べるとかなり軽い感じがします。
これでいてクロックアンコール持ちですからね。
しかし、レベルが0になってしまうので、サイドアタックでもダメージが素通りしてしまったり、除去されやすくなったりしちゃいますので、このデメリット能力を軽いと見るかは人次第ですけどね
まあサイドアタックの素通りに関しては、逆に相手にソウル調整という選択をできなくさせたりしますので・・・ほんとにデメリットなんでしょうかね?w


「暴走掃除機 螺子川来夢」 ※2015/11/11追加修正
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:ガール・水着
【自】 このカードがアタックした時、あなたは自分のストックの上から1枚を、控え室に置く。
【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く] (このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードがいた枠に【レスト】して置く)


「ガールフレンド(仮)」のカードです。
デメリット能力は、自身がアタックしたとき自分のストックの上から1枚を控え室に置かなければならないというもの。
つまりこのカードを使うときはストックが増えなくなります(ただしストックが0枚のときに限っては処理の順番的にたまる)
手札アンコールが付いているものの、ストックが増えないのはレベル3を考えると厳しいため、扱いづらいでしょう。


「“はい、あーん♪”南 ことり」 ※2015/7/27追加修正
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:音楽
【永】 このカードのバトル中、すべてのプレイヤーは『助太刀』を手札からプレイできない。
【自】[手札のキャラを1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしないなら、このカードを控え室に置く。


「ラブライブ」のカードです。
デメリット能力は、手札から登場したときに手札のキャラ1枚を捨てなければならないことです。
またこのカードに関しては、自身のバトル中お互い助太刀を使えないという能力も持っています。
なかなか扱いが難しい感じがします(攻める分にはいいのだが、守るのが難しくなるため、登場時のデメリットを考えると・・・)


「ゲオルグ・ザルバード」 ※2016/1/17追加修正
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:武器・神
【永】 このカードのバトル中、すべてのプレイヤーは『助太刀』を手札からプレイできない。
【自】 バトル中のこのカードが【リバース】した時、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置き、このカードを【レスト】する。


「シャイニング・フォース」のカードです。
デメリット能力は、リバースしたら強制擬似クロックアンコールしなければならないというもの。
レベル1ならまだ悪くないのですが、レベル2だとこのデメリットは流石にきついですね。
またこのカードに関してもデメリット能力だけでなく上のカードと同じく助太刀封じを持っています。


「創造神“祭礼の蛇”」
レベル:2 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:炎・蛇
【永】 このカードは、あなたの、「『巫女』ヘカテー」と「『将軍』シュドナイ」と「『参謀』ベルペオル」がいる場合を除き、手札からプレイできない。
【永】 他のあなたの《炎》のキャラすべてに、パワーを+1000。


「灼眼のシャナ」のカードです。
デメリット能力は、特定のカードが舞台にいないと手札からプレイできないというもの。
しかも、その特定のカードは3枚も必要と正直厳しいです。
そのかわり、パワー10000だけでなく、他の自分の《炎》のキャラに1000パンプする能力もあります。
ちなみに「“戦技無双”の美姫 ヴィルヘルミナ」の効果で山札から直接登場させることもできます。
その場合はデメリットは無視できるんですよね~


今回でこのテーマは最後になります。
個人的には1/1/8500の「暴走アルクェイド」と2/1/10000の「初音ミク“イノセント”」「別れの時間 リインフォース」が魅力的に見えますね~w
2014/03/28 18:39 オーバースペック TB(0) CM(2)
レベル2コスト1キャラたちです。


「伝説の怪盗 ビスコンテ」 ※2015/3/21追加修正
レベル:2 コスト:1 パワー:9500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:怪盗・仮面
【永】 舞台のこのカードのレベルを-1。


「ミルキィホームズ」のカードです。
デメリット能力は、自身のレベルがー1されることです。
-1されますが、レベル1のためサイドアタックが素通りになることはないため比較的デメリットは少ないように見えます。
しかしレベルが低くなっているため効果の対象になりやすくなっていたり、レベル1相討ちにやられたりということはあります(レベル0相討ちよりは数は少なくなるがそれでも結構いる)
またレベル1のため相手のソウル調整に利用されたりと地味にデメリットが響くことがあるかもしれませんね。


「秘密の歌姫 小鳥」
レベル:2 コスト:1 パワー:9500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:音楽・ドレス
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、このカードを山札に戻す。その山札をシャッフルする。(公開したカードは元に戻す)


「アイドルマスター」のカードです。
デメリット能力は、このカードが手札から登場した時、トップチェックをし、そのカードがクライマックスだったら山札に戻ってしまうというものです。
レベル0にも同能力のカードがありましたが、レベル2にもなってアタック回数が減る可能性があるのは怖いですねw
後述のカードに比べると比較的軽いデメリットだと思います。


「祥鳳型軽空母2番艦 瑞鳳改」 ※2014/12/23追加修正
レベル:2 コスト:1 パワー:9500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:艦娘・軽空母
【自】 バトル中のこのカードが【リバース】した時、相手は1枚引いてよい。


「艦隊これくしょん -艦これ-」のカードです。
デメリット能力は、自身がリバースしたら相手に1ドローを与えるというものです。
相手にハンドアドを与えてしまうというのは相手に手数や選択肢を与えてしまうため決して軽いデメリットではないと思います。
ですが、必ずしもそのドローが相手にとってプラスになるとは限らないのがヴァイスシュヴァルツでもあるので(キャンセルに回って欲しかったクライマックスのドローだったり)このデメリットをどのように捉えるかは使う人によるかもしれません。


「“炎のグラフィッカー”Na-Ga」
レベル:2 コスト:1 パワー:9500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:ビジュアルアーツ・影
【自】 バトル中のこのカードが【リバース】した時、このカードをクロック置場に置く。


「ビジュアルアーツ」のカードです。
デメリット能力は、自身がリバースしたら、1クロック受けなければなりません。
ダメージではないので確定で1ダメージになります。
レベル0にも同能力のカードがありましたが、レベル2になってこのデメリットは流石に痛いですね。


「大火の兎兎丸」
レベル:2 コスト:1 パワー:9500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:魔法・エレメント
【自】[手札のキャラを1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしないなら、このカードを控え室に置く。


「明日を見すえる高木社長」 ※2014/12/02追加修正
レベル:2 コスト:1 パワー:9500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:音楽・メガネ
【自】[手札のキャラを1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしないなら、このカードを控え室に置く。


上が「FAIRY TAIL」のカードで、下が「アイドルマスター」のカードです。
デメリット能力は、このカードが手札から登場した時、手札のキャラ1枚を控え室に置かないと自壊してしまうというものです。
レベル0にも似たような能力のカードはありました。
レベル0とは違い相討ちとかには耐性がありますが、早出しが多いレベル2帯で、手札2枚使ってレベル2キャラは・・・これまた厳しいです。


「ストレングス」
レベル:2 コスト:1 パワー:9500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:武器
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のカード名に「ユウ」を含むキャラを1枚選び、控え室に置く。そうできないなら、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。


「ブラック★ロックシューター」のカードです。
デメリット能力は、このカードが手札から登場した時、自分の「ユウ」ネームのキャラ1体を控え室に置かないと、1クロック受けてしまいます。
上の2枚のカードを足して2で割ったような能力ですねw
まあどっちにしても手札2枚分か1ダメージなんで痛いデメリットってのは変わらないのですが。


「燃え盛る炎の落とし子 つかさ」 ※2014/10/10追加修正
レベル:2 コスト:1 パワー:9500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:ギガント・主人公
【自】 あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがレベル0以下のキャラなら、あなたは自分の手札をランダムに1枚選び、控え室に置く。(公開したカードは元に戻す)
【自】 アンコール [あなたの山札の上から1枚をクロック置場に置く] (このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードがいた枠に【レスト】して置く)


「ギガントシューター つかさ」のカードです。
デメリット能力は、自分のクライマックスフェイズの始めにトップチェックをし、そのカードがレベル0以下のキャラだと自分の手札をランダムに1枚捨てなければなりません。
自分の盤面が不利になったり、クロックが増加するわけではありませんが、ランダムに手札が減ってしまう可能性があります。
不確定ながら次の展開でのカードを失ってしまうかもしれないというのは厳しいですね。
まあ一応運がよければデメリットを受けることなく、バニラよりも1000も高いパワーを持ちつつクロックアンコールまでついていますから、性能だけみるとすごそうなんですけどね。


「“突き破る壁”超大型巨人」 ※2016/5/4追加修正
レベル:2 コスト:1 パワー:9500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:巨人
【永】 他のあなたの「“巨大な体?”超大型巨人」がいないなら、このカードはアタックできない。
【永】 前列の右の枠にこのカードがいるなら、他のあなたの、「“巨大な体?”超大型巨人」と「“人類の脅威“超大型巨人」すべてに、パワーを+1000。
【自】 このカードがアタックした時、クライマックス置場に「そして、850年……」があるなら、あなたは1枚引いてよい。
【自】 他のあなたの「“巨大な体?”超大型巨人」が舞台から控え室に置かれた時、このカードを控え室に置く。


「進撃の巨人」のカードです。
デメリット能力は、他の特定のキャラいなければアタックできないのと、他の特定のキャラが除去されると自壊するというものです。
またデメリット能力以外にも能力を持っており、自身が前列の右側にいれば他の特定のキャラ2体に1000パンプとクライマックスシナジーにより、自身アタック時に1ドローできます。
特定のキャラを揃えないとアタックすらできませんが、その代わり揃えることが出来れば、特定のキャラの能力も合わさり低コストで強力な盤面を築くことが出来ます。


「“人類の脅威”超大型巨人」 ※2016/5/4追加修正
レベル:2 コスト:1 パワー:9500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:巨人
【永】 他のあなたの「“巨大な体?”超大型巨人」がいないなら、このカードはアタックできない。
【永】 前列の左の枠にこのカードがいるなら、他のあなたの、「“巨大な体?”超大型巨人」と「“突き破る壁”超大型巨人」すべてに、パワーを+1000。
【自】[手札を1枚控え室に置く] このカードがアタックした時、クライマックス置場に「そして、850年……」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたの《巨人》のキャラすべてに、そのターン中、パワーを+3500。
【自】 他のあなたの「“巨大な体?”超大型巨人」が舞台から控え室に置かれた時、このカードを控え室に置く。


「進撃の巨人」のカードです。
デメリット能力は、他の特定のキャラいなければアタックできないのと、他の特定のキャラが除去されると自壊するというものです。
またデメリット能力以外にも能力を持っており、自身が前列の左側にいれば他の特定のキャラ2体に1000パンプとクライマックスシナジーにより、自身アタック時に手札1枚をコストに自分の《巨人》全てに3500パンプ出来ます。
上のカードと同じく特定のキャラを揃えないとアタックすらできませんが、その代わり揃えることが出来れば、特定のキャラの能力も合わさり低コストで強力な盤面を築くことが出来ます。


「別れの時間 リインフォース」
レベル:2 コスト:1 パワー:10000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:魔法・本
【自】 あなたのドローフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置いてよい。そうしないなら、このカードを思い出にする。


「魔法少女リリカルなのは」のカードです。
デメリット能力は、自分のドローフェイズの始めに1クロック受けるか、自身を思い出に飛ばすかの2択を選ばなけらばなりません。
しかしよくよく考えてみると、1ターン限りの運用だけと考えるとほぼデメリットはないようなものになります。
思い出に飛ぶことも、記憶発動の補助やら(あまり意味がないかもしれないが)、圧縮率の補助やら(これもあまり意味がないかもしれないが)で逆にプラスになれるものでもあります。
なのでこの中では1番軽いデメリットかもしれません。


