ヴァイスシュヴァルツについてのブログです。主にカード考察や特定の能力持ちのまとめ、手持ちのデッキレシピを書いています。(たまに自分のラブライブと艦これ事情等の雑談も)
プロフィール

ハイパーアイクン

Author:ハイパーアイクン
ヴァイスシュヴァルツについて記事を書いていきます。

所持デッキ
■D.C.
 アイシア耐久
 生徒会
 白河ことり軸音楽
 姫乃早出し
 音楽
 杉並アンコール
 
 ほぼさくら単
 「見事なカウンター」
 和泉子バウンス

■魔法少女リリカルなのは
 なのフェイ
 なのは アンコール型
 なのは 大型バーン型
 フェイトビート
 一心同体軸
 夜天はやて
 「湖の騎士シャマル」
 ヴィータビート(ソウル型)
 ヴィータビート(パワー型)
 フェイトビート ファランクス型
 メカ相討ちアンコール

■らき☆すた
 オタク
 双子
 絆ソウルビート

■探偵オペラ ミルキィホームズ
 魔女っ娘シャロ軸
 ハロウィンナイト軸

■艦隊これくしょん -艦これ-
 金剛軸
 はっちゃん守り隊
 初風選抜
 赤城選抜
 響選抜
 夜戦型
 ハイパーズ
 
■ラブライブ!
 僕光軸
 夢にむかってμ's軸
 赤緑
 「アイドル大好き花陽」
 ことり単
 にこ単
 穂乃果単
 真姫単
 海未単
 凛単

■涼宮ハルヒの憂鬱
 赤緑青(安価)

■ソードアート・オンライン
 シリカデッキ

■Angel Beats!

■プリズマ☆イリヤ

■進撃の巨人



mixiもやってます。

最新トラックバック
楽天市場
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
2014年02月
2014/01 2014/02 2014/03
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
「夕張型軽巡 夕張」
レベル:1 コスト:1 パワー:6000 ソウル:1
レアリティ:RR トリガー:なし 特徴:艦娘・軽巡洋艦
【永】 このカードは、あなたの控え室のクライマックスが1枚以下なら、手札からプレイできない。
【永】 あなたのストックが4枚以上なら、このカードのパワーを+1000。
【自】 相手のキャラが、控え室から手札に戻った時、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2000。
【永】 あなたのレベルが2以上なら、このカードのパワーを+1500。


ヴァイスシュヴァルツ初の能力4つ持ちのカード。
1つ目の能力は、自分の控え室のクライマックスが1枚以下なら手札からプレイできないという制限。
能力4つ持ちで、レベル1ながらパワー6000もあるので、トリガーなしとはいえ1つぐらいはこうなりますよね。
まだカードプールがあまり公開されていないのでなんとも言えませんが、レベル1以下で手札コストが必要なカードや集中持ちのカードがいれば、ひとまずレベル1では気にならないデメリットだと思います(集中は一昨日使いやすいのが公開されたのかな)

2つ目の能力は、自分のストックが4枚以上なら、自身のパワーが+1000されます。
デッキ次第なところもありますが、割と簡単な条件で1/1/7000になれます。

3つ目の能力は、相手がキャラ回収を行ったら、自分のキャラ1体に2000パンプします。
「女子高生アイドル りせ」「正々堂々 レオ」と同じタイプの回収メタです。

4つ目の能力は、自分のレベルが2以上なら、自身のパワーが+1500されます。
ストック4枚以上と合わせると、2/1バニラ並になることができます。


ということで、プレイに制限がありますが、レベル1の段階なら余程のことがない限りはあまりデメリットを気にせずに使えると思います。
それでいて条件付きで1/1/7000になれ、さらに回収メタによるパンプ持ちと、前列でも後列でも運用可能なスペック。
まあ基本的に前列でのアタッカーになると思いますけどね。
後列要因としては少々役不足かなと。
と考えると、相手としては後列の支援+へたに回収すると発生するパンプと、かなり厳しい感じになりそうです。
またレベル2になるとさらに自己パンプが発生し、レベル1のカードながら自身の効果で2/1バニラ並にもなりますので、レベル2以降でもちょっとパンプすれば活躍できるカードとなれるため、アタッカーながら割と長い間回収に対して気を遣わないといけなくなるのではないかと思います(後列だったら諦めがつくんだけどね~)


まあ一言で言うと、強そう って感じです。

そういえばもう1枚公開されてましたけど、前にも公開されたカードですし、対して強くはないですし、かといって特に面白みやすごい効果でもないのでいつも通りパスでw
スポンサーサイト
2014/02/28 20:48 今日のカード TB(0) CM(4)
75回目は「戦国BASARA」より
「“無限六爪流”伊達 政宗」についてです。



「“無限六爪流”伊達 政宗」
レベル:1 コスト:1 パワー:5500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:武器・眼帯
【永】 このカードの下にマーカーがあるなら、このカードのパワーを+4000し、このカードの正面のキャラのソウルを+1。
【自】 あなたのクライマックス置場に「キング・オブ・伊達男」が置かれた時、このカードの下にマーカーがないなら、あなたは自分の山札の上から1枚を、このカードの下にマーカーとして置いてよい。


クライマックスシナジーによりマーカーを1枚つけることができます。
そしてマーカーがあると、なんと自身のパワーが+4000されます!
2009年度に発売された古いカードでありながら、現環境のレベル1帯で十分通用するパワーを1度のクライマックスシナジーで得ることができます。
クライマックスシナジーが発動されれば9500+後列となりますので十分どころじゃありませんね。
あの「“一緒に歩く道”ちはや 」と同等なのですから。

しかし、マーカーがあるとパワーが上がるだけではありません。
自身の正面のキャラのソウルが+1されてしまいます。
このカードのレベルは1ですので、基本的にサイドアタックが通ってしまいます。
なんだかあまりこのカードのパワーが活かされませんね^^;
ですが、サイドアタックをしてくるならこのカードは舞台に残るわけですから、手札は温存され増えていきます。
サイドアタックも基本的には1ダメージだけですので、ダメージレースで有利を取られるということも基本的にはないと思います。
と、考えればそこまでソウル+1も痛いものではないと思います。

一番痛いのはやはり除去ですね。
マーカー持ちの宿命でしょうw
このカードの場合除去されてしまうと、アンコールしたとしてもマーカーは失われるのでパワーが一気にバニラ並に落ち、再びマーカーをつけるためには再度クライマックスシナジーを発動させなければなりません。
特にマーカーにより上がるのはパワーだけですので、相討ちには滅法弱いです(直接除去するカードよりも使われやすいですし)


ちなみに対応クライマックスは全体ソウル+2です。
まあクライマックスシナジーを発動させればパワーはありますので、相性は悪くはないのではないでしょうか?
久しぶりの「今日のカードについて」
というのも「艦これ」見てるとトライアルの時点で結構強そうですね。
これはブースターにも期待が持てる^^
で、久しぶりに今日やろうと思ったのが、まあいろいろとすごいんじゃないんですか~ 他のタイトルと比べてと思ったので久しぶりにやろうと思いました(ネタもないですしねw)


「鳳翔型軽空母 鳳翔」
レベル:2 コスト:1 パワー:5000 ソウル:1
レアリティ:TD トリガー:あり 特徴:艦娘・軽空母
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+X。Xはそのキャラのレベル×500に等しい。
【自】[(1) 手札を1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を見て《正規空母》か《軽空母》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、その山札をシャッフルする。


TDでレベル応援です。
さらに登場時に追加コストを払えば、手札入れ替えサーチができます。
便利ですね~
手札入れ替えサーチは、登場コスト+追加でコストがかかりますし、タイミング的にリフレッシュも関係してくると思いますので使いやすさは人によると思います。
しかし、リフレッシュ直前で手札も捨てれますし、便利ですね~
これがTDですって! 2枚収録されているそうです。

ちなみにトライアルでレベル応援が収録されていたタイトルは3つあります。
「アイドルマスター2」の「べろちょろ やよい」
「Fate/Zero」の「補助機械 舞弥」
「TVアニメ「ペルソナ4」」の「女子高生アイドル りせ」 です。
さらに、前回レベル応援が入っていたタイトルの発売日が「Fate/Zero」と「TVアニメ「ペルソナ4」」の2011/11/26(wiki情報)なので、実に2年3ヶ月ぶりの収録になります(ちなみに「アイドルマスター2」は2011/5/21でした)


「しっかり者 雷」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
レアリティ:C トリガー:なし 特徴:艦娘・駆逐艦
【起】 集中 [(1) このカードを【レスト】する] あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、次の行動を行う。『あなたは自分のクロックを1枚選び、手札に戻し、自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。』


