ヴァイスシュヴァルツについてのブログです。主にカード考察や特定の能力持ちのまとめ、手持ちのデッキレシピを書いています。(たまに自分のラブライブと艦これ事情等の雑談も)
プロフィール

ハイパーアイクン

Author:ハイパーアイクン
ヴァイスシュヴァルツについて記事を書いていきます。

所持デッキ
■D.C.
 アイシア耐久
 生徒会
 白河ことり軸音楽
 姫乃早出し
 音楽
 杉並アンコール
 
 ほぼさくら単
 「見事なカウンター」
 和泉子バウンス

■魔法少女リリカルなのは
 なのフェイ
 なのは アンコール型
 なのは 大型バーン型
 フェイトビート
 一心同体軸
 夜天はやて
 「湖の騎士シャマル」
 ヴィータビート(ソウル型)
 ヴィータビート(パワー型)
 フェイトビート ファランクス型
 メカ相討ちアンコール

■らき☆すた
 オタク
 双子
 絆ソウルビート

■探偵オペラ ミルキィホームズ
 魔女っ娘シャロ軸
 ハロウィンナイト軸

■艦隊これくしょん -艦これ-
 金剛軸
 はっちゃん守り隊
 初風選抜
 赤城選抜
 響選抜
 夜戦型
 ハイパーズ
 
■ラブライブ!
 僕光軸
 夢にむかってμ's軸
 赤緑
 「アイドル大好き花陽」
 ことり単
 にこ単
 穂乃果単
 真姫単
 海未単
 凛単

■涼宮ハルヒの憂鬱
 赤緑青(安価)

■ソードアート・オンライン
 シリカデッキ

■Angel Beats!

■プリズマ☆イリヤ

■進撃の巨人



mixiもやってます。

最新トラックバック
楽天市場
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
2013年07月
2013/06 2013/07 2013/08
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
「一緒が幸せ シャルル」
レベル:3 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:新聞・生徒会 レアリティ:R
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置いてよい。
【自】 [(3)] あなたのクライマックス置場に「あたたかなところ」が置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは他の自分のキャラを1枚と、このカードを選び、そのターン中、次の能力を与える。「【自】 このカードがアタックした時、相手に1ダメージを与える。」(ダメージキャンセルは発生する)


「あたたかなところ」
レアリティ:CC トリガー:2
【自】 このカードが手札からクライマックス置場に置かれた時、あなたは1枚引き、自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2000し、ソウルを+1。


「D.C.」を使っている身としては「今日のカード」強いなぁ~と思ってしまったので今回は書かせていただきます。
まずバーンとしてはまともなのが出たのかなって感じですかね。
今までは「見事なカウンター」「初めての制服 姫乃」「旅立つエリカ」と一応バーンカードはありましたが、なかなか使いにくかったので^^;
まあ今回のもクライマックスが必要な上にさらに3コストも必要なんですがね。
それも置かれた時なので事前にコストがたまっていないと効果が使えないという・・・

まあコストはかなり重いですがパワー10000でCIP回復とバーン持ちって結構強いと個人的には思っています。
特徴も《新聞》と《生徒会》なので、タイトル内だとかなり使いやすい特徴というのもポイントかと。


「翠星のガルガンティア」と「DOG DAYS'」の方は特に興味なかったので・・・書きません。
スポンサーサイト
2013/07/31 23:54 今日のカード TB(0) CM(0)
いつの間にやらとりあえずの目標であった「最低1ヶ月1日1記事」というのをやり遂げることができました。
なんとか1ヶ月は続いたんで、たぶんこれから先も大丈夫でしょうw

なにかテーマを決めて考察というかまとめとかするとなんとか続きそうな気がする。
一応次のテーマは決まっているのでそのうちやります。


たまにはこういうひとりごとで1記事終了ってことにしたいw
2013/07/31 04:17 その他 TB(0) CM(0)
7回目は「魔法少女リリカルなのは」より
「シュワルベフリーゲン ヴィータ」についてです。



「シュワルベフリーゲン ヴィータ」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・人形
【自】 加速 [あなたの山札の上から1枚をクロック置場に置く] あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、このカードのパワーを+1000し、このカードは次の能力を得る。『【自】[(1)] このカードのバトル相手が【リバース】した時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の《魔法》のキャラを1枚選び、手札に戻す。』


『加速』を使うことにより、1000パンプしつつ、相手を倒せば1コストで《魔法》キャラを回収できます。
パワー的に序盤でしか能力を使うことはないと思いますが、序盤から控え室にカードがあるかというと・・・
このカードを使う場合は積極的にマリガンをして、あらかじめカードを落としておく必要があるかと思います。