「初音ミク“イノセント”」
レベル:2 コスト:1 パワー:10000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:音楽・愛
【自】 あなたのアンコールステップの始めに、あなたは自分のキャラを1枚選び、控え室に置く。


「初音ミク」のカードです。
デメリット能力は、自分のアンコールステップの始めに自分のキャラ1体を除去しなければなりません。
確実に手札1枚分の損失が発生するためきついデメリットですが、アンコールステップの始めとあるので、リバース状態のキャラを選んでもいいのです。
そう考えると割と軽いデメリットなのかもしれません。
しかし、だからといって複数展開しようものなら・・・まあ大変なことになりますね。
また自身だけの場合は自身を除去しなければなりません。
まあ一応アンコールというものはできますけどね。


「吹き荒ぶ風のゲーニッツ」
レベル:2 コスト:1 パワー:10000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:オロチ・神
【永】 相手の前列のキャラすべてに、パワーを+1000し、《オロチ》を与える。
【自】[(6)] 相手のアタックフェイズの始めに、前列にこのカードがいるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、相手の前列のキャラすべてに、そのターン中、次の能力を与える。『【自】 このカードがアタックした時、あなたは他の自分の前列のキャラを1枚選び、控え室に置く。』


「KOF」のカードです。
デメリット能力は、相手の前列のキャラすべてにパワー+1000し、特徴《オロチ》を与えてしまうというものです。
特徴は別にいいとしても、パワー+1000は痛いです。
それだけで実質このカードのパワーが9000みたいなものですからね(実際は他のカードもきつくなるのだが)
また相手のアタックフェイズの始めに前列にこのカードがいれば、6コストという重いコストを払うことで、相手にアタック順を牽制させると同時に確実に1回はアタックを封じることができます。
まあどうなんでしょうね?w


「伝説の英雄アバロン」
レベル:2 コスト:1 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:武器・不死
【自】 このカードが舞台に置かれた時、あなたは自分の手札の「伝説の英雄アバロン」を3枚選び、控え室に置いてよい。そうしたら、あなたは3枚引く。そうしないなら、このカードを控え室に置く。


「シャイニング・フォース」のカードです。
デメリット能力は、このカードが舞台に登場した時、自分の手札の同名カード3枚を控え室に置かないと自壊してしまうというものです。
3枚手札を失いますが、その後効果で3枚ドローできますので手札損失に関しては問題ありません。
しかし超絶使いにくい・・・
ちなみに、自壊させてからアンコールさせたとしても、『舞台に置かれた時』とあるため、ちゃんと同名カードを3枚落とさなければなりません。
普通にアンコールした場合も同様なため、やはり超絶使いえない・・・


次はいよいよ最後になります。
2014/03/27 23:54 オーバースペック TB(0) CM(0)
レベル1コスト1のキャラたちです。


「ハサン・サッバーハ」
レベル:1 コスト:1 パワー:8000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:サーヴァント・仮面
【自】 このカードが舞台に置かれた時、あなたはこのカードか自分の「佐々木 小次郎」を1枚選び、控え室に置く。


「Fate」のカードです。
デメリット能力は、舞台に置かれるたびに、自身か自分の「佐々木 小次郎」を犠牲にしなければなりません。
出すのに1コストとさらに手札1枚、おまけに「佐々木 小次郎」は1/1のバニラのためさらに1コストと、合計2コストと手札2枚と、まあ正直割の合わないカードです。


「文化祭 天都かなた」 ※2015/11/11追加修正
レベル:1 コスト:1 パワー:8000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:ガール
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、他のあなたの「驚愕の音 篠宮りさ」がいないなら、このカードを【レスト】する。


「ガールフレンド(仮)」のカードです。
デメリット能力は、手札から登場したときに他の自分の特定のキャラがいなければレストしてしまうというもの。
その特定のキャラですが、このカードに対するクロック絆持ちであり、かつこのカードに対して500パンプ+手札アンコール付与を行えるため、いないということはまずないのではと思います。


「クラスメイト 龍子」 ※2015/1/20追加修正
レベル:1 コスト:1 パワー:8000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:スポーツ
【自】 バトル中のこのカードが【リバース】した時、相手は1枚引いてよい。


「プリズマ☆イリヤ」のカードです。
ついに1/1/トリガーなしで基礎パワー+1000以上のオーバースペックが登場しましたね(ジョークカードである「旅に出ます うーさー」を除いて)
デメリット能力は、自身がリバースしたら相手は1ドローできるというものです。
状況によっては必ずしも相手にプラスになるとは限らないですが、それでも相手にハンドアドを与えてしまうのはきついですね。
レベル1相討ちで簡単にやられてしまうのがさらにデメリットの印象を強くする感じがします。
このカードを使うならできる限り2体以上は相手キャラを倒していきたいところですね。


「暴走アルクェイド」
レベル:1 コスト:1 パワー:8500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:王族・血
【自】 あなたのアンコールステップの始めに、このカードを控え室に置く。


「MELTY BLOOD」のカードです。
デメリット能力は、自分のアンコールステップの始めに自身を控え室に置くことです。
つまり1回きりということです。
一応アンコールはできますが、また次の自分のアンコールステップの始めには控え室にいっちゃいます。
その強烈なデメリットがあるせいで、バニラより+1500もパワーが高いんですがね。


レベル1コスト1は以上になります。
まあ7500自体数が少ないですからね。
次はいよいよレベル2。
これもコスト1、コスト2で分けてやろうと思います。



おまけ
「圧倒的な暴力 バーサーカー」 ※2015/7/13追加修正
レベル:1 コスト:2 パワー:9500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:サーヴァント・武器
【自】 バトル中のこのカードが【リバース】した時、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置き、このカードを【レスト】する。


「Fate」のカードです。
デメリット能力は、リバースしたら強制擬似クロックアンコールしなければならないというもの。
まさか数の少ない1/2キャラにオーバースペックキャラが来るとは思いませんでした。
今のところこのカードだけということで1/1と同じ記事に書くことにしました。
2014/03/26 23:27 オーバースペック TB(0) CM(2)
「高雄型重巡3番艦 摩耶」
レベル:2 コスト:2 パワー:1000 ソウル:2
レアリティ:C トリガー:あり 特徴:艦娘・重巡洋艦
【起】【カウンター】 助太刀4000 レベル2 [(2) 手札のこのカードを控え室に置く] (あなたはフロントアタックされている自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+4000)


ついにこういうカードが出てきましたか。
レベル2コスト2の4000助太刀です。
ただ、最近はすでにイベントカウンターで1コストで4000やら4500やら出せちゃうんでまあね・・・
そもそもパンプ系のカウンターで2コストは正直重いという^^;

まあこのカードが出てきたことにより、これからのブースターには、これを基にしたレベル2コスト2の助太刀が出てくることになるんじゃないんでしょうか?
2014/03/25 23:58 今日のカード TB(0) CM(0)
次はレベル1。
レベル1からコストがかかりますから、コスト0とコスト1に分けてやっていきます。
ちなみに今回もバニラ+1000以上のものだけで、個人的にデメリットが軽い順に並べています。


「癒しの祈り さやか」
レベル:1 コスト:0 パワー:6500 ソウル:1
レアリティ:R トリガー:なし 特徴:魔法・愛
【自】 バトル中のこのカードが【リバース】した時、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置き、このカードを【レスト】する。


「魔法少女まどか☆マギカ」のカードです。
デメリット能力は、リバースしたら強制擬似クロックアンコールしなければならないというもの。
半分はメリットみたいなものですよね~
ただいつまでも舞台にいるとデメリット能力が牙をむいてきます。
まあだとしてもレベル1でノーコストで6500もパワーがあって、おまけに擬似クロックアンコールがあるってのはデメリット持ちの中ではかなりいいと思いますけどね。


「“アネックス1号の乗組員”柳瀬川 八恵子」 ※2015/3/14追加修正
レベル:1 コスト:0 パワー:6500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:改造・動物
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、相手は自分の手札を公開してよい。そうしたら、それらのカードにクライマックスがあるなら、このカードを【レスト】する。


「テラフォーマーズ」のカードです。
これは相手次第で、デメリットを受けるかどうかが決まります。
そのデメリット能力というのは、手札から登場した時に相手が手札を見せてくれてその中にクライマックスがあったらレストしちゃうというものです。
レベル0の「白河 ことり」と同じ能力です。
レベル1の段階ですと前列3体・後列2体をしっかり揃えてくる段階ですので、空き枠がないことが多くデメリットを受けてしまうとアタック数か手数のどちらかを減らさないといけなくなることが多くなるため、レベル0の時よりかは使いにくくなっているかもしれませんね。


「自由研究 上条るい」 ※2015/11/11追加修正
レベル:1 コスト:0 パワー:6500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:ガール
【永】 このカードの正面のキャラのレベルが2以上なら、このカードは次の能力を得る。『【永】 このカードはフロントアタックできない。』


「ガールフレンド(仮)」のカードです。
デメリット能力は、自身の正面がレベル2以上のキャラならフロントアタックできなくなるというもの。
このカードが活躍するレベル1においては、何かしらのレベルパンプ手段を使われない限りノーデメリットで扱うことができます。
問題は終盤アタックできなくなる可能性が増すため、このカードを使わざるを得なくなったときのことをどうするか。
ダイレクト枠を作る工夫をしたり、ソウルパンプしてサイドアタックでもダメージが出せるようにしたり、そもそもレベル2以上でもキャラを維持できるだけのパワーが出せたり等。
考えようでは結構活躍できそうなカードだと思います。


「お風呂でドキドキ ニコ」
レベル:1 コスト:0 パワー:6500 ソウル:1
レアリティ:U トリガー:なし 特徴:ネット
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から2枚を、控え室に置く。それらのカードにクライマックスがあるなら、このカードを【レスト】する。


「アクセル・ワールド」のカードです。
デメリット能力は、手札から登場した時、自分の山札の上から2枚を削り、その中にクライマックスがあったらレストしてしまうといういもの。
レベル1の段階でもまだまだ使える良いデメリットだと思います。 たぶん。


「2年甲組 流子」 ※2014/5/25追加修正
レベル:1 コスト:0 パワー:6500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:服・武器
【自】 このカードのバトル相手が【リバース】した時、あなたはそのキャラをストック置場に置く。


「キルラキル」のカードです。
デメリット能力は、相手をリバースさせたら必ずストックに送ってしまうというもの。
これは状況しだいでは、相手の嫌らしいキャラや重要なキャラをアンコールさせずに倒せるわけですので、使い方しだいですかね。
相手も逆利用してくるとは思いますが、その場合はダイレクト枠ができるのでダメージレースで優位になれると考えれば・・・


「“クリスマスのごちそう”小泉 花陽」 ※2015/7/27追加修正
レベル:1 コスト:0 パワー:6500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽
【自】 このカードがアタックした時、あなたは自分の山札の上から2枚を、控え室に置く。それらのカードにクライマックスがあるなら、そのターン中、このカードのソウルを-2。


「ラブライブ!」のカードです。
デメリット能力は、自身がアタックしたときに山札の上から2枚を控え室に置きその中にクライマックスがあったら自身のソウルー2というもの。
自身のソウルが1のためデメリットが出てしまうとソウルがー1となり、トリガーが出たり、よく使われる全体1000/1・1ドロー2000/1のクライマックスを使ってもダメージを与えられないというのは痛いですね。
しかしそれでもデッキ削りができるということと、必ずしもデメリットが出るわけではないことを考えると、他のオーバースペックキャラよりかはいいのかもしれないですね。