「息抜きデート サラ」「入浴中のティファニア」「うつむく集」と同じ能力のカードです。
またこの能力以外にも能力を持っているカードを入れると他に3枚あります。
まあ何が言いたいかというと、レアリティっすわ~
これらの能力を持っているカードは、のきなみレアリティがRもしくはRRと高かったのですが・・・(「入浴中のティファニア」はCですがエクストラブースターのカードですので ちょっと違うかな)

出ました。 レアリティCです!
今日のカードを見るたびに「艦これ」には期待しちゃいますね^^


そういえば、昨日のカードだったかな?
1/1/7500の青葉。
あれも、強そうですよね。
オーバースペックのデメリットとして、登場時に相手のキャラ1体のパワーが1000パンプされます(パンプ対象を選ぶのはもちろん相手)
しかし、こちらが先上がりして出すことが出来れば、まだレベル0のキャラしかいない相手のキャラが1000パンプしたところで対したことになりません。
つまり、先上がり出来た場合はデメリットはないようなものになると思います。
後上がりだとしても、一気に出すのを控えればそれほどデメリットにならないと思います(バトルさせるキャラはこちらが選べるわけですからね)
ということで、そういえば昨日のカードも新しいデメリット効果でそして強そうなカードだったし、昨日の記事はそれにしとけば良かった・・・
ブログを書いてて自分の持ってるデッキってそんなにないな~と実感(まだデッキレシピとして載せてないものもあるが)
2014/02/26 22:23 今日のカード TB(0) CM(0)
DVC00064.jpg
DVC00067.jpg
DVC00057.jpg

一番上は基本使わないかなw
まあこういうのもいいよね。
クドのスリーブは近くのショップ大会で優勝したときに貰えました。

一番下のが最近買ってしまった新たなスリーブ。
下2つは安くて気に入ったので買い。
タカオはやっぱり欲しかったので買い。
エリーは緑だったので買い。
セイバーオルタは闇っぽい黒さがかっこよかったので買い(あと少し安かったから)


数を把握するついでに晒してみたら使ってないスリーブが63個ありました。
でもまあ、まだまだ買っちゃうんだろうな~w
このスリーブ買うお金があったらもっとデッキ強くできそうだがw


vol3← →vol5
2014/02/25 23:53 カードサプライ TB(0) CM(0)
DVC00069.jpg
DVC00059.jpg
DVC00060.jpg
DVC00061.jpg
DVC00062.jpg
DVC00065.jpg

なのは多いですねw
先ほどのプレイマットと、一番したの画像のフェイト・なのは・はやてのスリーブを見てわかる人にはわかると思いますが、A'sのサプライセット買ってます(1つだけですが)
あとこれを書いてるときに気づいたのですが、下から2番目の画像のA'sの金銀で手に入るスリーブ あれもう1つ使ってないのありましたw

使ってないなのはスリーブ多いですけど、ちゃんと使ってますからね(使ってないのは保存用と)
そういえばことりスリーブだけ使ってた期間があるんですよね・・・(もう1つ欲しいかも)


vol2← →vol4
2014/02/25 23:40 カードサプライ TB(0) CM(0)
DVC00066.jpg
DVC00063.jpg

なんとなくそういう気分なのでw
スリーブは多いのでまずはプレイマットとストレージから。
といっても載せるのは使ってないものだけですけどねw
プレイマットはスリーブほど数を多くても余計困りますからね^^;(でもイラストが良いなと思ったものは買っちゃうがw)
プレイマットは他にも3つあって今はそれらを使ってます(布製1枚(なのは) ラバー製2枚(なのは・DC))

ストレージは基本使っちゃってますね(使ってないのは真ん中の1つだけ)
ストレージも数えるぐらいしか持ってないです(普通の箱とかで代用出来ちゃいますし)
他はなのは・フェイト・由夢&音姫、それからブシロードの金銀で手に入るストレージを使ってます(金銀のは少し小さいんですよね^^;)
あとしろくろフェス行ったので、そのときのしよ子のミニストレージと。

スリーブは多いので別記事ということで(多いかどうかは人によるかな?)

vol1← →vol3
2014/02/25 23:27 カードサプライ TB(0) CM(0)
21回目は「戦国BASARA」より
「川中島の合戦」についてです。



「川中島の合戦」
レベル:2 コスト:1
【カウンター】 あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500し、次の能力を与える。『【自】 このカードとバトル中のキャラが【リバース】した時、あなたは相手に1ダメージを与えてよい。』(ダメージキャンセルは発生する)


自分のキャラ1体のパワーを+1500しつつ、そのキャラに相手リバース時に1点バーンという能力も付与します。
しかもカウンターで使うことができます!
レベル2のカウンターでありながら1500しかパンプしませんが、終盤のチャンプアタッカーに対して使うのなら十分な値だと思います。
というか1500パンプよりも、リバース時の1点バーンがメインのカードみたいなものですからね。

このカードがあることにより、自分のターン中にクロック6までしか与えられなかったとしても、相手ターン中に勝負を決めることができます。
また相手からしてみればこのカードがあることにより、うかつなチャンプアタックもしづらくなります(つまり、余計なコストを使わせることができる)


「戦国BASARA」ってオーバースペックカウンターがないのですが、このような特殊なカウンターが多いような気がします。
というかそういうカウンターを調べたこともあったな~と→要注意!?特殊な助太刀&カウンター Part4
4回目は「戦国BASARA」より
「“蹂躙”明智 光秀」についてです。



「“蹂躙”明智 光秀」
レベル:0 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:武器
【起】[あなたの舞台のキャラを1枚控え室に置く] そのターン中、このカードのパワーを+2000。


自分の舞台にいるキャラ1体を控え室に送ることで、自身のパワーを+2000します。
手札1枚分減るのと同じなのに、2000しか上がらないのはちょっと低いかなと^^;

というのも、コスト違いで同じ効果を得られるカードがあるからです。
「花咲 茜」
レベル:0 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:特徴なし
【起】[(1)] そのターン中、このカードのパワーを+2000。


代表としてこのカードをあげましたが、これと同じ能力を持っているカードは他にも結構います。
こちらは1コストで同じ効果を得ることができます。
確かに上のカードはコストはかかりませんが、回収やサーチやドローによる手札増強手段の一般的なコストが2コストかかることを考えると、割が合いません。
5000ぐらい上がっても別にいいと思うのに・・・
それにこっちは上と違い連続使用による重ね掛けがしやすいという利点もあるのだし。

またコストの払い方は違いますが同じくノーコストで同じ効果を得られるカードもあります。
「ゲロゲロキッチン 千早」
レベル:0 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽
【起】[あなたのキャラを2枚【レスト】する] そのターン中、このカードのパワーを+2000。


こちらも代表でこのカードをあげました。
これも他に同じ能力のカードがそれなりにあります。
自分のキャラを2体レストすることで同じ効果を得られます。
コストがかからず、また連続で効果を使用しずらいというところまでは似ていますが、舞台のキャラの数が減ることはありません。
基本的にコストで使うキャラは後列のキャラなので、アタック回数を阻害することもなく、また次のターン以降も効果を使い続けやすいというところがあります。
そのかわり、自身以外にも2体以上出していないと効果が使えないというところがありますが、それでも舞台上のキャラが減るよりかはいいかなと。


ということで、コストが割に合わないな~と思ったので記事にしちゃいました。
まあ完全に使えないわけじゃないんですけどね。
圧殺するなら、このカードのコストにっていうふうにすれば無駄なくパンプができるわけですし^^;
あと、これを書いている途中で気がついたのですが・・・
これって・・・よくよく考えてみると比較考察の方でしたね^^;(今まで3回このコーナーでやってきたけど、それらももしかして・・・そうだったのかも)
2014/02/23 23:57 残念なカード TB(0) CM(0)
74回目は「空の境界」より
「“痛覚残留”浅上 藤乃」についてです。



「“痛覚残留”浅上 藤乃」
レベル:1 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:超能力・虚無
【自】[(2)] 相手のドローフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは相手の【スタンド】しているレベル2以下のキャラを1枚選び、【レスト】する。


相手のドローフェイズの始めに2コスト払うことで、相手のスタンドしているレベル2以下のキャラを1体レストさせることができます。
スタンドフェイズの後に効果が発揮されるので問題なくロックできます(じゃないと意味ないし)
レベル2以下という制限があるので主にレベル1帯で早出ししてくるレベル2キャラに対して使うのが主な使い方になるかと。
「“一緒に歩く道”ちはや」「ファントムの主 クロウディア」「“最強の暗殺者ファントム”アイン」あたりですかね?