序盤で引ければ『加速』により先上がりを狙いつつ、低コストで手札を増やせるのでいいカードだと思うんですけどね~
また「ヴィータ」なので「湖の騎士 シャマル」によるソウルパンプを受けられますので、「湖の騎士 シャマル」が入っていればですけど、最悪ソウルパンプを受けれるチャンプアタッカーとしてもいけます。
6回目は「D.C.」より
「水着のアリス」についてです。



「水着のアリス」
レベル:1 コスト:1 パワー:1000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:人形・水着
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札を上から1枚を公開する。そのカードが自分のレベル以下のレベルのキャラなら、舞台の好きな枠に置いてよい。(そうしないなら元に戻す)


不確定ではありますが、成功すればそのままキャラを舞台に登場させることができます!
しかもノーコストで!!
まあこのカードの登場に1コスト払っていますが1コストと手札1枚でキャラが2体出れるのであればいいほうでしょう。

効果の仕様上、後半になればなるほどキャラが登場しやすくなります。
成功すればそのキャラが本来登場に必要なコストは払う必要はありません。
効果の発動にコストもかかりません。
またキャラの効果での登場ですので色条件も満たしていなくても登場できます。

手札1枚(と1コスト)でキャラが2体登場できるので良さそうに見えますが、やはり効果の仕様上不確定なのと、成功してもCIP効果持ちの場合CIP効果が無駄になるところ、このカードともう1枠空いてないと効果が成功してもうまみがないこと、なによりデッキトップに目的のカードあるなんてことほとんどないことがあり、ほとんど使われていません。

ですがもしこのカード活かすのであればこんなカードと併用してみるといいのではないでしょうか?
「小川で遊ぼう!」
レベル:1 コスト:0
あなたは2枚まで引き、自分の手札を2枚選び、山札の上に置く。


「花より団子 音夢」
レベル:1 コスト:0 パワー:3500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・だんご
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の控え室の《魔法》のキャラを1枚選び、山札の上に置いてよい。


これらを使えば出したいカードをローコストで出すことができます(今のところ使用用途はそんな感じかな あと色無視できるところ)
初音ミク -Project DIVA- f

レベル1
「鏡音リン“弐ノ桜・胡蝶”」
レベル:1 コスト:1 パワー:1500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:音楽・和服
【自】 あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードが《音楽》のキャラなら、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。(公開したカードは元に戻す)
【起】【カウンター】 助太刀1500 レベル1 [(1) 手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500)


よくある条件付きで2500の値を出せる助太刀ですね。
似たカードに「白河 ななか」がありますが、あちらとは違い振り分けることができます。
そのかわりこのカード自身のパワーが500低くなってます(助太刀だからあまり関係ないが)


レベル2
「ハイハハイニ」
レベル:2 コスト:1
【カウンター】 このカードは、あなたの《音楽》のキャラがいないなら、手札からプレイできない。あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+4000。


「ポーズレッスン」と同じ条件で4000の価を出せます。
タイトル内でしたら全員《音楽》持ちなので「アイドルマスター」同様、条件はないに等しいですね。


「ミラクルペイント」 ※2014/7/25追加修正
レベル:2 コスト:1
【カウンター】 集中 あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2000。あなたは自分の山札の上から3枚をめくり、控え室に置く。それらのカードにクライマックスがあるなら、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2000。


「サイトの意地」と同じ集中式のカウンター。
集中が成功すれば上のカードと同じ4000の値を出すことができます。
また振り分けることもできます・・・が集中が成功するかしないかで値が変わるというのはカウンターとしては扱いづらいですよね^^;


おまけ
レベル0
「KAITO“ホワイトブレザー”」 ※2015/1/13追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽
【自】 あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたは自分の《音楽》のキャラを1枚選び、そのターン中、レベルを+1。
【起】【カウンター】 助太刀1000 レベル0 [手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000)


助太刀使用時に自分の《音楽》のキャラ1体にレベルパンプを行えます。
相討ち対策しつつ助太刀でキャラを守るとうまくいけば2体をこの助太刀1枚で守れるかもしれませんが・・・1000助太刀なので実際は難しいところだと思います(デッキに入るかどうかもですし^^;)