「代理マスター アイリスフィール」
レベル:1 コスト:0 パワー:6500 ソウル:1
レアリティ:TD トリガー:なし 特徴:ホムンクルス・錬金術
【永】 このカードの正面のキャラのソウルを+1。


「Fate」のカードです。
デメリット能力は、正面のキャラのソウル+1しちゃうというもの。
レベル0にも同能力はいますが、レベル0だと+500ですが、レベル1だと+1000なんですね。
ラストの相手側のソウル調整を狂わせるのにも使えるため、これも割とデメリットとして良い方だと思います。


「バトルマニア シグナム」
レベル:1 コスト:0 パワー:6500 ソウル:1
レアリティ:TD トリガー:なし 特徴:魔法・武器
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。


「桃怪盗“麗しき破滅の桃”」 ※2015/3/21追加修正
レベル:1 コスト:0 パワー:6500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:怪盗・仮面
【永】 舞台にこのカードがいるなら、このカードは《警察》を得る。
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。


上が「魔法少女リリカルなのは」、下が「ミルキィホームズ」のカードです。
デメリット能力は、手札から登場した時、1クロック受けなければなりません。
確定ダメージになるので痛いですけど、レベル2への先上がりを目指しているのなら、まだ悪くないのかもしれません。


「“紅赤朱”秋葉」
レベル:1 コスト:0 パワー:6500 ソウル:1
レアリティ:C トリガー:なし 特徴:血
【自】 あなたのドローフェイズの始めに、あなたは他の自分の前列のレベル1以下のキャラを1枚選び、控え室に置く。


「MELTY BLOOD」のカードです。
デメリット能力は、自分のドローフェイズの始めに、他の自分の前列のレベル1以下のキャラ1体を犠牲にしなければなりません。
毎ターン1体ずつってのは相当きついですが、出したターンは問題ありません。
そのまま相手に倒されたり、他の前列のキャラがいなくなればデメリットは受けません。
扱いずらいですけど、確定でデメリットを受けるわけではないので^^;


「ちび“人衣一体”流子」 ※2014/6/1追加修正
レベル:1 コスト:0 パワー:6500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:服・武器
【自】 あなたのドローフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。


「キルラキル」のカードです。
デメリット能力は、自分のドローフェイズの始めに1クロックを受けてしまうというもの。
上のカードと同じく登場したターン中はなんのデメリットもありません。
次の自分のドローフェイズの始めからデメリットを受けます。
なので相手のカウンターを気にせずガンガンアタックしにいき、むしろ使わせるぐらい相手に負担をかけられればいいと思います。


「戦闘態勢フェイト」
レベル:1 コスト:0 パワー:6500 ソウル:1
レアリティ:PR トリガー:なし 特徴:魔法・クローン
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のカード名に「フェイト」を含むキャラを1枚選び、控え室に置く。


「魔法少女リリカルなのは」のカードです。
デメリット能力は、手札から登場した時、自分の「フェイト」ネームのキャラ1体を犠牲にしなければなりません。
実質手札2枚分なので除去されたら相当痛いです。


「キングメンガーを探すつかさ」 ※2014/10/10追加修正
レベル:1 コスト:0 パワー:7000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:ギガント・主人公
【自】 このカードがフロントアタックされた時、このカードを控え室に置く。(バトル相手がいなくなってもダイレクトアタックにはならない)


「ギガントシューター つかさ」のカードです。
デメリット能力は、このカードがフロントアタックされると無条件で自壊してしまうというもの。
逆に言えば登場ターンはデメリットなしで1/0/7000が使えます。
効果の仕様上カウンターされたところでそれほど痛くはないですしね。


「封印された拳 アクション仮面」 ※2014/4/13追加修正
レベル:1 コスト:0 パワー:7500 ソウル:2
トリガー:なし 特徴:仮面・ヒーロー
【永】 あなたのクロックが2枚以下なら、このカードはアタックできない。
※このカードは「クレヨンしんちゃん」のデッキに1枚だけ入れることができます。(2014/4/11現在)


「クレヨンしんちゃん」のカードです。
『アクション仮面』2巻 初回出荷分 封入特典されるPRカードですって。
それにしてもオーバースペックすぎませんか!?
バニラよりパワー+2000に加えてソウル+2!?
0コストで!?
もちろんデメリットはあり、そのデメリット能力はクロックが2枚以下ならアタックできないというもの。
レベルアップ直前だと厳しい効果ですが、クロックを増やせるカードと合わせれば、このカードを使う分には問題ないですね。
ただルールによりデッキに1枚しか入れられません。
まさかの1枚制限。 初ですね。


ということでレベル1コスト0は以上となります。
今後も増えていくと面白いですよね。
次はレベル1コスト1ですかね。
2014/03/24 23:25 オーバースペック TB(0) CM(0)
なんとなく調べてまとめてみたくなったシリーズ(今回で何回目だろうw)
今回はオーバースペックキャラについてです。
レベル0、レベル1、レベル2とやっていこうと思っています(間に「今日のカード」とか入るかもしれないが)
最初はレベル0から。
ただ、今となってはオーバースペックキャラはたくさんいますので・・・
レベル0キャラに関してはパワー4000以上のキャラを対象にします(バニラ+1000以上)
ちなみに今回は珍しくレアリティも記述していこうと思います。


「揺るがぬ心 シャナ」
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
レアリティ:C トリガー:なし 特徴:炎・武器
【永】 他のあなたの《炎》のキャラが2枚以下なら、このカードはあなたのスタンドフェイズに【スタンド】しない。


「灼眼のシャナ」のカードです。
たぶん0/0/4000の中だったらこれが一番デメリットが軽いと自分は思ってます。
デメリット能力は、他の自分の《炎》のキャラが2枚以下ならスタンドフェイズにスタンドしなくなります。
まあ最初の手札次第にはなりますが、他と比べると自分次第で条件を達成しやすいですよね。
レベル0の枚数が多ければなんとなかなりますもんね。
これでレアリティCですか( ゚д゚)(エクストラブースターのだけどね)
あ、これ以降もデメリットが軽い順に


「“虚刀流七代目当主”鑢 七花 」
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
レアリティ:C トリガー:なし 特徴:武器
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、他のあなたの「七花との出会い とがめ」がいないなら、このカードを【レスト】する。


「刀語」のカードです。
こちらのデメリット能力は、手札から登場した時で、しかも特定のカードとなっていますが、他よりは自分次第で条件を達成しやすいと思います。
他のカードを必要としているところは上と似ていますね。
上はとりあえず出したターンは確実にアタックできますね。
で、次のターンにデメリットでアタック等レストしてたらそのままと。
一方こちらは登場時にデメリットを受けてしまいますが、次のターン以降は大丈夫と。
まあどちらも他よりは条件満たしやすいとは思いますが^^;


「白河 ことり」
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
レアリティ:U トリガー:なし 特徴:音楽・魔法
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、相手は自分の手札を公開してよい。そうしたら、それらのカードにクライマックスがあるなら、このカードを【レスト】する。


「D.C.」のカードです。
これは相手次第で、デメリットを受けるかどうかが決まります。
そのデメリット能力というのは、手札から登場した時に相手が手札を見せてくれてその中にクライマックスがあったらレストしちゃうというものです。
デメリット能力なのですが、デメリットを受けた場合はそのターンアタックできなくなる代わりに相手の手札が見れてしまいます!
しかもデメリットはレストのみ(他のは控え室だったり思い出いったりするのがあるのにね)
デメリットが軽いというのもありますが、デメリットが強いって感じもしますw(これでレアリティUかよw)


「非常招集の綾波」
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
レアリティ:RR トリガー:なし 特徴:パイロット・眼帯
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から2枚を、控え室に置く。それらのカードにクライマックスがあるなら、このカードを【レスト】する。


「餃子の虜 コーデリア」
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
レアリティ:PR トリガー:なし 特徴:探偵・スポーツ
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から2枚を、控え室に置く。それらのカードにクライマックスがあるなら、このカードを【レスト】する。


「“どんなときもずっと”西木野 真姫」 ※2015/1/26追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から2枚を、控え室に置く。それらのカードにクライマックスがあるなら、このカードを【レスト】する。


上から「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」、「ミルキィホームズ」、「ラブライブ」のカードです。
デメリット能力は、手札から登場した時、自分の山札を2枚削り、その中にクライマックスがあったらレストしちゃいます。
しかし、もし失敗したとしても山札は削れてますし、クライマックスがストックに流れなかったと思えば、これも上のカードみたくデメリットが軽い部類だと思います。


「輝きの向こう側へ! 律子」 ※2014/12/02追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽・メガネ
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から2枚を、控え室に置く。それらのカードにクライマックスがあるなら、このカードをストック置場に置く。


「アイドルマスター」のカードです。
デメリット能力は、手札から登場した時、自分の山札を2枚削り、その中にクライマックスがあったらストックに飛んじゃうというもの。
上の2枚のカードと似ており、こちらはストックが増えますがキャラがいなくなってしまいます。
上2枚はレストなため、次のターン以降は普通に動けてストックをためることもできることを考えると、こちらの方がちょっと重いのかなと。
ただ、いざというときにストックに変換できる・・・かもしれないので下位互換とかそういうわけじゃないんですけどね。


「正直な気持ち 由夢」 ※2014/9/5追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがレベル0以下のキャラなら、このカードを【レスト】する。(公開したカードは元に戻す)


「いつもの朝 士郎」 ※2015/6/18追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:マスター
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがレベル0以下のキャラなら、このカードを【レスト】する。(公開したカードは元に戻す)


上から「D.C」、「Fate」のカードです。
デメリット能力は手札から登場したときにトップチェックをし、それがレベル0以下のキャラならレストするというもの。
レベル0以下のキャラということなので、だいたい普通?ぐらいの16枚ぐらいでみるとおよそ3分の1でレストしてしまうといったところでしょうか?
まあレストするだけなので次のターンには何事もなく使えます。
先行の第1ターンならほぼデメリットなしととらえてもいいかもしれません。
しかし後半のチャンプアタッカーとしても考えるなら少々扱いづらいかもしれません。


「夢への一歩 涼」
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
レアリティ:R トリガー:なし 特徴:音楽・女装
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、このカードを控え室に置く。(公開したカードは元に戻す)


「吹雪型駆逐艦4番艦 深雪」 ※2014/4/3追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:艦娘・駆逐艦
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、このカードを控え室に置く。(公開したカードは元に戻す)


「炎の熱血鬼コーチ 恭介」 ※2014/9/5追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:特徴なし
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、このカードを控え室に置く。(公開したカードは元に戻す)


「“ミイデラゴミムシ”ゴッド・リー」 ※2015/3/14追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:改造・虫
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、このカードを控え室に置く。(公開したカードは元に戻す)


「はちみつまみれ エリー」 ※2015/3/21追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:探偵・本
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、このカードを控え室に置く。(公開したカードは元に戻す)


「妹想い レスティ」 ※2016/1/17追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽・竜
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、このカードを控え室に置く。(公開したカードは元に戻す)


「迷い牛 八九寺真宵」
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
レアリティ:R トリガー:なし 特徴:怪異・霊
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、このカードを山札に戻す。その山札をシャッフルする。(そうでないなら元に戻す)


上から「アイドルマスター」、「艦隊これくしょん -艦これ-」、「リトルバスターズ!」、「テラフォーマーズ」、「ミルキィホームズ」、「シャイニング・フォース」、「物語シリーズ」のカードです。
デメリット能力は、手札から登場した時に、トップチェックをし、それがクライマックスだったらデメリットを受けます。
一番下以外は自身を控え室に、一番下のだけ自身を山札に戻します。
どちらも失敗するとレストではなく自身がいなくなってしまいますので、手札損失となり、かなり痛いです。
まあ一応失敗したとしてもトリガー確認はできますけどね。