しかし、2コストかけてもレスト状態にさせるだけなので、相手に余裕があれば圧殺されて終わることもあります。
これに関しては昨日のスタンド封じと同じく、逆を言えば相手に余分に手札を使わせたわけになりますから、2コストで手札破棄+圧殺による一種の除去とも考えられるのでそこは使う人次第ですかね(使う人がいるかはわからないが)


そういうことなので、効果を使う際にはできるだけ早出しキャラにしたいところですね。
ちなみに「空の境界」ですが、PRカードのみしか今のところありません。
なのでネオスタンダード構築の際には「MELTY BLOOD」と一緒に使うことができます(昔は「Fate」シリーズとだったのだが)
73回目は「戦国BASARA」より
「“軍神”上杉 謙信」についてです。



「“軍神”上杉 謙信」
レベル:0 コスト:0 パワー:500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:武器・薔薇
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+500。
【起】[(2) このカードを【レスト】する] あなたは相手のキャラを1枚選ぶ。そのキャラは次の相手のスタンドフェイズに【スタンド】しない。


500応援+2コストと自身をレストすることで、相手のキャラ1体にスタンド封じをかけます。
2コストレストとコストは軽くはありませんが、レベル0キャラでありながら、スタンド封じをかける相手に制限がありません!

一番効果的なのは、クライマックスフェイズチェンジ等のアタック前に早出しで出てくるキャラでしょう。
早出しする際は、基本的に絶対成功させたいと思うので、自分の一番弱いキャラのところか、もしくはダイレクト枠に対して行われるので防ぐのは難しいでしょう。

しかし出した後に対してスタンド封じは行われるので、かけられた相手はたまったものではないでしょう。
折角早出ししても1ターン動けないのですから。
重いコストを払って早出ししたのでしょうから圧殺をするわけにもいかないと思います。

つまり、早出ししたキャラを後列に下げて、代わりのキャラを相手に出させるわけですから、手札を使わせることになります。
主にチェンジはレベル2帯でレベル3キャラというのが多いでしょう。
よってレベル2帯はレベル3キャラの早出しに任せている場合もまだ多いのだと思います。
そう考えると無理に早出しキャラを倒すより、こうしてスタンド封じをかけて相手に代わりの弱いキャラを出させて、手札を減らさせるのも悪くないと思います。
レベル3のキャラの中には「一つ屋根の下 美琴&黒子」「魔女っ娘 シャロ」「“いたずらなキス”ちはや」「アイドルオタク にこ」等、手札コストを必要とするカードがありますからね(しかも勝負の決定打になるような能力で)


ということでスタンド封じも悪くないかな~とは思ってるんですけどね~
この能力自体の使い方が難しいのがな~
どうしても一時しのぎ感が強いのがね・・・
72回目は「魔界戦記ディスガイア」より
「卒業生第一号ラズベリル」についてです。



「卒業生第一号ラズベリル」
レベル:1 コスト:0 パワー:5000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:悪魔・メガネ
【永】あなたの控え室のクライマックスが6枚以上なら、このカードのソウルを+2。


自分の控え室のクライマックスが6枚以上なら自身のソウルが+2されます。
条件が少々厳しいですが、ノーコストで、手札損失とかもなく、さらに自身だけで効果を発揮することができます。
それで登場コストも0でソウル3。
すごいですね~

しかし条件的にこのカードが使えるレベル1から、すぐに高ソウルでアタックというのは難しいかもしれません。
また条件が満たされていたら必ずソウル+2されるため、最後のダメージ調整の際に気をつけなければなりません(効果が発動していることを忘れそうですけどw)


デメリットや効果がすごくて高パワーなカードも好きですけど、こういった低コストで高ソウルになれるキャラも自分は好きですねw
71回目は「涼宮ハルヒの憂鬱」より
「好奇心ハルヒ」についてです。



「好奇心ハルヒ」
レベル:0 コスト:0 パワー:3000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:団長・SOS団
【永】このカードの正面のキャラが特徴を持たないなら、このカードは次の能力を得る。『【永】このカードはフロントアタックできない。』(サイドアタックできる)
【自】このカードがフロントアタックされた時、このカードの正面のキャラが特徴を持たないなら、あなたはこのカードを手札に戻してよい。


基本的にはバニラです。
しかしこのカードの正面のキャラが特徴なしのキャラならこのカードはフロントアタックできなくなります。
また特徴なしのキャラにフロントアタックされたらこのカードを手札に戻すことができます。

基本的にはバニラですが、特徴なしのキャラが相手にいると少し面白いことになります。
すべて特徴なしのキャラなら仕方がないですが、そうでなければ特徴なしキャラのところを避けてフロントアタック、もしくはダイレクトアタックすればいいのですからそれほどデメリットにはならないでしょう(サイドアタックはできますし)
で、特徴なしのキャラがフロントアタックしてきたら、ラッキーと思ってこのカードを手札に戻しましょうか(勝てるなら戻さなくてもいいが)
フロントアタックされたときに手札に戻ってしまいますが、ダイレクトアタックになるわけではないので相手のソウルが上昇することはないので安心して大丈夫です。
と考えるとデメリットはほぼなくメリットの方が大きいと思います。


まあそうそうこんなことないと思いますけどね。
特徴がないってだけで結構他のカードの支援を受けられなくなってしまいますからね。
まあレアケースってやつですね。
今ガチデッキを作ろうと、自分の持っているタイトル「D.C.」「魔法少女リリカルなのは」「らき☆すた」「探偵オペラ ミルキィホームズ」の中からバーンができるカードがあるタイトルということで「魔女っ娘 シャロ」がある「探偵オペラ ミルキィホームズ」でガチデッキ作ろうかなと今試行錯誤しています。


一応今のところ「一心同体デッキ」と「ことりデッキ」がガチデッキなのかな?
しかしこの2デッキには勝負を決める決定力が足りないのでそれができるデッキを作りたいなということで今は「探偵オペラ ミルキィホームズ」に力を入れているつもりなんですがね~
一応「新聞デッキ」や「生徒会デッキ」も持ってはいるんですが・・・
「新聞デッキ」はこの前作ったばかりでまだ動かしてないし(やっと「一緒が幸せ シャルル」を買った、あと一応「公式新聞部部長 立夏」も)
「生徒会デッキ」はどうすればいいかよくわからなくて^^;(「探偵オペラ ミルキィホームズ」もだが)


まあ何はともあれ「探偵オペラ ミルキィホームズ」のガチデッキ作ってるんですがね~
レベル1帯は結構候補がいるのでいろいろお試し中
まあレベル1帯はどれもいい感じなんですがね。
レベル2帯が弱い。
レベル1キャラで耐えるのは結構きついものがある・・・気がする(プレイングの問題かもしれないが)
ということで一度チェンジを試してみようかな~っと思ってす。


で、「元気が取り柄 シャロ」を買ってみたのですが、そのとき久しぶりに驚きが・・・
いつの間にか「夏服のコーデリア」「ウサミミ エリー」が高騰してましてね ​Σ(´⊙ω⊙`)
なんで今更と思いつつ原因を考えてみたというか探ってみたというかしてみて・・・

自分が思う高騰の原因
・公式に上がってあるトリオのデッキレシピ
公式にデッキレシピが載っているということは、そのデッキは連勝したということですから実績があります。
ということはみんなが注目するのは当然です。
強いデッキを組む際は、まずはここから真似して組むことも多いでしょうからここに載ってあるカードを手に入れようとするでしょうね。

・「浮き輪でプカプカ シャロ」がそれほど使えない
レベル1帯のアタッカーの多くが「天然少女 シャロ」「恥ずかしがり屋 エリー」当たりだったんじゃないでしょうか?(他には「縁日のミルキィホームズ」「“マシンガン”エリー」あたりか?)
そうするとレベル置場の入れ替え能力って正直「魔女っ娘 シャロ」「知識豊富なエリー」のためにしか使わないんですよね~
じゃあ「慌てるコーデリア」でよくね?ってなると思います。

・レベル0での青が増えた
「慌てるコーデリア」に続いてPRでレベル0の青の有力カード「餃子の虜 コーデリア」が出てきました。
これでレベル0に青が増えたためレベル1で無理なく「夏服のコーデリア」「ウサミミ エリー」が使えるようになります。
「浮き輪でプカプカ シャロ」もそれほど使えないため特徴応援のある「慌てるコーデリア」もしくは「ウサミミ エリー」が後列キャラ候補ということになるのではないでしょうか?