・初音ミク -Project DIVA- f
レベル0:1000
レベル1:2500
レベル2:4000



Part38←前 次→Part40
まとめ
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 まとめ



※2015/1/7修正 1記事につき1タイトルごとに変更
12回目の今回は「アクセル・ワールド」から登場した『加速』についてです。
現状このキーワード能力で最後となります。


『加速』とは
クライマックスフェイズの始めに山札の上から1枚をクロックに置くことにより発揮される能力です。

比較的まだ新しく出てきたばかりなので数が少ないです。
1ダメージ受けるだけあって効果は強力なものが多いです。


今までに登場した『加速』の種類
■パワー+系
・そのターン中自身のパワー+3500
・そのターン中自身のパワー+4500
・次の相手のターンの終わりまで自身のパワー+2500
・次の相手のターンの終わりまで自身のパワー+3000
・自分のキャラ1体選んでそのターン中パワー+1500
・他の自分の《武器》のキャラ1体選んでそのターン中パワー+2500
・自分のキャラすべてに相手のターンの終わりまでパワー+1000

■パワー+α系
・そのターン中自身のパワー+1500 ソウル+1
・そのターン中自身のパワー+2500 ソウル+1
・そのターン中自身のパワー+3000 レベル+1
・そのターン中自身のパワー+1000 相手リバースさせたら1コスト払って《魔法》キャラ1体回収
・そのターン中自身のパワー+1500 相手リバースさせたらそのキャラトップ送り
・そのターン中自身のパワー+3000 1ドロー1ディス

■その他
・相手の前列のレベル2以下1体バウンス
・相手のレベル3以下1体バウンス
・自分の控え室の「クワイアー・チャイム」1枚回収

今のところパワー上昇系が多いですが、まだまだこれからいろいろな効果が出てくると思います。


また『加速』を使ったときに発揮させる能力があります。
「クッションの海 チユリ」
レベル:1 コスト:0 パワー:1500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:アバター・動物
【永】 他のあなたのキャラすべてに、パワーを+500。
【自】[(1) あなたの【スタンド】しているキャラを2枚【レスト】する] あなたが『加速』を使った時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置く。


「鍛冶屋のリズベット」
レベル:0 コスト:0 パワー:500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:アバター・武器
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+500。
【自】[このカードを【レスト】する] あなたが『加速』を使った時、このカードが【スタンド】しているなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500。


『加速』を使わなかったとしても、どちらも500パンプの支援効果がありますので腐ることはないでしょう。
「クッションの海 チユリ」は『加速』のコストを1クロックから1コストと2体レストに置き換えることができます。
「鍛冶屋のリズベット」は、パワー上昇系が多い『加速』の効果にさらに上乗せで1500パンプすることができます。
もちろん『加速』を使ったキャラじゃなくてもいいです。


今回で「キーワード能力」に関しては終わりになります。
また新しく出てきたらやりますけどね。
2013/07/27 23:33 キーワード能力考察 TB(0) CM(2)
11回目の今回は「Rewrite」から登場した『シフト』についてです。


『シフト』とは
この能力を持っているキャラがクロック置場にあるとき、メインフェイズの始めにレベル条件を満たしていれば、この能力を持っているキャラを手札にあるこの能力を持っているキャラと同じ色のカードとで入れ替えることができる能力です。

つまり、この能力を持っているキャラは回収範囲が広がるってことです。
ほとんどのデッキは、控え室からの回収や、山札からのサーチを行えるカードを入れていると思いますが、クロックのカードを回収するカードまで入れているデッキは少ないと思います(入れる枠がないからね)
この能力を持っているキャラは自己でクロック回収ができるので便利ですね。

『シフト』持っていると、クロックフェイズ他に置くものがなかったらとりあえずクロックして2ドロー、その後引いたカードの中に同じ色で今は使わないカードがあったら『シフト』してしまうなんてことができますね。
また『あなたのキャラが手札からクロック置場に置かれた時』で発動する効果も『シフト』を使えばクロック2ドローをしなくても発動させることができます。


また『シフト』を使うことにより発揮する能力があります。
「運命を受け入れる涯」
レベル:1 コスト:1 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:葬儀社・武器
【永】 あなたのターン中、他のあなたのキャラすべてに、パワーを+1000。
【自】 この能力は1ターンにつき1回まで発動する。あなたが『シフト』を使った時、次の相手のターンの終わりまで、このカードは『【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+500。』を得る。


「迷いを見抜くいのり」
レベル:2 コスト:1 パワー:3000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:音楽・葬儀社
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+1000。
【自】 この能力は1ターンにつき1回まで発動する。あなたが『シフト』を使った時、次の相手のターンの終わりまで、このカードは次の能力を得る。『【永】 他のあなたのキャラすべてに、パワーを+500。』