「幼い頃の明日奈」 ※2016/2/14追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:ネット
【自】 あなたのアンコールステップの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を控え室に置く。そのカードのレベルが0以下なら、このカードを控え室に置く。(クライマックスのレベルは0として扱う)



「ソードアート・オンライン」のカードです。
デメリット能力は、自分のアンコールステップの始めに山札の上から1枚を落として、そのカードがレベル0なら自壊します。
少なくとも登場ターンはなんのデメリットもなくパワー4000でアタックできるため割と使えそうな感じはします。


「ツァーレンシュヴェスタン」
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
レアリティ:R トリガー:なし 特徴:武器・仮面
【自】 あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、このカードを【レスト】する。(公開したカードは元に戻す)


「“壊刃”サブラク」
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
レアリティ:R トリガー:なし 特徴:炎・武器
【自】 あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、このカードを【レスト】する。(公開したカードは元に戻す)


「デート気分 シリカ」
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
レアリティ:U トリガー:なし 特徴:アバター・武器
【自】 あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、このカードを【レスト】する。(公開したカードは元に戻す)


「辛辣指揮官 東雲レイ」 ※2015/1/6追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:ガール
【自】 あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、このカードを【レスト】する。(公開したカードは元に戻す)


「“不思議ちゃん”さやか」 ※2015/7/27追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・愛
【自】 あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、このカードを【レスト】する。(公開したカードは元に戻す)


「操縦席のレド」
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
レアリティ:TD トリガー:なし 特徴:パイロット・軍隊
【自】 あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、このカードを思い出にする。(公開したカードは元に戻す)


「大切な時間 葵」
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
レアリティ:U トリガー:なし 特徴:新聞・ウェイトレス
【自】 あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、あなたは他の自分の前列のキャラを1枚選び、控え室に置く。(公開したカードは元に戻す)


「冬のひととき 響」 ※2014/12/23追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:艦娘・駆逐艦
【自】 あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、あなたは他の自分の前列のキャラを1枚選び、控え室に置く。(公開したカードは元に戻す)


上から「Phantom」、「灼眼のシャナ」、「ソードアート・オンライン」、「ガールフレンド(仮)」、「魔法少女まどか☆マギカ」
「翠星のガルガンティア」、「D.C.」、「艦隊これくしょん -艦これ-」のカードになっています。

デメリット能力は、クライマックスフェイズの始めにトップチェックをし、それがクライマックスだったらデメリットを受けます。
上5枚は自身レスト、真ん中?は自身を思い出、最後の2枚は自分の他の前列のキャラ1体の除去となっています。
クライマックスフェイズの始めということなので、レストでもかなり痛いですね(確実にアタック回数減りますからね)
思い出に飛んじゃうのも、ノーコストで思い出圧縮できると考えればまだいいかもしれませんが、やはり手札損失になるため痛いですね。
他の前列のキャラ除去もかなり痛いですが、自身だけしか場にいないなら問題ありません。
また自身がレストしちゃうよりかはパワーが高い自身がアタックできると考えると多少はいいかもしれません(ただ複数並べずらいが)
それにしても「翠星のガルガンティア」のは、レアリティTDですか! すごいですね(ちなみにブースターだとレアリティC)


「水着のインデックス」
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
レアリティ:C トリガー:なし 特徴:魔法・本
【永】 このカードの正面のキャラのレベルが0以下なら、このカードは次の能力を得る。『【永】 このカードはフロントアタックできない。』


「浴衣で盆踊り 小恋」
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
レアリティ:C トリガー:なし 特徴:音楽・和服
【永】 このカードはダイレクトアタックできない。


「陸軍丙型特殊船 あきつ丸改」 ※2014/12/23追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:艦娘・揚陸艦
【永】 このカードはダイレクトアタックできない。


上は「禁書目録&超電磁砲」、真ん中は「D.C.」、下は「艦隊これくしょん -艦これ-」のカードです。
デメリット能力は、アタックに制限がある永続能力になっています。
上の方は、正面のキャラがレベル0以下だとフロントアタックができなくなります、下の方はダイレクトアタックができません。
フロントアタックができないってのは正直パワー4000の意味がほとんど・・・^^;
ダイレクトアタックができないのも厳しいですね。
レベル0ならいいんですけど、レベル1以降になるとね・・・


「代わりの人形フェイト」
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
レアリティ:R トリガー:なし 特徴:魔法・クローン
【自】 バトル中のこのカードが【リバース】した時、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。


「終焉の1クリック うーさー」
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
レアリティ:TD トリガー:なし 特徴:謎・ネット
【自】 バトル中のこのカードが【リバース】した時、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。


上は「魔法少女リリカルなのは」、下は「うーさーのその日暮らし」のカードです。
デメリット能力は、リバースしちゃうと1クロック受けてしまいます。
ダメージではないので確定で1ダメージです(クライマックスキャンセルが起こらないってこと)
レベル0帯でも、相討ちとかいますから正直デメリットはかなり痛いですよね。
まあ先上がりしやすくはなりますけど・・・


「工藤 叶」
レベル:0 コスト:0 パワー:4500 ソウル:1
レアリティ:U トリガー:なし 特徴:和服
【永】 このカードは、あなたの「学生服の工藤」がいないなら、手札からプレイできない。


「D.C.」のカードです。
0/0/4500のキャラ。
デメリット能力は、特定のカードがないとプレイできないというもの。
正直厳しいです。
レストならまだしも、出すこと自体ができないのはね^^;
まあ「不器用なすれ違い 叶」というカードを使えば少しは使いやすくはなるかな?
ちなみに「学生服の工藤」は0/1/4500のバニラです。


「鮮血と共に 皐月」 ※2014/5/25追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:4500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:服・武器
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは他の自分のキャラの中でレベルが1番高いキャラを1枚選び、控え室に置く。


「キルラキル」のカードです。
デメリット能力は、手札から登場したときに他の自分のレベルの一番高いキャラを1体犠牲にしなければならないというもの。
下の方で書いている0/0/5000と同じく、実質手札2枚分がこのカードにかかっているわけですから、除去されたらたまったものではないですね。
しかもこちらの場合、レベルが一番高いキャラを選ばなければならないため、0/0/5000よりも大きな損失になりやすいと思います。
しかしながら、『他の』とあるので手札から登場したときにこのカード1体だけの場合はデメリットを受けません!
その辺をどうとらえるかですよね。


「“氷の面”毛利 元就」
レベル:0 コスト:0 パワー:5000 ソウル:1
レアリティ:C トリガー:なし 特徴:武器・日輪
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の《武器》のキャラを1枚選び、控え室に置く。


「星のダエモニア」
レベル:0 コスト:0 パワー:5000 ソウル:1
レアリティ:C トリガー:なし 特徴:タロット・悪魔
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の《タロット》のキャラを1枚選び、控え室に置く。


上は「戦国BASARA」、下は「幻影ヲ駆ケル太陽」のカードです。
0/0/5000のキャラです。
今のところ素のスペックだとレベル0では一番パワーが高いです。
デメリット能力は、手札から登場した時に、他の自分の指定特徴持ちのキャラ1体を犠牲にしなければなりません。
パワーは高いですが、レベル0帯は他のレベル帯と比べると相討ちが入りやすいですから・・・
そう考えると厳しいですね。
除去されたら実質手札2枚分の損失ですからね。


「初音ミク“リグレット”」 ※2014/7/25追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:5000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽
【永】 他のあなたの「初音ミク“マリオネット”」がいないなら、このカードはアタックできない。
【自】 他のあなたの「初音ミク“マリオネット”」が舞台から控え室に置かれた時、このカードを控え室に置く。


「初音ミク“マリオネット”」 ※2014/7/25追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:5000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽・人形
【永】 他のあなたの「初音ミク“リグレット”」がいないなら、このカードはアタックできない。
【自】 他のあなたの「初音ミク“リグレット”」が舞台から控え室に置かれた時、このカードを控え室に置く。


2枚とも「初音ミク」のカードです。
0/0/5000と驚異的な基礎パワーを持っていますが、お互いがいないとアタックができません。
また片方が除去されるともう片方も除去されてしまいます。
ただ『舞台から控え室に置かれた時、このカードを控え室に置く』なのでストック送りやトップ送りなんかの控え室に行かない除去の場合は対象外なのでちゃんと覚えておきましょう。


「ぶりぶりざえもん」 ※2014/4/20追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:5500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:動物・ダークヒーロー
【永】 あなたのレベルが0なら、このカードはアタックできない。


「クレヨンしんちゃん」のカードです。
0/0/5500のキャラです。
まさかレベル0のキャラがここまでくるとは!?
しかしデメリットが強烈すぎます。
デメリット能力は、自分のレベルが0ならアタックできないというもの。
レベル0のキャラなのに、レベル0だと一切アタックできないのですw
これなら1/0バニラの方がいいですよね。
しいていえばレベル0なので・・・
・色制限を受けない
・「ファントムの主 クロウディア」等のトップチェックにレベル0を要求する効果
・「みんなのアイドルやよい」等のレベル0を対象にする効果
・「検体番号二〇〇〇一号 打ち止め」等のレベル0を対象にした支援

などと一緒じゃないと・・・使えないかな^^;


ということでレベル0は以上です。
ちなみに「D.C.」だけは1度、レベル0のオーバースペックに関してはまとめたんですよね
D.C.内におけるレベル0のオーバースペックたち
「D.C.」だけ多いんですよね。 4000以上のオーバースペックキャラ。
4体いますもんね(持ってないタイトルだっていっぱいあるというのに)
続いて「灼眼のシャナ」の2体。
あとは1体ずつですもんね。
ということで次はレベル1になります。
2014/03/23 23:55 オーバースペック TB(0) CM(4)
80回目は「アイドルマスター」より
「負けず嫌い伊織」についてです。



「負けず嫌い伊織」
レベル:1 コスト:1 パワー:5000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:音楽・人形
【自】[あなたのキャラを1枚控え室に置く] あなたのクライマックス置場に「フタリの記憶」が置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、このカードのパワーを+6000。
【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く] (このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードがいた枠に【レスト】して置く)


手札アンコールとクライマックスシナジーにより、コストとして自分のキャラ1体を控え室に置くことでそのターン中自身のパワーを+6000します。
しかしクライマックスがなければ、ただのパワー5000の手札アンコール持ち。
まあこれはクライマックスシナジー持ちの宿命みたいなものですけどね(他の能力が強ければ別だが)
またこのカードの場合6000パンプをするのにキャラ1体を控え室に落とさなければなりません。
しかし、コストにするキャラの状態は指定がないのでリバースしているキャラをコストに使えば実質コストなしで6000パンプができます。
11000もあればレベル1帯なら悪くないと思います(3500カウンターとか出ちゃってるから正直なんとも言えないこともないが)

ちなみに対応クライマックスは全体ソウル+2です。
「大和型戦艦2番艦 武蔵」
レベル:3 コスト:2 パワー:11000 ソウル:2
レアリティ:RR+ トリガー:あり 特徴:艦娘・戦艦
【永】 このカードはサイドアタックできない。
【自】 この能力は1ターンにつき1回まで発動する。このカードが手札から舞台に置かれたターン中、このカードの与えたダメージがキャンセルされた時、あなたは自分の山札の上から1枚を、控え室に置き、相手にXダメージを与える。Xはそのカードのレベル+1に等しい。(クライマックスのレベルは0として扱う。ダメージキャンセルは発生する)


ついに素のスペックで11000のキャラがきましたか​Σ(´⊙ω⊙`)
能力としてはcipショットとサイドアタック不可の2つの能力を持っています。
パワーもあり、詰め能力もあると・・・強いと思います。
パワーがあるので正直デメリット能力はあんまり関係ないと思います。
ショットの方は、与えるダメージが変動するタイプ。
1~4点と値は安定しませんが、レベル3前半からでも仕事をしてくれるのではないでしょうか?