・フルゲートにしたい
「恥ずかしがり屋 エリー」を入れると「トライアセンド」が入るためフルゲートにできません。
フルゲートにしたい場合は「天然少女 シャロ」と他のアタッカーを誰にするかというところで
「浮き輪でプカプカ シャロ」がそれほど使えないので特徴応援+レベル置場入れ替えのある「ウサミミ エリー」にするついでにアタッカーは0コストキャラの「夏服のコーデリア」が候補に入ったのだと思います。
「クリスマスガール エリー」は元から入ってますしね。


というのが僕が思っているところです。
元から青が主戦力として入っているならあまり関係ない話でしたが。
元から持ってるカードが急に高騰したので思わず考えてしまいました。
まあとりあえず「探偵オペラ ミルキィホームズ」はレベル2帯をなんとかしないとダメな感じかな?と使ってて思います。
70回目は「物語シリーズ」より
「浮遊霊 八九寺真宵」についてです。



「浮遊霊 八九寺真宵」
レベル:2 コスト:2 パワー:8500 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:怪異・霊
【自】[(2)] このカードがアタックした時、クライマックス置場に「まよいマイマイ」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたのキャラすべてに、そのターン中、次の能力を与える。『【自】 この能力は1ターンにつき1回まで発動する。このカードの与えたダメージがキャンセルされた時、あなたは相手に1ダメージを与えてよい。』(ダメージキャンセルは発生する)


アタックした時、クライマックスシナジーにより2コスト払うことで自分のキャラすべてにショット効果を付与します。
昨日がクライマックスシナジーによるショット効果付与のカードだったらので、そう来たらこのカードを出さないわけにはいかないですよね^^
クライマックスシナジーはとても強力です!
残り1,2点というときにはとてつもなく強い詰め能力ですからね。
ですが、クライマックスシナジー以外はなにもありません。
2コストキャラのパワー8500です。
そこが痛いところといえば痛いところなのかな?

ちなみにこのカードが複数いるときにクライマックスシナジーを使うと能力はちゃんと重複されます。
1体目が効果を使うと、全体にショット効果が付与されます。
ここまでは普通。
2体目も効果を使うと、これもちゃんと全体にショット効果が付与されます。
ただし効果のタイミング的に意味があるのは、2体目と3体目のダメージ判定のときだけです。
1体目はすでにアタックしたので意味はありません。
このとき相手にキャンセルが発生するとショット効果が2回発動します(つまり1点×2回)
3体目も効果を使った場合も、同じく全体にショット効果は付与されます。
ただし意味があるのは最後の3体目だけですが。
この場合相手にキャンセルが発生した場合ショット効果が3回発動します(つまり1点×3回)
まあこのことは公式のQ&Aに載ってますので。

また対応クライマックスもショットトリガーを持っています。
ので効果を使ったあとにクライマックスをトリガーすると普通にショット2回とかになりますw
69回目は「初音ミク -Project DIVA- f」より
「鏡音レン“レシーバー”」についてです。



「鏡音レン“レシーバー”」
レベル:1 コスト:0 パワー:4500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽・メカ
【自】 このカードがダイレクトアタックした時、クライマックス置場に「リモコン」があるなら、あなたは自分の山札を上から1枚見て、山札の上か控え室に置き、そのターン中、このカードは次の能力を得る。『【自】 この能力は1ターンにつき1回まで発動する。このカードの与えたダメージがキャンセルされた時、あなたは相手に1ダメージを与えてよい。』(ダメージキャンセルは発生する)


アタックした時、クライマックスシナジーにより自分の山札の上から1枚見て、上か控え室に置き、さらにショット効果を持ちます。
ショット効果は基本的にはレベル3キャラが持っているものですが、このカードみたいに他にもクライマックスシナジーでショット効果を使えるキャラはいます。
しかし、レベル1でショット効果を使えるのはこのカードだけです。
またクライマックスシナジーでショット効果を使うにはコストが必要なのですがこのカードはノーコストで使えます。
他にも「“踏み出した勇気”鈴」もこのカードと同じくノーコストで使えますが、こちらはレベル3キャラということもあるの納得ができます。

しかしこのカードがショット効果を使うには単にアタックした時にクライマックスがあればいいわけじゃありません。
“ダイレクトアタックした時”でなければならないのです。
基本的にショット効果というのは詰め手段として使うものですから、使う機会というのはレベル3の時だと思います。
しかしレベル3でダイレクト枠を作るというのは、今の環境だと難しいかもしれませんね。

ちなみに対応クライマックスは全体ソウル+2なため、ショット効果とは相性がいいです。
また難しいとは書きましたが、盤面さえ取れていれば実際はレベル3でもダイレクト枠はできるでしょう。
またキャンセルに賭けるという意味でチャンプアタックしてきて、ダイレクトアタックしかできない状態も出てくると思います。


ということは結構このカード、使えるかもしれませんねw
68回目は「リトルバスターズ!」より
「“エクスタシーモード”沙耶」についてです。



「“エクスタシーモード”沙耶」
レベル:3 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:武器
【永】 他のあなたの前列のキャラが1枚以下なら、このカードのパワーを+1000。
【自】 相手のアンコールステップの始めに、あなたのクロックが6枚なら、あなたはこのカードを【レスト】し、自分のクロックすべてを、山札に戻す。その山札をシャッフルする。


他の自分の前列のキャラが1体以下なら自身のパワーを+1000します。
まあ最近の自己パンプできるレベル3キャラと比べると条件が厳しいですね^^;
まあそれはいいとして・・・
もう1つの能力。
相手のアンコールステップの始めに自分のクロックが6枚なら、このカードをレストしてクロックのカードすべてを山札に戻すことができます!
つまり全回復です!
ちなみにすでにこのカードがレストしていたとしても効果はちゃんと使えますのでアタックしていたとしても問題ないです^^

しかし回復したとしてもそのカードはすべて山札に戻ってしまいます。
6枚もの逆圧縮になってしまいます。
まあ次の自ターンでのドロー、クロック2ドロー、3アタックで差し引き0にはなりますが(クライマックスが流れない限り)

が、このクロックから控え室ではなく山札に戻るというおかげであるカードと抜群に相性がいいのです。
「“風紀委員長さん”佳奈多」
レベル:2 コスト:1 パワー:3500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:委員長・双子
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+1000。
【自】 あなたか相手のクロックが、自分のカードの効果で控え室に置かれた時、そのプレイヤーは自分のストックの上から2枚を、控え室に置いてよい。そうしないなら、そのプレイヤーは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。


相手に回復規制をかけて自分だけは回復ができるのですからずるいですね~
まあそう簡単にはいかないんですけどね^^;
でもまあ、こんなカードもありますので
「さらば諭吉ぃっ!!」
レベル:2 コスト:3
【カウンター】 あなたはバトル中のキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。『【永】 このカードはプレイヤーにダメージを与えることができない。』


これである程度は調整できるかもしれないです。


それにしても回復メタがあるタイトルにこんなカードがあるなんて・・・
ずるい、ずるすぎる><
いくらロマンでもずるい。
67回目は「ゼロの使い魔」より
「ワルドの裏切り」についてです。



「ワルドの裏切り」
レベル:2 コスト:1
集中 あなたは自分の山札の上から3枚をめくり、控え室に置く。それらのカードにクライマックスがあるなら、あなたは相手のキャラを1枚選び、山札の上に置く。


集中式のイベント。
成功すれば相手のキャラ1体をトップ送りにできます。
集中という不確定な条件ではありますが、わずか1コストで相手のキャラを確定除去できるのは強いと思います。
それもレベルや前列や後列の指定が一切ないためどんなキャラでも対象に取ることができます!
そしてさらに、確定除去の方法もトップ送りとダメージにつながりやすいものとなっています!
こんだけすごいことをわずか1コストです! 信じられません。

そのかわり集中式です^^;
まあ、そううまくはいかないでしょうw
一応こういうカードがあります。
「水着のルイズ」
レベル:3 コスト:2 パワー:9000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:魔法・水着
【永】 大活躍
【自】 あなたが『集中』を使った時、その効果でクライマックスが控え室に置かれなかったなら、そのターン中、このカードのパワーを+2000。
【自】 アンコール [あなたの《使い魔》のキャラを1枚控え室に置く] (このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードがいた枠に【レスト】して置く)


集中が失敗したら(厳密にはクライマックスが控え室に置かれなかったなら)自身のパワーが2000上がります。
この能力を持っているカードがこれとレベル0のキャラしかいなかったんですよね~^^;
まあこれが出ていれば、成功すれば確定除去。失敗してもパワーパンプで相手倒せるかも~ ということです。


しかしながら、除去対象に制限がないからだろうか?
強く見える不思議~
66回目は「リトルバスターズ!」より
「“世話焼き”佐々美」についてです。



「“世話焼き”佐々美」
レベル:2 コスト:1 パワー:8000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:動物・スポーツ
【自】[(4)] このカードがアタックした時、クライマックス置場に「佐々美の手料理」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の手札のレベル0以下の《スポーツ》のキャラを1枚選び、舞台の好きな枠に置く。