「悲痛な叫び いのり」
レベル:2 コスト:2 パワー:8000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:音楽・葬儀社
【自】 この能力は1ターンにつき1回まで発動する。他のあなたの『シフト』を持つキャラが手札から舞台に置かれた時、次の相手のターンの終わりまで、このカードのパワーを+2000。


3種類とも「ギルティクラウン」です。
1つだけ『シフト』を使ったときではありませんが、関連はしているので。
上2つは『シフト』を使っただけで相手ターンの終わりまで500パンプの支援能力を得ることができます。
たかが500ですが元々のパワーパンプの支援能力もありますので決して馬鹿にはできないでしょう。
2013/07/26 23:28 キーワード能力考察 TB(0) CM(0)
10回目の今回は「MELTY BLOOD」から登場した『経験』についてです。


『経験』とは
レベル置場のカードの内容が指定されている条件を満たしているときに発揮される能力です。

『記憶』に非常に似ており、こちらはレベル置場のカードで判断します。
こちらも現在相手のレベル置場を操作するカードはありませんので、一度条件を達成させるとそのゲーム中はずっと効果を発揮させることができます。
効果を発揮させるには『記憶』同様下準備がいります。
ですので 、『応援』や『アラーム』のようにすぐに効果を発揮させるのは難しいというところも、 また『経験』を発動させることが前提みたいなカードが多く、発動できなかった場合は厳しいところを似てます。

ここからは『記憶』と違い、『経験』を発動させるためにレベル置場にカードを送るのにコストはかかりません。
しかし送る手段がレベルアップのときのみなので、このタイミングで送るカードを見誤ると修正ができないのでそこが『記憶』との違いといったところでしょうか?
一応『あなたは自分のレベル置場のカードと控え室のカードを1枚ずつ選び、入れ替える』という能力もありますので絶対修正が無理ということではないですがね。


『記憶』同様『経験』も自身に効果を及ぼすカードが多いので、まとめることはしません。
が、『経験』持ちに対して効果を発揮する能力持ちはちゃんといましたのでこちらは紹介します。
「江戸っ子 次子」
レベル:0 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:警察・武器
【自】[(2)] このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の『経験』を持つキャラを1枚選び、手札に戻す。


「対怪盗事件捜査チーム 咲」
レベル:1 コスト:1 パワー:3500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:警察・ヘッドフォン
【永】 他のあなたの《警察》のキャラすべてに、パワーを+500。
【起】[このカードを【レスト】する] あなたは自分の、『経験』を持つキャラかカード名に「対怪盗事件捜査チーム」を含むキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2000。


どちらも「探偵オペラ ミルキィホームズ」のキャラです。
一つは『経験』持ちを回収。
一つは『経験』持ちに2000パンプというものです。
回収の方に関しては特徴回収とコストが変わるわけでもないですし、しかも効果が発動するのが『舞台から控え室に置かれた時』なのでちょっと使いにくいかな^^;(《探偵》と《警察》もしくは《怪盗》と《警察》混合とかじゃないと)
もう一つの2000パンプの方に関しては、1体レストで1体に2000パンプってのが強いこともあり、またこの効果の他に《警察》に500パンプもありますので、かなりいいのではないでしょうか?
こちらも混合だった場合でも『経験』持ちを多く含んでいれば問題ありません。
下手に特徴応援にするよりいいかもしれませんね。
2013/07/25 23:22 キーワード能力考察 TB(0) CM(0)
9回目の今回は「D.C. D.C.Ⅱ プラスコミュニケーション」から登場した『記憶』についてです。


『記憶』とは
思い出置場のカードの内容が指定されている条件を満たしているときに発揮される能力です。

基本的にはキャラが持っている能力ですが、『集中』同様に一部のイベントにもこの能力を持っているカードがあります。
イベントの場合は自身を思い出置場に送って、自身が思い出置場にあることによって能力を発揮します。
現在相手の思い出置場を操作するカードはありませんので、一度条件を達成させるとそのゲーム中はずっと効果を発揮させることができます。
しかし思い出にカードを送らなければならないため効果を発揮させるには下準備がいります。
そして基本的に思い出にカードを送るにはコストがかかります。
『応援』や『アラーム』のようにすぐに効果を発揮させるのは難しいということですね。
また『記憶』を発動させることが前提みたいなカードが多いですので、発動できなかった場合は厳しいところがあります。