ただ、ソウル2のキャラなんで、なんだかんだサイドアタック不可はきついですね~
盤面とることだけを考えるのであれば、パワーがあるので全然いいのですが、このカードが使えるのは終盤ですからね。
やはりダメージレースのことを考えると・・・
まあそこは他のキャラで行えばいいと思うんですけどね(全部サイドで調整できるってのはなかなかないと思うので)


そういえば「大和」の方も公開されてました。
まあ無難な能力でしたね。 それだけかなw
それにしても「艦これ」やばいわ~
2014/03/21 20:11 今日のカード TB(0) CM(0)
「暁型駆逐艦2番艦 響」
レベル:0 コスト:0 パワー:1000 ソウル:1
レアリティ:C トリガー:なし 特徴:艦娘・駆逐艦
【自】[(1) このカードを思い出にする] バトル中のこのカードが【リバース】した時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「“信頼”の駆逐艦 Верный」を1枚選び、このカードがいた枠に【レスト】して置く。
【永】 記憶 思い出置場にこのカードがあるなら、あなたか相手のクロックが、自分のカードの効果で控え室に置かれた時、そのプレイヤーは自分のストックの上から2枚を、控え室に置いてよい。そうしないなら、そのプレイヤーは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。


「“信頼”の駆逐艦 Верный」
レベル:1 コスト:0 パワー:5000 ソウル:1
レアリティ:R トリガー:なし 特徴:艦娘・駆逐艦
【永】 記憶 あなたの思い出置場に「暁型駆逐艦2番艦 響」があるなら、このカードのパワーを+1000。


ファ!?​Σ(´⊙ω⊙`)

もうわかったもうわかった
もうわかったわ~
完全に回復潰しにきてますね。
プロモパックのは布石でしたか^^;
このカードの場合、記憶による回復メタとリバース時に1コストと自身思い出で控え室から早出しができると。
レベル0からは難しいかもしれませんが、普通に使えると思います。
控え室から登場させるので、擬似的な1コストアンコール的な使い方ができるわけですからね。


しかし「艦これ」の公開カードを見ていると、結構詰めカードが多いので、もしかしたらこのカードを入れて回復を切った方がいいのかもしれないですね。
あ、他にもあと2枚公開されてましたが、まあそんなんでもなかったのでスルーで。
2014/03/20 23:53 今日のカード TB(0) CM(0)
5回目は「アイドルマスター」より
「ちょっぴり不思議 絵理」についてです。



「ちょっぴり不思議 絵理」
レベル:0 コスト:0 パワー:3500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽・ネット
【自】 あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、あなたは他の自分のキャラを1枚選び、控え室に置く。(公開したカードは元に戻す)


自分のクライマックスフェイズの始めに、トップチェックをし、それがクライマックスだったら他の自分のキャラ1体を犠牲にしなければならないという0/0/3500のデメリットアタッカーです。


しかしこんなカードが出てきています・・・
「大切な時間 葵」
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:新聞・ウェイトレス
【自】 あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、あなたは他の自分の前列のキャラを1枚選び、控え室に置く。(公開したカードは元に戻す)


ほぼ同じような能力なのにパワーが違うんですね~
こちらは前列のみしか対象にできません。
上の方と違い、下の方は確実にアタック回数が減ってしまいますが、前列がこのカードだけなら、たとえ後列にキャラがいたとしてもデメリットは受けなくなります。
逆に上の方は、前列に他のキャラがいたとしても、デメリット対象を後列にすれば、アタック回数は減りません。
しかし、自身1体のみの場合を除くと必ずキャラを除去しなければなりません。
そこの違いだけなんですが、パワーは500差があるんですよね。
レベル0ということを考えると、なるべく損失は避けたいわけですよ。
それを考えるとデメリットを実質受けない状態がしやすく、しかもそちらの方がパワーが高いもんですから~


まったく同じじゃないけど、結局は両方とも手札1枚分の損失をしますからね。
そうなるとやっぱり上の方は・・・ちょっと残念かなって^^;
2014/03/19 23:58 残念なカード TB(0) CM(0)
「千歳型水上機母艦1番艦 千歳」
レベル:1 コスト:0 パワー:3000 ソウル:1
レアリティ:C トリガー:なし 特徴:艦娘・水上機母艦
【自】 チェンジ [(2) このカードを控え室に置く] あなたのアンコールステップの始めに、このカードが【レスト】しているなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「千歳型軽空母1番艦 千歳航改二」を1枚選び、このカードがいた枠に置く。
【起】[このカードを【レスト】する] あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500。


「千歳型軽空母1番艦 千歳航改二」
レベル:2 コスト:1 パワー:5500 ソウル:1
レアリティ:R トリガー:あり 特徴:艦娘・軽空母
【永】 他のあなたの《艦娘》のキャラすべてに、パワーを+1000。
【自】アンコール[(2)] (このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。 そうしたら、このカードがいた枠に【レスト】して置く)



「千歳型水上機母艦2番艦 千代田」
レベル:1 コスト:1 パワー:2000 ソウル:1
レアリティ:C トリガー:なし 特徴:艦娘・水上機母艦
【自】 チェンジ [(2) このカードを控え室に置く] あなたのアンコールステップの始めに、このカードが【レスト】しているなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「千歳型軽空母2番艦 千代田航改二」を1枚選び、このカードがいた枠に置く。
【起】[このカードを【レスト】する] あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードのレベルが1以上ならストック置場に置く。(クライマックスのレベルは0として扱う。そうでないなら元に戻す)


「千歳型軽空母2番艦 千代田航改二」
レベル:2 コスト:2 パワー:2500 ソウル:2
レアリティ:R トリガー:あり 特徴:艦娘・軽空母
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+1500。
【自】 相手のキャラが、控え室から手札に戻った時、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2000。



まずは「千歳」から。
レベル1の方は、2コストと自身控え室によるアンコールステップチェンジと自身レストで自分のキャラ1体のパワーを+1500という2つの能力を持っています。
アンコールステップチェンジということなのでレストが必要になりますが、このカードのパワーは3000・・・
しかし2つ目の能力で自身をレストすることができ、またそれにより自分のキャラ1体のパワーも+1500できるとなかなか使い勝手がいいです。
チェンジ先のカードも後列用のキャラですので、安心して後列で能力を使うことができます。

レベル2の方は、他の自分の《艦娘》のパワー+1500と2コストアンコールの2つの能力を持っています。
まあ安定した後列能力なので、正直そこまで書くことはないかな~っていうw


問題は「千代田」の方・・・
レベル1の方は、上と同じチェンジ方式と自身レストによるトップチェックを行い、それがレベル1以上のカードならストックブーストという2つの能力を持っています。
こちらは1コストかかってしまうので、できるならストックブーストは成功したいかな。
そしてこちらもパワーは低いものの起動効果でレストできますし、チェンジ先のカードも、これまた後列用のキャラなので安心してチェンジができます。
ちなみにストックブーストは効果が成功したら強制なのでそこだけ注意ですかね。

レベル2の方は、1500応援と回収メタという2つの能力を持っています・・・
( ゚д゚)えぇーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「夕張」さん、持ってませんでしたっけ? やだ~><
いったいどうなっているんだ!?
なぜ1つのタイトルに回収メタが2種類もいるのだ!?
しかも前列用と後列用だと!?
これはあれか? プロモパックの回復潰しにきているのと同じように、フルゲートも潰しにきているということでいいのですかな?
まあとにかくこちらは爆発力がすごいです。
後列用のキャラなんですけど、早出しすることで盤面取れそうですよね^^;


まさか回収メタが再び出てくるなんて思ってなかったから書かざるを得なかったw
2014/03/18 23:56 今日のカード TB(0) CM(0)
79回目は「Fate」より
「守護者セイバー」についてです。



「守護者セイバー」
レベル:1 コスト:0 パワー:6000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:サーヴァント・武器
【自】[(2)] あなたのクライマックス置場に「決戦! デッドブリッジ」が置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、このカードは次の能力を得る。『【永】 このカードがアタックする時、あなたはかわりに相手の後列のキャラを1枚選び、このカードはそのキャラを防御キャラとしてフロントアタックしてよい。』
【自】 このカードとバトル中のキャラが【リバース】した時、あなたはそのキャラをストック置場に置く。


1/0/6000というオーバースペックキャラでありながら能力を2つも持っています!
1つ目は、クライマックスシナジーにより、2コスト払うことにより、そのターン中だけですが相手の後列キャラとバトルすることができます。
2つ目は、相手のキャラをリバースさせたら、そのキャラをストックに飛ばすというものです。

1/0/6000とすでにバニラよりもパワーが高くありながら、2つも能力を持っているなんて、正直ずるいですよ。
でもって、両方とも便利な能力であると・・・
0コストキャラでこれは強いですって^^;

そんなこのキャラのどこにクセがあるかというと・・・
2つ目の能力である、リバースさせたキャラのストック飛ばし。
これ強制なんですよね。
まあストック飛ばしですので、倒したキャラのアンコールを阻止できるため、割と安全にキャラを除去することができるのですが・・・
これに頼りすぎると、この強制ストック飛ばしを相手に利用されてしまいます。
所謂チャンプアタックすることで能動的にキャラをストックに変換してくるわけです。
それにより、相手の後半の展開を助長させてしまうばかりか、ストックに飛ぶのが確定でキャラなため、相手の圧縮率にも貢献させてしまいます。


こういった意味でクセは強いと思いますが、やっぱり0コストキャラでこのスペックは強いと思いますよ。
クライマックスシナジーによる後列潰しも、対応クライマックスが2000/1タイプのものですから成功しやすいですし、ストック飛ばしのおかげで除去は確実といってもいいと思います。
また2000/1のクライマックスもシナジーを狙わずとも使いやすい部類のクライマックスですしね。
23回目は「ペルソナ」より
「荒垣 真次郎」についてです。



「荒垣 真次郎」
レベル:0 コスト:0 パワー:1500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・武器
【自】 このカードがプレイされて舞台に置かれた時、あなたは相手の控え室のイベントを1枚選び、思い出にしてよい。
【自】 このカードが【リバース】した時、このカードとバトルしているキャラのレベルが0以下なら、あなたはそのキャラを【リバース】してよい。


レベル0相討ちと、このカードがプレイされて舞台に置かれた時に、相手の控え室にあるイベントを1枚思い出に飛ばすことができます。
レベル0相討ちは言わずもがなの使いやすさですね。
しかしこのカードのすごいところは、プレイされたときに相手の控え室にあるイベントを思い出に飛ばせること。
上手くいけば、まだ未使用のイベントを使わせる前に思い出に飛ばして使えなくさせることができるということです。
イベントというと、便利な回収イベントや、オーバースペックなカウンターイベント、それから回復イベントというのが主に使用されると思います。
全部は無理にしろ、どれかしらの種類のイベントを使用しているタイトルは結構あると思います。
ということは結構これいけるんじゃないですかね?(普通にレベル0相討ちも持ってますし)

ただ中には思い出にあることで効果を発揮したり、他のカードの効果を発揮したりするイベントもあるので、そこには注意を(「アイドルマスター」とか)


※実は領域考察 Part8という思い出置場について書いたときに、おまけ的な感じで書いていたみたいです。
 しかもそっちの方が良い感じになっている気がするというw
78回目は「ペルソナ」より
「天田 乾」についてです。