アタックした時クライマックスシナジーにより4コスト払うことで、手札のレベル0以下の《スポーツ》のキャラを1体舞台に出すことができます。
4コストも払って出すことができるのがレベル0のキャラで、しかも《スポーツ》のキャラ限定。
おまけに手札からと、重いコストを払うにも関わらず割に会わない感が大きい感じがします。

しかし、この手の効果に多い舞台に置く枠には制限がありません。
よって、リバースやレストしてあるキャラの枠に出すこともできます。
ということはアタック回数を増やすことができます。
つまり、一種の再スタンド能力のような使い方ができるわけです。
また対応クライマックスがソウル+2なためレベル0キャラしか出せませんがソウル面は心配することはないと思います。
ただしそのクライマックスが邪魔して小さなダメージは与えずらくはなってますが^^;


それにしても初期の頃のカードは今にはない面白い効果がありますね~(実践的かどうかは別として^^;)
3回目は「魔法少女リリカルなのは」より
「守護騎士プログラム」についてです。



「守護騎士プログラム」
レベル:1 コスト:2
このカードを思い出にする。
記憶 思い出置場にこのカードがあるなら、あなたのカード名に「はやて」を含むキャラすべてに、パワーを+500。


使用すると思い出に行き、記憶が発動して、自分の「はやて」すべてにパワー+500します。
場を圧迫せずに永続的にパワーパンプしてくれるためイベントの中では悪くないと思います。


が、しかしこのカードもまた・・・
「ネフシュタンの鎧」
レベル:1 コスト:1
このカードを思い出にする。
【永】 記憶 思い出置場にこのカードがあるなら、あなたのカード名に「クリス」か「フィーネ」を含むキャラすべてに、パワーを+500。


「ふたりだけのひみつ」
レベル:1 コスト:1
このカードを思い出にする。
【永】 記憶 思い出置場にこのカードがあるなら、あなたのカード名に「音姫」を含むキャラすべてに、パワーを+500。


対象ネームが違うだけの同能力のカードですが、コストが1低くなってます。
基本的にこういうイベントは複数使っていくことで意味がありますからね。
コストが1違うだけでだいぶ使いやすさが変わりますからこれはでかいですよね。


こういうのだけじゃないけど後出しって有利だよね~

ちなみに今回も似たようなカードがあります。
「ランニング」
レベル:1 コスト:2
このカードを思い出にする。
記憶 思い出置場にこのカードがあるなら、あなたのカード名に「クド」を含むキャラすべてに、パワーを+500。


これも登場する時期が遅かったらコスト1だったんだろうな~
2014/02/12 23:46 残念なカード TB(0) CM(0)
2回目は「リトルバスターズ!」より
「大切なもの」についてです。



「大切なもの」
レベル:1 コスト:0
あなたは自分の山札を上から3枚まで見て、《本》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。残りのカードを控え室に置く。


山札の上から3枚見て、その中の《本》のキャラ1枚を選んで手札に加えることができます。
手札もコストも損失せずに山札を削ることができ、さらに3枚の中からとはいえキャラを持ってくることができるとかなり良いイベントカードだと思います。


が、しかし・・・
「こそばゆい日常」
レベル:1 コスト:0
あなたは自分の山札を上から4枚まで見て、《魔法》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。残りのカードを控え室に置く。


「ひまわりのカメラ」
レベル:1 コスト:0
あなたは自分の山札を上から4枚まで見て、《鍵》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。残りのカードを控え室に置く。


「届かない贈り物」
レベル:1 コスト:0
あなたは自分の山札を上から4枚まで見て、《タロット》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。残りのカードを控え室に置く。


最近登場してきた特徴違いで同能力のカードたちは、なんと1枚多いのです。
1枚多く山札を削ることができ、1枚多い選択肢の中からカードを選ぶことできるのです。
たかが1枚ですが、使用レベルやコストが同じ以上なんだか残念なカードに思えてしまいます。


先に登場したばっかりに残念です;;
昨日のもそうですけど、他にもこういう先に登場したおかげで損しているというか残念になっちゃってるカードってあるんですよね~
ちなみに似たようなカードでこういうのがあります
「Fの遺産」
レベル:1 コスト:0
あなたは自分の山札を上から3枚まで見て、カード名に「フェイト」か「エリオ」を含むキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。残りのカードを控え室に置く。


こちらは特徴ではなくネームで選ぶことになります。
2014/02/11 21:52 残念なカード TB(0) CM(0)
またまた新コーナー、その名も「なんとなく残念なカードたち」
このコーナーは、「どうすればいいの!?そんなカードたち 」ほど役に立たないわけじゃないんですが、なんか他のカードのせいで残念な感じになってしまっているという、所謂劣化カードたちをあげていくコーナーです。
まあ完全な劣化というわけじゃないんですがね^^;

というか、カード見つけてもテーマにあってないと書けませんからね。
それだと折角のネタが・・・
なのでコーナーが増えていくんですよね~w
では本題。


1回目は「涼宮ハルヒの憂鬱」より
「元気な先輩 鶴屋さん」についてです。



「元気な先輩 鶴屋さん」
レベル:0 コスト:0 パワー:1000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:オデコ・八重歯
【永】 他のあなたの、《時間》か《オデコ》のキャラすべてに、パワーを+500。
【自】 あなたのキャラのトリガーチェックでクライマックスがでた時、そのカードのトリガーアイコンが宝@なら、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2000。


《時間》と《オデコ》に対する特徴応援と、クライマックスがトリガーした際、そのトリガーアイコンが宝なら自分のキャラ1体にパワーを+2000することができます。


しかし、最近になってレベル0でついにこんなカードが出ましたね。
「世界の歌姫 マリア」
レベル:0 コスト:0 パワー:500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽・武器
【自】 あなたのキャラのトリガーチェックでクライマックスがでた時、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2000。
【自】 他のあなたのバトル中のキャラが【リバース】した時、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。


こちらはトリガーアイコンに関係なく、クライマックスがトリガーしたら自分のキャラ1体にパワーを+2000することができます。
今まではレベル1以上のキャラがこの能力を持っていたんですが(パンプ値も含めて)ついにレベル0でこの能力を持つキャラが登場しちゃいましたね。
これにより、「元気な先輩 鶴屋さん」のアイデンティティがなくなっちゃいました。
もう1つの能力を比べてみても
「元気な先輩 鶴屋さん」は特徴応援
「世界の歌姫 マリア」は自分のキャラがリバースしたら自分のキャラ1体に1000パンプ
と一見特徴応援を持っている「元気な先輩 鶴屋さん」の方が安定していていいように見えるかもしれませんが対象特徴がタイトル内でもマイナーなため、それだったら「世界の歌姫 マリア」の方が、1つ目の能力と相まって、自ターン相手ターンともに相手に負担をかけられるのでいいかなと自分では思ってます。


とまあこんな感じで書いていこうかなと思います。
あんまりあげたカードについては触れてませんねw
2014/02/10 23:59 残念なカード TB(0) CM(0)
65回目は「Fate」より
「戦闘態勢バゼット」についてです。



「戦闘態勢バゼット」
レベル:2 コスト:1 パワー:8000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:マスター・男装
【自】 あなたのクライマックス置場に「斬り抉る戦神の剣」が置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を、このカードの下にマーカーとして置いてよい。
【自】[(3) このカードの下のマーカーを1枚控え室に置く] 相手のクライマックスがクライマックス置場に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたはこのカードの正面のキャラを1枚選び、控え室に置く。


クライマックスシナジーによりマーカーを1枚ためられます。
そして相手がクライマックスを使った時に3コストとこのカードのマーカー1枚をコストとして払うことで、このカードの正面のキャラを除去できます。
コストが重く、クライマックスシナジーによりマーカーをためなけらばならず、さらにクライマックスシナジーを発動させたところで効果がすぐに現れるわけではないと、なにかと使いづらいところがありますが、なかなか面白い効果だと思いました。

まずクライマックスシナジーによりマーカーをためなければならないという条件がありますが、それさえ出来れば相手のクライマックスの使用を抑制できるかもしれません。
クライマックスを使えば、このカードの正面のキャラを除去されるわけですからね。
またこの除去には制限がないため正面にいればどんなキャラでも除去できます。
しかし除去は除去。 タイミング的にもメインフェイズは終了しているため、なにかクライマックスシナジー等によりキャラを持ってくる方法が無ければ、相手のアタック回数を1回減らせます。
たとえアンコールされたとしてもレスト状態になるためやはりアタック回数は1回減らせます。


そう考えるとなかなかこのカードも面白いのではないのでしょうか?
クライマックスの使用の抑制もしくはアタック回数1回減&1体除去ですからね^^
もっとも、クライマックスを使わずにこのカードよりも強いカードでアタックするか、普通にイベント等で除去するかすればいいんですけどね^^;
今はもう使ってないデッキですw
なのはStrikerSのみで構成しています
まあMOVIE 1st以降タイトル内で《メカ》持ちのキャラ出てないしね。
このデッキもその時しか使ってなかったし、別に新しいカード入れる必要ないかなって。


「メカデッキ」
使用タイトル:魔法少女リリカルなのは


レベル0 16枚
・赤
 戦技教導官なのは×4
 姿偽る諜報者ドゥーエ×4


・緑
 ティアナ・ランスター×4
 スバル・ナカジマ×4



レベル1 17枚
・赤
 幻惑の使い手クアットロ×2
 ママ、いい子×2(イベント)


・緑
 キャリバーズ スバル&ギンガ×4
 オットー&ディード×2
 なのは&スバル×3
 ルーテシア・アルピーノ×1
 スカリエッティの秘書ウーノ×3



レベル2 9枚
・赤
 次元犯罪者スカリエッティ×1


・緑
 ギンガ・ナカジマ×3
 フロントアタッカー スバル×3
 ノーヴェ&ウェンディ×2



クライマックス 8枚
・緑
 ディバインバスター×4
 最後の模擬戦×4


赤:13 緑:37


コンセプト

「次元犯罪者スカリエッティ」「スカリエッティの秘書ウーノ」「幻惑の使い手クアットロ」の3体を展開し、《メカ》持ち全員に手札アンコールを付与して戦おうというデッキです(つまりネタデッキですw)


キーカード

「次元犯罪者スカリエッティ」
レベル:2 コスト:1 パワー:7000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:科学
【永】 他のあなたの《メカ》のキャラ1枚につき、このカードのパワーを+500。
【永】 他のあなたの「スカリエッティの秘書ウーノ」がいるなら、このカードは『【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く]』を得る。


一応このデッキの主役?的なカードです。
他の自分の《メカ》のキャラ1体につき500パンプされますが、自分は《メカ》を持ってないので複数展開すると逆に弱くなっちゃいます。
なので1枚しか入れてません。
また「スカリエッティの秘書ウーノ」が手札アンコールを持ち、「スカリエッティの秘書ウーノ」が手札アンコール持ちパワー+1000の応援を持っているため、基本的に10000も手札アンコール持ちになります(今じゃ微妙なのかな)


「スカリエッティの秘書ウーノ」
レベル:1 コスト:1 パワー:3500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:メカ・秘書
【永】 応援 このカードの前のあなたの『【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く]』を持つキャラすべてに、パワーを+1000。
【永】 他のあなたの、「次元犯罪者スカリエッティ」と「幻惑の使い手クアットロ」がいるなら、他のあなたの《メカ》のキャラすべてに、『【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く]』という能力を与える。


「次元犯罪者スカリエッティ」「幻惑の使い手クアットロ」が入れば他の自分の《メカ》のキャラに手札アンコールが付与されます。
効果を発動させることが出来れば、自身の応援能力でパワーも上げることができます。


「幻惑の使い手クアットロ」
レベル:1 コスト:1 パワー:3500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:メカ・メガネ
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、次の能力を与える。『【自】[(1)] このカードが【リバース】した時、このカードとバトルしているキャラのレベルがこのカードのレベル以下なら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたはそのキャラを【リバース】する。』
【起】[(1)] あなたは自分の《メカ》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。ターンの終わりに、そのキャラを控え室に置く。


応援によりレベル相討ちを付与します。
この3体の中では一番汎用的だと思います。
なので他のデッキでも入るかもしれません。


「姿偽る諜報者ドゥーエ」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:メカ・秘書
【自】[(2)] このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の《メカ》のキャラを1枚選び、手札に戻す。


このデッキ内でしたらほとんどのカードを回収できます。
しかし、回収タイミングが『舞台から控え室に置かれた時』なため、助太刀以外はすぐには使えません。
そのかわり自身も対象にとることができるため、擬似的な2コストアンコールとしても運用することもできます。


「ルーテシア・アルピーノ」
レベル:1 コスト:0 パワー:3500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・メカ
【自】[(2)] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を見て《メカ》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。その山札をシャッフルする。


こちらはサーチになっています。
ただしレベル1なのが少しネックかな?


「ママ、いい子」
レベル:1 コスト:2
あなたは自分の控え室のキャラを3枚まで選び、手札に戻し、自分の手札を2枚選び、控え室に置く。


上2枚でダメなら最終的にこれを使うんですけどね。
これなら「次元犯罪者スカリエッティ」も回収できますし(というかそのために入れている)


動かし方

・レベル0帯
出してアタックするだけです。

・レベル1帯
レベル置場にはなるべく赤を置きたいですね。 少ないですから。
ここも出してアタックするだけですかね^^;
パワーが低いので「幻惑の使い手クアットロ」を出して相討ちしながらか、もしくは「オットー&ディード」「スカリエッティの秘書ウーノ」で攻めていくしかないですかね。

・レベル2帯~
「次元犯罪者スカリエッティ」が出せるので、ここでようやく全体に手札アンコールが付与されます。
今までと違い「ギンガ・ナカジマ」「フロントアタッカー スバル」とアタッカーは少しはマシなレベルになっていると思います。


まあ古いデッキですからね^^;
たぶんもう使いませんし・・・
2014/02/08 23:53 旧デッキ紹介 TB(0) CM(0)
こういう嫌がらせなデッキ好きですw


「和泉子バウンス」
使用タイトル:D.C.


レベル0 18枚
・赤
 お月見 由夢×4
 お料理上手 姫乃×3
 水着の美春×4


・青
 小悪魔 杏×4
 アツアツな二人 萌×3



レベル1 20枚
・赤
 愛にひたむき 美琴×4
 ゆず&慎×3
 Yシャツの美夏×2


・青
 星に願う杏×4
 水着のアリス×3
 小川で遊ぼう!×4(イベント)



レベル2 4枚
・黄
 水着の和泉子×4



クライマックス 8枚
・黄
 存在のなくなる日×4
 最後の時間×4


赤:20 青:18 黄:12


コンセプト

「小川で遊ぼう!」の効果を使い、「水着の和泉子」「愛にひたむき 美琴」の効果を確実に成功させ、さらにこれにバウンストリガーも合わせて相手の盤面を滅茶苦茶にしつつ、空いたダイレクト枠にアタックしてダメージレースで勝とうというデッキです。


キーカード

「小川で遊ぼう!」
レベル:1 コスト:0
あなたは2枚まで引き、自分の手札を2枚選び、山札の上に置く。


このカードが無ければ話にならない。
それぐらい重要なカードです。
クライマックスとこのカードがあれば効果発動の条件が不確定な「水着の和泉子」「愛にひたむき 美琴」の効果が確定で使用できます。
効果発動が不確定でさらに発動しにくい分、効果は強力なものです。


「水着の和泉子」
レベル:2 コスト:1 パワー:6500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:宇宙人・水着
【自】 このカードがアタックした時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、あなたは相手のキャラを2枚まで選び、手札に戻す。(公開したカードは元に戻す)


ノーコスト2体バウンスはやはり強いです。
パワー関係ありませんからね。
さらにこのデッキのクライマックスはすべてバウンストリガーとなっているので合計3体バウンスができます。


「愛にひたむき 美琴」
レベル:1 コスト:0 パワー:5500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:新聞・愛
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、あなたは相手の前列のレベル1以下のキャラを1枚選び、控え室に置く。そうでないなら、そのターン中、このカードのパワーを-1500。(公開したカードは元に戻す)


基本「小川で遊ぼう!」「水着の和泉子」のために手札にとっておくのだが、余裕があるときはこのカードに使い、レベル1でも盤面を滅茶苦茶にしていけるように(余ってるのはもったいないもんね^^)


キーカードはこれだけですが、このデッキは他の「D.C.」では使われていないようなカードが結構入っていると思うので、それらも書いていこうと思います(キーカード以外も書くのは久しぶりだわ~)
ちなみにそれらのカードはキーカードを補佐するようなカードで同じく結構重要なカードとなっています。
「お月見 由夢」
レベル:0 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・だんご
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札を上から1枚見て、山札の上か控え室に置く。


「小悪魔 杏」
レベル:0 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・水着
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札を上から1枚見て、山札の上か下に置く。


「星に願う杏」
レベル:1 コスト:0 パワー:4500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:和服・演劇
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札を上から2枚まで見て、山札の上に好きな順番で置く。


「小川で遊ぼう!」がなかったとしても、これらのカードを使えばもしかしたら効果を使うことができるかもしれないので入れています。


「水着のアリス」
レベル:1 コスト:1 パワー:1000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:人形・水着
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札を上から1枚を公開する。そのカードが自分のレベル以下のレベルのキャラなら、舞台の好きな枠に置いてよい。(そうしないなら元に戻す)