「天田 乾」
レベル:0 コスト:0 パワー:1500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・武器
【自】 このカードがプレイされて舞台に置かれた時、あなたはレベル1以上の自分のキャラを1枚選び、そのターン中、ソウルを+1。


このカードがプレイされて舞台に置かれた時に、自分のレベル1以上のキャラ1体にソウルパンプができます。
このカードを普通に舞台に出して使うだけで、レベル1以上のキャラ限定とはいえノーコストでソウルパンプは強いと思います。
へたなパワーパンプよりいいと思いますけどね。
終盤のソウル調整に役に立ちますから(それがノーコストでできちゃうんだもんな~)
ただ、『手札から舞台に置かれた時』ではないため、キャラの効果で手札から登場した場合は効果が発動しません。
また効果は強制なためこのカードを出したときにレベル1以上のキャラがいた場合、必ずソウルパンプしなければならないところにも注意が必要かもしれません。


まあそれでもノーコストでのソウルパンプは強いと思いますけどね。
実際にはダメージキャンセルというものがどうしても付きまといますが、それを考えるのを省くと、単純に1ダメージ多く相手に与えらえるわけですからね。
77回目は「Phantom」より
「告悔」についてです。



「告悔」
レベル:3 コスト:3
あなたは自分の控え室のカードを2枚まで選び、山札に戻す。その山札をシャッフルする。このカードを思い出にする。


3コスト払って控え室のカードを2枚山札に戻せます。
カードの指定はないので、クライマックスも戻すことができます!
しかし、使えるのはレベル3から。
しかもイベントなためこのカードを持ってくるのも大変。
コストも3コストと重い上、仮にクライマックスを2枚戻したからといって、必ずしもキャンセルに貢献するかというと・・・もちろんそうではありません・・・

まあクライマックスを2枚山札に戻せると考えると確かにすごいっちゃすごいんですけどね。
使える時期とかコストとかがね^^; まあ気軽に使えたらそれはそれで大変なことになりますけどw
正直1~2回ぐらいしか使ってませんが、やはり「“八神家”ヴィータ」は少し扱うのがきついですね(コスト的に)
なので抜いて「初めての共闘 ヴィータ」の方だけを活かす方向に変えました。


「ヴィータデッキ」
使用タイトル:魔法少女リリカルなのは


レベル0 19枚
・赤
 戦闘教官ヴィータ×4


・青
 お寝坊さん シャマル×2
 春に生まれし風 リインフォースⅡ×4

 レティ・ロウラン×3
 サポート役 シャマル×2


・黄
 シュランゲフォルム シグナム×2
 久しぶりの再会 フェイト×2



レベル1 12枚
・赤
 屋上の邂逅 ヴィータ×4
 紅の鉄騎 ヴィータ×2
 ヴィータ&ザフィーラ×4
 はやてからの贈り物×2(イベント)



レベル2 9枚
・赤
 伝えたい真実 なのは×1
 初めての共闘 ヴィータ×3
 管理局員 ヴィータ×2


・青
 別れの時間 リインフォース×3



レベル3 2枚
・赤
 怒りの眼差し ヴィータ×2



クライマックス 8枚
・赤
 エクセリオンバスターA.C.S×4
 ぶち抜けー!×4


赤:32 青:14 黄:4 


・「入れたカード」 14枚
「お寝坊さん シャマル」×1
「久しぶりの再会 フェイト」×1
「シュランゲフォルム シグナム」×2
「レティ・ロウラン」×3
「サポート役 シャマル」×2
「紅の鉄騎 ヴィータ」×1
「伝えたい真実 なのは」×1
「別れの時間 リインフォース」×3

・「抜いたカード」 14枚
「“ヴォルケンリッター”ヴィータ」×4
「友達のために フェイト」×4
「“八神家”ヴィータ」×3
「無類の甘党 リンディ」×3

改良前はこちら→デッキ紹介14 ヴィータデッキ(パワービート)


・「お寝坊さん シャマル」と「久しぶりの再会 フェイト」を増やした理由
「お寝坊さん シャマル」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法
【自】[(1) 手札を1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を見て《魔法》かカード名に「はやて」を含むキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。その山札をシャッフルする。


「久しぶりの再会 フェイト」
レベル:0 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・クローン
【起】 集中 [(1)] あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、そのターン中、このカードのパワーを+1000し、ソウルを+1。


他のデッキ同様にこのデッキも2枚にしました。
数を揃えられたんでね。


・「レティ・ロウラン」を入れた理由
「レティ・ロウラン」
レベル:0 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・メガネ
【自】 このカードがアタックした時、あなたは他の自分の《魔法》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。


効果目的だけなら「久しぶりの再会 なのは」の方がいいのですが、青発生が必要になったのでこちらを入れることにしました。


・「サポート役 シャマル」を入れた理由
「サポート役 シャマル」
レベル:0 コスト:0 パワー:500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法
【永】 相手のターン中、他のあなたの、《魔法》か《本》のキャラすべてに、パワーを+500。
【起】[(1)] あなたは自分の、《魔法》か《本》のキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。『【永】 このカードのバトル中、相手はイベントと『助太刀』を手札からプレイできない。』


「怒りの眼差し ヴィータ」の効果を安定させるために入れてみました。


・「紅の鉄騎 ヴィータ」を増やした理由
「紅の鉄騎 ヴィータ」
レベル:1 コスト:0 パワー:4500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・人形
【自】 このカードがアタックした時、クライマックス置場に「轟天爆砕」があるなら、そのターン中、このカードは次の能力を得る。『【自】 このカードが【リバース】した時、このカードのバトル相手のレベルがこのカードのレベル以下なら、あなたはそのキャラを【リバース】してよい。』
【自】[(1)] このカードがフロントアタックした時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは相手のキャラを1枚選び、そのターン中、レベルを-1。


主に「怒りの眼差し ヴィータ」の効果で相手の早出しされたレベル3を倒すためにとりあえず増やしてみました。


・「伝えたい真実 なのは」を入れた理由
「伝えたい真実 なのは」
レベル:2 コスト:1 パワー:5000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:魔法・武器
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+X。Xはそのキャラのレベル×500に等しい。
【起】[このカードを【レスト】する] あなたは自分の《魔法》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+500。


基本的に後列は「初めての共闘 ヴィータ」ですが、「怒りの眼差し ヴィータ」がレベル3キャラで早出しができることを考えると、常時影響があるレベル応援も入れておきたいなと思い入れてみました。


・「別れの時間 リインフォース」を入れた理由
「別れの時間 リインフォース」
レベル:2 コスト:1 パワー:10000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:魔法・本
【自】 あなたのドローフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置いてよい。そうしないなら、このカードを思い出にする。


レベル2帯でのサブアタッカーとして入れてみました。
「怒りの眼差し ヴィータ」の早出しが出来なかったとしても、パワー10000もありますので十分働いてくれるでしょう。
効果の仕様上「初めての共闘 ヴィータ」と相性がいいですし。


抜いたカードについては
「“八神家”ヴィータ」は、コストが重いので、また別の機会にしようかなと^^;
「友達のために フェイト」は、まあ思い出をためる必要がなくなったので抜きました。
「“ヴォルケンリッター”ヴィータ」は、フルゲート+「はやてからの贈り物」で十分かなと思ったのでとりあえず抜いてみました。
「無類の甘党 リンディ」は、それほどコストをためる必要性がなくなったので抜きました。


明日からちょっと旅行なので、日付変わったし早めに書いときました。
2014/03/13 02:12 旧デッキ紹介 TB(0) CM(0)
76回目は「ペルソナ」より
「学童保育の母 南絵里」についてです。



「学童保育の母 南絵里」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:愛
【自】 このカードがアタックした時、他のあなたのキャラが1枚以下なら、あなたは自分の山札の上から1枚を、控え室に置いてよい。そのカードがレベル0以下のキャラなら、そのキャラを後列の好きな枠に置く。


このカードがアタックした時、他の自分のキャラが1体以下なら、自分の山札の上から1枚を控え室に置き、そのカードがレベル0以下のキャラだったら後列に直接出すことができます。
ちなみに効果は任意なのでやらなくてもいいです。

条件付きで不確定ですが、効果が発動すれば、ノーコストでキャラを増やすことができ、しかも山札からなので若干の圧縮ができちゃいます。
失敗したとしてもクライマックス以外なら圧縮にはなります。
タイトル内には『手札から舞台に置かれた時』のデメリット付き0/0/3500の「最初の仲間 陽介」「「史上最凶のエレベーターガール」エリザベス」、0/1/4500の「宮本 一志」がいますので、それらを使う際に、これも一緒に使えば面白いかもしれません。
ただし、後列に置くため、出したカードでアタックするためには1ターン待たなければなりませんが^^;

しかし、特徴が《愛》なため、なかなかデッキに合わないだろうと思います。
それにやはり効果が不確定ってのもありますしね^^;
「祥鳳型軽空母2番艦 瑞鳳」
レベル:2 コスト:1 パワー:2500 ソウル:1
レアリティ:R トリガー:あり 特徴:艦娘・軽空母
【自】[(2) あなたの山札の上から1枚をクロック置場に置く] あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは相手の、レベルが相手のレベルより高いキャラを1枚選び、山札の下に置く。
【起】【カウンター】 助太刀2500 レベル2 [(1) 手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2500)


レベル2にして2500助太刀なのですが、助太刀使用時に2コストと1クロックを追加で払うことにより、相手のレベルより高いレベルのキャラをデッキボトムに飛ばせます。
つまり「ひどすぎる完二ちゃん」「帰ってきた笑顔 美夏」と同じく早出しメタですね。

コスト的には「帰ってきた笑顔 美夏」の方に似ているのかな?
こちらは自分のキャラ1体の犠牲ではなく、1クロックとレベル2からは辛いコスト要求ですが、なんと控え室ではなくデッキボトム送りにできます!
確かに1クロックは痛いですけど、デッキボトムは強いでしょ!
なぜならほとんどの早出しが控え室もしくは手札からですからね(一部クロック、レベル1とかだとストックからもあったかな)
つまり再び早出しされることなんてほぼないわけです!
まあ一部山札から早出しできるキャラがいるんですけどね。
「夜天の王 はやて」からの「マスター はやて」とか、チェンジで出てきた「アルティメットまどか」からの「“戦い続ける”ほむら」とかですね(「まどか☆マギカ」の方は特殊すぎたかなw)
実は他にもいますがタイミング的に違うんですよね~(「魔法少女カレイドルビー」「サイトへの想い アンリエッタ」「水谷 絵里」からの「受け継いだ夢 絵里」「水着のシャナ」からの「誇り高き者 シャナ」とか)

まあなんにしても、山札からの早出しは実用的ではないんですよね。
ということはデッキボトム送りは脅威と・・・


それにしても回収メタあり、早出しメタありと来ましたか・・・
さらに普通にパワーが高いカードも出てきていると・・・
恐ろしいことになりそうだぜ(((( ;゚Д゚)))

あ、例によって今回も複数公開されましたが、このカードがすごすぎて(個人的に)他はそんなんでもなかったかなと思いました。
2014/03/11 16:43 今日のカード TB(0) CM(0)
あまり使ってないけど少々カード入れ替えを。


「夜天はやてデッキ」
使用タイトル:魔法少女リリカルなのは


レベル0 19枚
・赤
 久しぶりの再会 なのは×2


・青
 病室のはやて×4
 “八神家”の主 はやて×2
 探しもの はやて×1
 世界で一番幸福な魔導書 リインフォース×3
 リインフォースⅡ×2
 風の癒し手シャマル×3