このデッキは手札を増やす手段がドローフェイズとクロック2ドローしかないため、このカードを使って手札の損失を抑えます。
また黄色のカードが少ないため、色発生ができなかったとしてもこのカードの効果で「水着の和泉子」を出すことができます。
仮に効果が不発になったとしても、トップチェックしたカードがクライマックスならそのまま「水着の和泉子」「愛にひたむき 美琴」につなげばいいですし、「小川で遊ぼう!」だった場合は後述のカードで回収しますから。


「水着の美春」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:バナナ・水着
【起】[このカードを【レスト】する] あなたは自分の控え室の《人形》のキャラを1枚選び、手札に戻す。あなたは自分の手札を1枚選び、控え室に置く。


このデッキでは「水着のアリス」専用の回収カードです。
手札入れ替えとはいえノーコストで回収できるためかなり便利です。
基本的に「水着のアリス」はすぐやられてしまうため毎ターン効果を使っていきます。
よって「水着のアリス」も毎ターン効果を使っていけるわけです。


「アツアツな二人 萌」
レベル:0 コスト:0 パワー:500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽・鍋
【永】 他のあなたの《鍋》のキャラすべてに、パワーを+500。
【起】[(1) このカードを【レスト】する] あなたは2枚引き、自分の手札を2枚選び、控え室に置く。


「小川で遊ぼう!」を持ってきやすくするためのカードです。
また手札にクライマックスを抱え込んでしまう以上、クライマックス処理ができるカードということでも入れています。


「お料理上手 姫乃」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:新聞
【起】[(1) 手札のクライマックスを1枚控え室に置く] あなたは自分の控え室のキャラを1枚選び、手札に戻す。


こちらもクライマックス処理を目的に、そして低コストでの回収ができるということで入れました。


「Yシャツの美夏」
レベル:1 コスト:1 パワー:3500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:メカ・バナナ
【永】 他のあなたの「雪村 杏」すべてに、パワーを+1000。
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、次の能力を与える。『【自】[(1)] このカードが【リバース】した時、このカードとバトルしているキャラのレベルがこのカードのレベル以下なら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたはそのキャラを【リバース】する。』


基本的にバウンスをしていくのですが、さらなる追い討ち的な感じで入れています。
バウンスは「水着の和泉子」が登場できるレベル2からがメインになります(クライマックスのトリガーは別として)
レベル2ということは早出ししてきてレベル3のキャラが出てくると思います。
一見意味がないように見えますが、そこをバウンスしていくと、多分相手は早出ししてこなくなります。
こちらのパワーが低いので別に無理してこないんじゃないかな~って。
そこを相討ちしてダイレクト枠を作るために入れています。


動かし方

・レベル0帯
出してアタックするだけです。
「愛にひたむき 美琴」「ゆず&慎」がいることを考えると、相手を先上がりさせたほうがいいと思います。

・レベル1帯
「ゆず&慎」「愛にひたむき 美琴」でなるべく相手にも被害を与えながらアタックしていきたいです。

・レベル2帯~
「水着の和泉子」でバウンスしまくりましょうw


動かし方としてはこんな感じでw
やりたいことをやるだけです。
しかし、バウンスに特化しているため回収やサーチ、回復やバーン等は出来ません(回収はさすがに少しはできるが)
またクライマックスも「水着の和泉子」の効果の仕様上、ストックにバンバン流れてしまうため、面白いですけどこのデッキ勝てませんw
2014/02/07 19:16 旧デッキ紹介 TB(0) CM(0)
ちょっとだけ改良?してみました。


「ことりデッキ」
使用タイトル:D.C.


レベル0 18枚
・赤
 お料理上手 姫乃×2


・黄
 新しい魔法 リッカ×1
 甘いひととき 音姫×2


・緑
 白河 ことり×4
 水着の小恋×2
 大好きな歌 ことり×3
 胸のドキドキ みっくん×4



レベル1 14枚
・赤
 ホワイトクリスマス×2(イベント)


・青
 水着の杏×4


・緑
 二人だけのデート ことり×4
 想いを言葉に ことり×4



レベル2 6枚
・緑
 ショッピング中のことり×3
 それぞれの想い ななか×3



レベル3 4枚
・赤
 溢れる気持ち 音夢×4



クライマックス 8枚
・赤
 誓いのキス×4
 美春のオルゴール×4


赤:16 青:4 黄:3 緑:27


・入れたカード 5枚
「甘いひととき 音姫」×1
「溢れる気持ち 音夢」×4

・抜いたカード 5枚
「桜色の奇跡 ことり」×2
「変わらない故郷 小恋」×3

改良前はこちら→ことりデッキ ver2


・「甘いひととき 音姫」を増やした理由
「甘いひととき 音姫」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・生徒会
【自】[(1) 手札を1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を見て《魔法》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。その山札をシャッフルする。


サーチは重要ということで増やしました。
「ことりデッキ」ということで《音楽》メインではありますが《魔法》持ちも多いのでそういう意味でも増やしてみました。


・「溢れる気持ち 音夢」を入れた理由
「溢れる気持ち 音夢」
レベル:3 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:魔法・ドレス
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置いてよい。
【自】[(1) 手札を1枚控え室に置く] あなたのクライマックス置場に「誓いのキス」が置かれた時、前列にこのカードがいるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは相手のコスト1以下のキャラを1枚選び、山札の上に置き、そのターン中、このカードのパワーを+2000。


「変わらない故郷 小恋」と入れ替える形で入れました。
《音楽》は持っていませんが、レベル3ということで登場は終盤。
終盤にもなると「胸のドキドキ みっくん」はほとんど機能しなくなります(お勤めご苦労さまでした)
なので《音楽》である必要がなくなります。
それよりかは「甘いひととき 音姫」でサーチができるように《魔法》持ちの「溢れる気持ち 音夢」を入れてみました。
クライマックスシナジーも狙えますしね。


他に抜いたカードとして
「桜色の奇跡 ことり」については、正直ほとんど出番がなかったので抜きました。
ほとんどの場合「二人だけのデート ことり」で終盤までもってしまうのでw


これでこのデッキはほとんど完成って感じかな?
とりあえずは当分このままでいこうかなと思っています。
2014/02/06 15:35 旧デッキ紹介 TB(0) CM(0)
20回目は「ペルソナ」より
「タロットの報せ マーガレット」についてです。



「タロットの報せ マーガレット」
レベル:0 コスト:0 パワー:1500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・占い
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札を上から1枚見て、山札の上か下に置く。
【自】[(2)] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは1枚引く。


手札から登場した時に、山札の上から1枚を見て上か下置け、さらに2コスト払うと1ドローできます。
同時に2つの自動効果が発動するので自分の好きな順で効果を解決することができます。
基本的には山札の上から1枚を見てからドロー効果を使うかどうかを決めるかと思います。
つまり、効果が完結しているんですよね。
山札の上から1枚を見てから、それが欲しいと思ったらそのまま2コスト払って持ってこれるんですから。
なかなかいいカードだなと思いました。


最近忙しいんです>< 勘弁してください(;へ:)(うすうす今日のカード考察とやってること変わんないなとは思ってた)
64回目は「ペルソナ」より
「“必殺の蹴り”千枝」についてです。



「“必殺の蹴り”千枝」
レベル:1 コスト:0 パワー:6000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:スポーツ・メガネ
【自】 このカードのバトル相手が【リバース】した時、あなたはそのキャラを思い出にする。


1/0/6000のオーバースペックでありながら能力持ちのキャラです。
その能力というのはこのカードのバトル相手がリバースしたら思い出に飛ばすというものです。
オーバースペックのキャラなのにデメリット能力って感じがしないのですが^^;
思い出に飛ばすので当然アンコールは不可です。
またストックに飛ばすのと違い目に見えて相手にプラスになるようなものでもないと思います。
なのに普通のバニラより500もパワーが高い。 ずるいです。

しかし強制効果。
そこは相手も利用してきます。
思い出に飛ばすということなので、記憶を使うデッキでは逆利用されてしまいますね。
また今後使わないキャラをチャンプアタックとしてこのカードにぶつけてデッキの圧縮につなげようともするでしょう。

ですが、そうは言っても記憶を使うデッキは元々記憶達成のためのギミックは用意してます(当然ですけど)
なのでこのカードのせいで相手の記憶発動を助けてしまったということはあまり感じないと思います(元々達成させるように作られているので)
圧縮に利用されるとはいってもストックとは違い効果が実感しにくいものですし、飛ばせてもそれほどの数にはならないかと。

なので利用されるとは言ってもそれほどでもないように思うんですよね。
それよりはやはり、パワーを上げたりして相手の主要キャラに対してアタックしに行って完全に除去したり、助太刀を使わせるかの2択を迫らせられるというメリットの方が大きいと思います。
仮に助太刀で返されてもこちらは0コストキャラですし。


ということでやっぱりなんかずるいです><
63回目は「ギルティクラウン」より
「不意打ち 集」についてです。



「不意打ち 集」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:葬儀社・武器
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の手札を公開してよい。そうしたら、それらのカードにレベル0以下のキャラがないなら、あなたは自分の山札を見て「学園の集」を1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、自分の手札を1枚選び、控え室に置く。その山札をシャッフルする。


条件を満たせばノーコストでキャラをサーチできます。
まあその後手札を1枚捨てることにはなりますが。
それでも条件を満たせばサーチが行えるのは魅力的かなと。
確定でキャラを持ってくることができますし、山札を見ることができますからね。

しかし条件が厳しい。
手札から登場したときに、手札を公開し、そこにレベル0以下のキャラがなければというのが条件です。
ノーコストとはいえ手札を公開するのは痛いと思います。
手札を公開しなければならないので後半になるほど使いにくくなると思います(ダメージレース的に)
なので使うとしたらレベル0だけかと思います。
サーチで持ってくるキャラは状況的に合うキャラをサーチできるのですが、手札を公開してしまうのでキャラの数がわかってしまい、5止めされたり、またクライマックスが運悪くたまっていた場合は、その後一気に攻められたりと、通常のコスト以上にきついものを払うことになると思います。


せめて手札は捨てなくてもよかったのでは^^;
ちなみにサーチできるキャラはこちら
「学園の集」
レベル:0 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:特徴なし
【永】 他のあなたのキャラが1枚以下なら、このカードのパワーを+1500。
140202_204506.jpg

なんとなくだけど写真撮ってみた。
基本使わないけど最近買っちゃったスリーブたち(もうちょっと買う予定)
もちろん他にも使ってないスリーブはある<( ̄^ ̄)>エッヘン
で・だ、置き場所に困っている(;へ:)
これどけないとカード整理ができない(ストレージの上に乗っけてた)
まあすぐになんとかなると思うが・・・

ちなみに自分が使わないけど買っちゃうスリーブというのは・・・
やっぱりかわいいのとか
パンチラあるのとか
にいっちゃうよね~w

それ以外だとだね。
 いいよね~
良い色だよね~
この中だとわかばのスリーブがそれだね。
キャラじゃなくて色で選んでしまったよ。 っはっはっはっは
はぁ~もっと由夢のスリーブ買っとけばよかった・・・(あと何書いてるんだろ自分・・・まあ消さないがw)


vol2
2014/02/02 21:04 カードサプライ TB(0) CM(0)
これも結構前からデッキ内容変わってましたw
なので一応今のを書いておこうかなと。


「フェイトデッキ」
使用タイトル:魔法少女リリカルなのは


レベル0 20枚
・赤
 もぐもぐヴィータ×4
 シュワルベフリーゲン ヴィータ×2
 突然の襲撃 なのは×2


・青
 お寝坊さん シャマル×2
 サポート役 シャマル×1


・黄
 代わりの人形フェイト×3
 久しぶりの再会 フェイト×2
 使い魔アルフ×4



レベル1 12枚
・赤
 誰も傷つけないように×2(イベント)


・黄
 勝利宣言 フェイト×3
 新たなる力 フェイト×3
 ソニックドライブ フェイト×3


・緑
 マリエル・アテンザ×1



レベル2 3枚
・黄  
 理想の家族 フェイト×3



レベル3 7枚
・黄
 雷の帰還 フェイト×4
 “雷光”フェイト×1
 守るべきもの シグナム×2



クライマックス 8枚
・赤
 エクセリオンバスター×2
 未来に帰る方法×2
 エクセリオンバスターA.C.S×4


赤:18 青:3 黄:28 緑:1


・入れたカード 16枚
「お寝坊さん シャマル」×1
「代わりの人形フェイト」×3
「もぐもぐヴィータ」×4
「誰も傷つけないように」×2
「勝利宣言 フェイト」×1
「“雷光”フェイト」×1
「エクセリオンバスターA.C.S」×4

・抜いたカード 16枚
「シュワルベフリーゲン ヴィータ」×1
「無限書庫司書長ユーノ」×1
「シュランゲフォルム シグナム」×2
「友達のために フェイト」×4
「ママ、いい子」×2
「感謝の気持ち アルフ」×2
「ぶち抜けー!」×4

改良前はこちら→フェイトデッキ ver2


・「代わりの人形フェイト」「もぐもぐヴィータ」を入れた理由
「代わりの人形フェイト」
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・クローン
【自】 バトル中のこのカードが【リバース】した時、あなたは自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。


「もぐもぐヴィータ」
レベル:0 コスト:0 パワー:3500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・人形
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードが《魔法》のキャラでないならクロック置場に置く。(そうでないなら元に戻す)


レベル0帯を強くするために入れてみました。


・「“雷光”フェイト」を入れた理由
「“雷光”フェイト」
レベル:3 コスト:2 パワー:9500 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:魔法・クローン
【永】 このカードは相手の効果に選ばれない。
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたのキャラすべてに、そのターン中、ソウルを+1。
【自】 あなたのクライマックス置場に「理想との決別」が置かれた時、前列にこのカードがいるなら、あなたは相手の控え室のカードを2枚まで選び、山札に戻す。その後、その山札をシャッフルし、そのターン中、このカードのパワーを+3000。


クライマックスがなくても全体ソウルパンプによるワンチャンが作れるため入れてみました。
「守るべきもの シグナム」のショット効果とも相性がいいですし。


・「誰も傷つけないように」に入れ替えた理由
「誰も傷つけないように」
レベル:1 コスト:1
あなたは自分の控え室の《魔法》のキャラを1枚選び、手札に戻す。
あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。


「ママ、いい子」と入れ替えで入れてみました。
「マリエル・アテンザ」は回収できなくなりましたが、「感謝の気持ち アルフ」も抜いたことですし、それほど助太刀も必要ないかなと思い、また「使い魔アルフ」が回収できればいいかなということで、コストが軽いこちらを入れてみました。
1/1キャラを使うということも入れ替えた理由の1つでもあります。


・「お寝坊さん シャマル」を増やした理由
「お寝坊さん シャマル」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法
【自】[(1) 手札を1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を見て《魔法》かカード名に「はやて」を含むキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。その山札をシャッフルする。


サーチというのを重要だと思ったので増やしてみました。
サーチをすることにより目的のカードを持ってくるだけでなく、非公開領域である山札の中を知ることができるのが重要だと思ったので。
このデッキはストックブーストやマーカー等を扱いませんが、正確なクライマックスの数やだいたいのカードの種類、それによるトリガーなどが知れるのは重要かなと(何回も書いてるけど)


・「勝利宣言 フェイト」を増やした理由
「勝利宣言 フェイト」
レベル:1 コスト:0 パワー:5500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・クローン
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードが《魔法》のキャラなら、そのターン中、このカードのパワーを+2000。(公開したカードは元に戻す)
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の【スタンド】しているカード名に「フェイト」か「アルフ」を含むキャラを1枚選び、【レスト】する。


レベル1においての0コストキャラを増やしたかったということで増やしてみました。
ただ、デメリット効果が一応ありますのでもしかしたら枚数を2枚に戻すかもしれません。


あとは抜いたカードについて
「シュワルベフリーゲン ヴィータ」は、それほど効果を使うことがないかなということで数を減らしました。
「シュランゲフォルム シグナム」については、「使い魔アルフ」の回収という部分が強かったのですが、後列キャラを持ってくるために使うものではないので抜きました。
「無限書庫司書長ユーノ」については、これも「使い魔アルフ」の回収のためというのが主な理由で入ってましたが、手札・控え室・山札・ストックどこにもなく、クロックにしかないというのは、やはりレアケースだったためそこまで起こってしまったのならもう諦めます、ということで結局抜きました。
「友達のために フェイト」については、相討ち対策も含めてのアタッカーでしたが、別に無理してこのカードでなくても他のシステムキャラでアタックすれば済むかなと思ったため抜きました。


とりあえずこんな感じで今は落ち着いています。
まあ結構前からデッキ内容結構変わってましたw
ただ、最近はこのデッキもあまり使ってませんね(好きなキャラではあるんだけどね)
「ことりデッキ」「和泉子バウンス」「一心同体デッキ」あたりですかね。 最近使っているのは。
2014/02/02 18:25 旧デッキ紹介 TB(0) CM(0)
カレンダー
01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -
今まで見てくれた人
今見てくれている人
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。