 お寝坊さん シャマル×2


レベル1 11枚
・赤
 結界魔導師ユーノ×1
 ママ、いい子×2(イベント)


・青
 “八神家”はやて×4
 カリム・グラシア×2
 悪い子にはお仕置き はやて×2



レベル2 8枚
・赤
 管理局員 ヴィータ×2


・青
 “最後の夜天の主”はやて×4
 守護騎士シャマル&守護獣ザフィーラ×2



レベル3 4枚
・赤
 魔法訓練×4(イベント) 



クライマックス 8枚
・赤
 エクセリオンバスター×3
 エクセリオンバスターA.C.S×1


・青
 フレースヴェルグ×4


赤:15 青:35


・「入れたカード」 7枚
「病室のはやて」×4
「お寝坊さん シャマル」×2
「“八神家”はやて」×1

・「抜いたカード」 7枚
「久しぶりの再会 なのは」×1
「八神 はやて」×4
「別れた時間 リインフォース」×2

改良前はこちら→デッキ紹介10 夜天はやてデッキ


・「八神 はやて」を「病室のはやて」に入れ替えた理由
「病室のはやて」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:本・
【自】[このカードを控え室に置く] このカードがフロントアタックされた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の手札の「“八神家”はやて」を1枚選び、このカードがいた枠に防御キャラとして置く。


バニラ入れるぐらいだったら早出しも可能なこちらの方が、相手が警戒してくれてレベル0帯における生存率が高そうなので入れ替えました。
まあカードが余ったからというのもあるがw


・「お寝坊さん シャマル」を入れた理由
「お寝坊さん シャマル」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法
【自】[(1) 手札を1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を見て《魔法》かカード名に「はやて」を含むキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。その山札をシャッフルする。


これは最初から入れたかったが、他のメインで使う方に取られて入れられてなかっただけです。
新たに数を揃えたので入れることができました。


・「“八神家”はやて」を増やした理由
「“八神家”はやて」
レベル:1 コスト:0 パワー:5500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:本


「病室のはやて」を入れたため、数を増やしました。


抜いたカードについては
「久しぶりの再会 なのは」は、まあ2枚で十分かなと思ったため。
「別れの時間 リインフォース」は、まあ夜天セットが揃わなかったらまあその時かなでいいかなと思ったためです。
まあ一昔前のデッキですから、そこまでガチにしなくてもいいかなと思っちゃってますw
2014/03/10 23:05 旧デッキ紹介 TB(0) CM(0)
今日の試合内容はひどかった。
まあ得るものは得られたと思いますけど、とにかく内容はひどかった。

戦績 1勝1敗
使用デッキ「ミルキィホームズ 魔女っ娘シャロ型」


・1回戦目 不戦勝

・2回戦目 VSドックデイズ 勝ち
序盤、レベル0から正直ひどかったが、レベル1帯はコストを使うことがないのでまあなんとか。
「DOG DAYS」が相手だったが、「正々堂々 レオ」が出てこなかったため、レベル1帯は結構楽に戦えました。
問題はレベル2から。
「ミルキィホームズ」はレベル2帯が弱い。
それに対して「DOG DAYS」はチェンジにより「クーベル・エッシェンバッハ・パスティヤージュ」が出てきます。
それが辛い。
一応「元気が取り柄 シャロ」とチェンジ元を試しに入れてみましたが・・・
僕にドローフェイズチェンジは無理でした;;
なので盤面ボロボロです。
しかし後半はすごかった・・・
数えてないけど7,8,9連ぐらいキャンセルしてたかな?
まあストック12~15枚ぐらいあってクライマックス埋まってませんでしたし(2回ぐらい流れたけどちゃんと落とした)、集中持ってたので山札のクライマックスが少なくなったら、即削ってリフレッシュしてましたから^^;
まあ圧縮クソゲーでした。

・3回線目 VSラブライブ 負け
この戦いもひどかった。
こっちはレベル1帯から盤面とれず、クライマックス使ってサイドアタックやらフロントアタックやら・・・
この戦いでは、前の戦いみたいにストックがすごいことにはならなかったですし、終盤に至ってはクライマックス引きまくりで、無理でしたね。


ということで「ミルキィホームズ」どうしようかw
やっぱ強い人のレシピから自分の使いやすいように改良してったほうがいいか~ガチデッキに関しては。


ちなみに大会以外にフリーでも「ミルキィホームズ」のデッキ使ってみました。
一昔前の「ハロウィンナイト型」なんですけどね。
あれいいねw
なんか使いやすかった気がするw
あとは「新聞デッキ」も使ってみました。
後列が多いな~っと思ってたら、いつの間にか後列がほとんどいないデッキになっていたのは内緒(なんで気づかなかったのだろうw)
よかったけど、「一緒が幸せ シャルル」どうなんでしょうかね?
バーンコストが結構重い。
低コストで攻めていくデッキだけど、あれは重いな~
既に他のところでわかっていることかもしれないけど・・・
「一緒が幸せ シャルル」を入れてバーンするより、フルゲートにして「木琴占い」入れたほうがいい気がした。
こういうのってやっぱり、見たり聞いたりするよりも、実際に使わないと実感しないものだね(当たり前な感じがするけど)


という感じで大会内容はひどかったですが、今後のデッキ改良に活かせる実りあるものになったな~と思いました。
3回目は
「禁書目録&超電磁砲」より「浴衣の初春」と
「魔界戦記ディスガイア」より「“イワシのチカラ”ヴァルバトーゼ 」についてです。



「浴衣の初春」
レベル:0 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:超能力・風紀委員
【永】 他のあなたのキャラが1枚以下なら、このカードのレベルを+1し、パワーを+1000。


「“イワシのチカラ”ヴァルバトーゼ」
レベル:0 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:悪魔・血
【永】 他のあなたのキャラが1枚以下なら、このカードのパワーを+1000し、このカードは次の能力を得る。『【永】 このカードは相手のキャラの【自】の効果によって【リバース】されない。』


どちらも条件を満たすとパワーパンプと相討ちに対して耐性を持ちます。


タイトル内だと同条件だといないんですよね~
条件違いなら、あるタイトルにはあるのですが・・・
まあ別タイトルでもいいかなって
ちなみにこの2枚は代表であげました。 他にも同能力のカードは結構あります。

一見全然違うように見えますが、相討ち対策ということなら実は似ているんですね~
ですが、まあ相討ち以外も考慮するならまったく違ってくると。
それぞれを比較してみると
「浴衣の初春」
・レベル相討ちだけでなく、擬似相討ちにも対応できる
・相討ちだけでなく、直接除去にも対応できる

「“イワシのチカラ”ヴァルバトーゼ」
・レベル相討ちだけでなく、コスト相討ちにも対応できる


こんな感じだと思います。
これ系統の能力は徐々に出てきているので、もし両方タイトル内にあるのでしたら、こういう感じで選べるんですけどね。
個人的には、コスト相討ちは「ゼロの使い魔」と「CLANNAD」にしかありませんので、レベルが上がる効果の方が汎用的で使いやすいかなと思います。
「ビビッときた二人 あかね&わかば」
レベル:0 コスト:0 パワー:500 ソウル:1
レアリティ:PR トリガー:なし 特徴:鍵・スポーツ
【永】 記憶 思い出置場にこのカードがあるなら、あなたか相手のクロックが、自分のカードの効果で控え室に置かれた時、そのプレイヤーは自分のストックの上から2枚を、控え室に置いてよい。そうしないなら、そのプレイヤーは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。
【自】[(1) このカードを思い出にする] バトル中のこのカードが【リバース】した時、他のあなたの《鍵》のキャラが2枚以上なら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは2枚まで引き、自分の手札を2枚選び、控え室に置く。


記憶により回復メタ能力と、自身リバース時に、他の自分の《鍵》のキャラが2体以上いたら、1コスト+自身思い出で、2ドロー2ディスができます。

って、待て~イ また回復メタかい!!
今度は「ビビッドレッド・オペレーション」か~
「翠星のガルガンティア」より使ってる人多そうだから、これは影響出そうだな。
2ドロー2ディスについてはどうなんでしょうかね?
手札処理に関しては「体育の時間 ひまわり」「朝の特訓 あおい」や絆持ちが大抵のデッキには入ってると思いますし、山札削りに関しては、「勝気な少女 わかば」「ひまわりのカメラ」なんかがありますからね。

回復メタはどうでしょうかね?
一応回復持ちは「翠星のガルガンティア」よりは多い2種類。
うち1種類は5点バーンというワンチャン持ち。
う~ん、どうなんでしょうかね?
正直使ってないタイトルはよくわからないですね^^;


とりあえず、今度のプロモーションパックで回復メタが2種類も入っていると・・・
潰しにきてるってことなんですよね。 たぶん。
2014/03/07 18:58 今日のカード TB(0) CM(5)
再び改良。
しかしどうすればいいのかよくわからないw


「はやてデッキ 一心同体軸」
使用タイトル:魔法少女リリカルなのは


レベル0 19枚
・赤
 もぐもぐヴィータ×4
 突然の襲撃 なのは×2

 久しぶりの再会 なのは×2


・青
 お寝坊さん シャマル×2
 まどろみの時 リインフォース×3
 春に生まれし風 リインフォースⅡ×4


・黄
 久しぶりの再会 フェイト×2



レベル1 9枚
・赤
 カートリッジシステム なのは×3
 屋上の邂逅 ヴィータ×4
 ヴィータ&ザフィーラ×2



レベル2 7枚
・赤
 管理局員 ヴィータ×2


・青
 守護騎士シャマル&守護獣ザフィーラ×2
 ユニゾンイン! はやて×3



レベル3 7枚
・赤
 怒りの眼差し ヴィータ×2


・青
 一心同体 はやて&リインフォース×2
 マスターはやて×3



クライマックス 8枚
・赤
 ぶち抜けー!×4

 エクセリオンバスターA.C.S×4

赤:29 青:19 黄:2


・「入れたカード」 18枚
「もぐもぐヴィータ」×4
「突然の襲撃 なのは」×2
「お寝坊さん シャマル」×1
「久しぶりの再会 フェイト」×1
「カートリッジシステム なのは」×1
「屋上の邂逅 ヴィータ」×1
「ヴィータ&ザフィーラ」×2
「怒りの眼差し ヴィータ」×2
「エクセリオンバスターA.C.S」×4

・「抜いたカード」 18枚
「病室のはやて」×4
「世界で一番幸福な魔導書 リインフォース」×2
「誰も傷つけないように」×2
「“八神家”はやて」×3
「“運命の守護者”アミティエ」×2
「一心同体 はやて&リインフォース」×1
「石化の槍 ミストルティン」×4

改良前はこちら→はやてデッキ ver3


・「もぐもぐヴィータ」を入れた理由
「もぐもぐヴィータ」
レベル:0 コスト:0 パワー:3500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・人形
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードが《魔法》のキャラでないならクロック置場に置く。(そうでないなら元に戻す)


レベル0帯のパワーが欲しかったため。


・「突然の襲撃 なのは」を入れた理由
「突然の襲撃 なのは」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・武器
【自】[(1) 手札を1枚控え室に置き、このカードを思い出にする] バトル中のこのカードが【リバース】した時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の《魔法》のキャラを1枚選び、手札に戻す。


ストックを使うこのデッキで低コストで必要なカードを握れるのがいい。
また手札処理も可能と細かい動きが出来るため。


・「お寝坊さん シャマル」を増やした理由
「お寝坊さん シャマル」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法
【自】[(1) 手札を1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を見て《魔法》かカード名に「はやて」を含むキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。その山札をシャッフルする。


山札確認ができるサーチは重要ということで増やしました。
また手札処理が出来るという点も理由の1つ。


・「久しぶりの再会 フェイト」を増やした理由
「久しぶりの再会 フェイト」
レベル:0 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・クローン
【起】 集中 [(1)] あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、そのターン中、このカードのパワーを+1000し、ソウルを+1。


デッキ削りのために入れている集中だが、いざという時に、ストックやクロックに流れていて、回収が出来なかったりすると困るので増やしました(実際にそういうことあったし)


・「カートリッジシステム なのは」と「屋上の邂逅 ヴィータ」を増やした理由
「カートリッジシステム なのは」
レベル:1 コスト:0 パワー:4500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・武器
【永】 他のあなたの《魔法》のキャラが3枚以上なら、このカードのパワーを+1000。
【自】 加速 [あなたの山札の上から1枚をクロック置場に置く] あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、このカードのレベルを+1し、パワーを+3000。


「屋上の邂逅 ヴィータ」
レベル:1 コスト:0 パワー:5000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・人形
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時か「闇の書覚醒」の効果で舞台に置かれた時、そのターン中、このカードのパワーを+X。Xはあなたの《魔法》のキャラの枚数×500に等しい。


「フェイトデッキ」や「クロノデッキ」以外のデッキだと、レベル1帯もそれほど強くないため、瞬間的にでもパワーが出て、最低限割に行けるカードを集めることにしました。


・「ヴィータ&ザフィーラ」を入れた理由
「ヴィータ&ザフィーラ」
レベル:1 コスト:0 パワー:3000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・使い魔
【永】 他のあなたの《魔法》のキャラが3枚以上なら、このカードのパワーを+1000。
【自】 このカードが【リバース】した時、このカードのバトル相手のレベルが1以下なら、あなたはそのキャラを【リバース】してよい。


上の2枚で対処が難しい1/1キャラなんかに対しては相討ちしかないのかなと。
ということで2枚ほど入れてみました。


・「怒りの眼差し ヴィータ」を入れた理由
「怒りの眼差し ヴィータ」
レベル:3 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:魔法・人形
【永】 あなたの控え室のクライマックスが6枚以上なら、あなたの手札のこのカードのレベルを-1。
【永】 このカードは相手のキャラの【自】の効果によって【リバース】されない。
【自】[(1)] あなたのターン中、このカードのバトル相手が【リバース】した時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは相手の前列のレベル2以下のキャラを1枚選び、山札の上に置く。


個人的に3色はあまり好まないので、なんとか2色でいきたいなと思い、試しに入れてみました。
「一心同体 はやて&リインフォース」は早出ししたとしても、能力的に攻めにいきにくいので、このカードを入れることにより、攻めにもいけれるようにしたかったので入れてみました。


抜いたカードについては
まず、クライマックスはシナジーよりフルゲートにしたかったので入れ替えました。
それによりイベントは無くてもいいかなと思い抜きました。
レベル1帯は割に行けるカードを優先したため「“八神家”はやて」「“運命の守護者”アミティエ」は抜きました。
それに伴って「病室のはやて」「世界で一番幸福な魔導書 リインフォース」も当然抜けることに。
あと「一心同体 はやて&リインフォース」については、2面早出しするわけではないので、まあ2枚ぐらいでもいいかなという感じです。

一応今はこんな感じですが、あとは「マスター はやて」「“揺るぎ無い意志”なのは」に変えればいいのかな?
それとも「守るべきもの シグナム」のために黄色を入れることにしたほうがいいのか・・・
2014/03/06 16:34 旧デッキ紹介 TB(0) CM(0)
あまりデッキ持ってないな~と思いつつもまだ書いていないのがあるのでぼちぼち書こうかなと。
だがしかし、ネタデッキである。


「主への想い」使いたいだけ
使用タイトル:魔法少女リリカルなのは


レベル0 18枚
・赤
 “ヴォルケンリッター”ヴィータ×3


・青
 “八神家”シャマル×4
 レティ・ロウラン×3
 世界で一番幸福な魔導書 リインフォース×3


・黄
 剣の騎士 シグナム×4


・緑
 無限書庫司書長ユーノ×1



レベル1 11枚
・青
 “八神家”はやて×3


・黄
 “強敵”シグナム×4
 主への想い×4(イベント)



レベル2 13枚
・赤
 古代史学者 ユーノ×2


・黄
 “八神家”シグナム×4


・緑
 仲良し四人組×4
 無類の甘党 リンディ×3



クライマックス 8枚
・青
 スタンバイ・レディ×4


・緑
 早く良くなってね♡×4


赤:5 青:17 黄:16 緑:12


コンセプト

「主への想い」を使い、邪魔されない永続的なパンプを受けられる「“強敵”シグナム」「“八神家”シグナム」にがんばってもらうデッキです。


キーカード

「主への想い」
レベル:1 コスト:3
このカードを思い出にする。
記憶 思い出置場にこのカードがあるなら、あなたの「“強敵”シグナム」と「“八神家”シグナム」すべてに、パワーを+1000。


コストが重い!
でも永続的な1000パンプは個人的には魅力的!
だからデッキ作りましたw
「シグナム」だったらな~
今出ていたら、コストが2になっていたか、対象が「シグナム」になっていたんだろうな~


「“強敵”シグナム」
レベル:1 コスト:0 パワー:5000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・武器
【自】[あなたの山札の上から1枚をクロック置場に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、このカードのパワーを+3500。


「主への想い」のパンプを受けられるカードその1。
1枚で1/0/6000、2枚で1/0/7000・・・となっていきますが、頑張っても1枚が限界かな^^;
また「主への想い」に頼らずとも登場時に1クロックで8500まで伸びます。


「“八神家”シグナム」
レベル:2 コスト:2 パワー:9000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:魔法・武器


「主への想い」のパンプを受けられるカードその2。
このデッキのエースだがバニラw
3枚以上使えたらな~って思っている。


「無類の甘党 リンディ」
レベル:2 コスト:1 パワー:6000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:魔法・お茶
【自】 アラーム このカードがクロックの1番上にあり、あなたの、《魔法》か《お茶》のキャラが4枚以上なら、あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を、ストック置場に置いてよい。


アラームにより序盤からストックブーストしていけるカード。
なるべく3アタック+このカード+「スタンバイ・レディ」を使ってコストをためていかないと・・・


動かし方

・レベル0帯
出してアタックするだけ。
なるべく3アタックしてドンドンコストをためていきたいところ。
「“強敵”シグナム」の効果を考えると自分は後上がりの方がいいのかなと。

・レベル1帯
「主への想い」を迷わず使っていきましょう。
パワーが高いキャラは「“強敵”シグナム」で対処。
それ以外は「剣の騎士 シグナム」「“八神家”はやて」で。
「“八神家”はやて」は絆により低コストで回収できるので、コストを抑えつつ「剣の騎士 シグナム」のパンプもちゃんと受けられるので割といいと思ってます。

・レベル2帯~
あとは「“八神家”シグナム」に頑張ってもらいましょうw
後列は「剣の騎士 シグナム」のままでもいいですが、余裕があれば「仲良し四人組」に変えてもいいでしょう。
クライマックスシナジーでストックブーストできますし。


ネタデッキなんで、まだ2回ぐらいしか使ったことないんですよねw
まあ正直厳しいw(勝ったことないし)
久しぶりのデッキ紹介ながら、まさかのネタデッキでした。
2014/03/05 20:26 旧デッキ紹介 TB(0) CM(0)
DVC00072.jpg

「艦これ」のトライアルデッキ買いました。
トライアルはあんまり買わない派なんですが、今回は先行で付くカードがブースターではRということもあり(カードプール広いですしね)、それに結構強いということなので4つ買っちゃいました。
ちなみに今回は駿河屋さんで買いました。
ちょうど送料と代引きが無料でしたので。
久々に通販で買いましたね~


DVC00073.jpg

まあ結果はこんなもんですわ。
銀券1枚だけか(・_・)
「最上型重巡3番艦 鈴谷」
レベル:1 コスト:0 パワー:3500 ソウル:1
レアリティ:RR トリガー:なし 特徴:艦娘・重巡洋艦
【自】[(2)] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を見て《艦娘》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。
【自】[このカードを控え室に置く] あなたのクライマックス置場に「鈴谷にお任せー!」が置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の手札の「最上型航空巡洋艦3番艦 鈴谷改」を1枚まで選び、このカードがいた枠に置く。


「最上型航空巡洋艦3番艦 鈴谷改」
レベル:2 コスト:1 パワー:7500 ソウル:1
レアリティ:R トリガー:あり 特徴:艦娘・航空巡洋艦
【永】 他のあなたの《艦娘》のキャラ1枚につき、このカードのパワーを+500。


「鈴谷にお任せー!」
レアリティ:CR トリガー:門
【永】 あなたのキャラすべてに、パワーを+1000し、ソウルを+1。
(門@:このカードがトリガーした時、あなたは自分の控え室のクライマックスを1枚選び、手札に戻してよい)


いや~すごいっすねw
え~っと、「最上型重巡3番艦 鈴谷」は登場時2コストで《艦娘》サーチ+クライマックスシナジーにより手札からの早出しと。
そして早出し先の「最上型航空巡洋艦3番艦 鈴谷改」は他の自分の《艦娘》のキャラ1体につきパワー+500と。
強い・・・

「Rewrite」が制限を受ける前はレベル1帯は「“一緒に歩く道”ちはや」の9500ってのが1つのラインだったと思います。
で、今は制限を受けたため多少「Rewrite」が減衰し、レベル1帯のパワーラインが落ちているのかな?(というふうな話を聞いたような・・・でも「とある」とか高いのは高いよね)
しかし、「艦これ」により、再びレベル1帯のパワーラインが上がりそうですね。

だが、その分コストも重いです。
ストックを使うわけではないですが、手札からの早出しで、しかもクライマックスシナジーが必要となるため、1体出すのに手札3枚必要(「最上型重巡3番艦 鈴谷」の効果を使うなら手札2枚と2コストだが)とかなり重いです。
となるとさすがに複数展開早出しすることは難しいですかね。
また「“一緒に歩く道”ちはや」とは違い、ソウル1ですし、クライマックスシナジーがあるわけではないので、今度のカード次第ではそこまで活躍しないかもしれませんね(例えばこの前の公開カードの「夕張型軽巡 夕張」とか)

だとしても普通にレベル2キャラとして使えますし、まったくってわけでもないと思います。
それに手札消費厳しいとはいえ、レベル0キャラ結構いいですからね(今のところ「初春型駆逐艦4番艦 初霜」とか)

それにしても「“一緒に歩く道”ちはや」ってすごいですね~
手札1枚と2コストと1クロックで早出し出来ちゃいますもんね(でもコスト換算すると同じなんだよね)
しかもアンコールステップでのチェンジですので、出すだけならコストは直前でためることができますからね(なにより単体でできるのが強い)


ところで、あともう2種類公開されてましたね。
「熊野」と「熊野改」ですか。
まあ悪くないんじゃないですかね。
ただ「鈴谷」の方がインパクトがすごいというか、なんというかで、あんまり気にならなかったなw
僕の場合は「今日のカード」は気に入ったものしか書かないのでw(見てくれている人はわかってくれていると思うが)
いや~それにしても「艦これ」はカードプールが広いから1度にたくさん公開されますね。
しかも強いかんじだし、マジで楽しみですわ~

※完全に忘れてたけど「鈴谷改」は「自信満々 摩耶」 「熊野改」は「万事万端 鳥海」と同じ能力やったんやな。
早出しがあるだけで「鈴谷改」が強く見える不思議~
2014/03/04 18:02 今日のカード TB(0) CM(0)
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
今まで見てくれた人
今見てくれている人
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。