今回は『応援』『アラーム』『集中』のように今まで登場してきた効果をまとめることはしません。
『応援』『アラーム』『集中』は、多くが自分の多数のキャラに影響を及ぼしたり、他の部分でアドバンテージが取れたりするのでまとめてみたのですが、『記憶』は自身に効果を及ぼすものが多いので、まとめたところであまり意味はないかなと思ったもので^^;

ということで『記憶』持ちに対したり、いることによって発揮する能力を持ったキャラが2種類いるのでそれは紹介しようかなと
「初春の親友 佐天」
レベル:1 コスト:1 パワー:3500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:特徴なし
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+500。
【起】[このカードを【レスト】する] あなたは自分の『記憶』を持つキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000


「“警備員”鉄装」
レベル:0 コスト:0 パワー:500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:先生・メガネ
【自】[手札のクライマックスを1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を見て『記憶』を持つキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。その山札をシャッフルする。


どちらも「禁書目録&超電磁砲」のキャラです。
一つは『応援』も持ちつつ、レストで『記憶』持ちに対して1000パンプすることができます。
一つは登場時、手札のクライマックスを捨てることにより『記憶』持ちをサーチすることができます。

サーチに関しては特徴サーチでいいかな^^;


2013/07/24 23:18 キーワード能力考察 TB(0) CM(0)
8回目の今回は「戦国BASARA」から登場した『チェンジ』についてです。


『チェンジ』とは
テキストに書かれているチェンジタイミングのときに、指定されたコストを払うことにより、控え室にいる指定されているキャラと自身を入れ替える能力です。

この能力の多くが、入れ替えた先のキャラのレベルが、入れ替える前のキャラのレベルより1つ上の場合がほとんどです。
中には同じレベルのキャラ同士での『チェンジ』や2つレベルを跨いだ『チェンジ』もあります。


今までに登場した『チェンジ』の種類
・クライマックスフェイズの始めに
・アンコールステップの始めに
・ドローフェイズの始めに

この3種類です。
それぞれ特徴やコストが違います。


■クライマックスフェイズチェンジ
「チェンジ先とのコスト差+1 手札1枚 自身控え室」
・魔法少女リリカルなのはThe MOVIE 1st
・アイドルマスター
・MELTY BLOOD
・ヱヴァンゲリヲン新劇場版
・灼眼のシャナ
・ギルティクラウン
・ロボティクスノーツ
・ソードアートオンライン
・初音ミク

「チェンジ先とのコスト差+1 手札1枚 自身思い出」
・魔法少女リリカルなのはA's
・CLANNAD
・禁書目録&超電磁砲
・ビビッドレッドオペレーション

「チェンジ先とのコスト差+1 自身クロック」
・Phantom
・初音ミク
・ラブライブ!

クライマックスフェイズチェンジは3つの中では一番コストが重いです。
その分出したターンからアタックすることができるので高パワーで攻めていけます。
出したターンからアタックすることができるということなので他の『チェンジ』に比べると速攻性があり『チェンジ』自体を防がれることはほとんどないでしょう。
が、思わぬカウンターやバウンスにより早急に除去されてしまうとコストが重い分受けるダメージも大きいです。
特にチェンジ元が思い出に飛ぶタイプのは一度除去されてしまうと立て直すのがきついです。


■アンコールステップチェンジ
「チェンジ先とのコスト差+1 自身控え室」
・リトルバスターズ!
・ディスガイア
・涼宮ハルヒの憂鬱
・戦国BASARA
・化物語
・マクロスF
・Rewrite
・アクセルワールド

「チェンジ先とのコスト差 手札1枚 自身控え室」
・ゼロの使い魔

「チェンジ先とのコスト差 手札1枚 自身思い出」
・D.C.
・Angel Beats!
・FAIRY TAIL

「チェンジ先とのコスト差 自身クロック」
・涼宮ハルヒの憂鬱
・Rewrite

「チェンジ先とのコスト差+1 自身手札」
・ペルソナ

「チェンジ先とのコスト差+1」
・CANAAN ※控え室からではなくレベル置場から持ってくる

調べてみたら割とコストの払い方がタイトルによってまちまちでした。
またコストとは別にチェンジをするにはチェンジ元のカードがレストしてなければなりません。(これはどれも共通)
アンコールステップチェンジは他の2つに比べるとコストや登場タイミングが中間的な位置にあります。
コストはクライマックスフェイズチェンジよりは軽いですが、ドローフェイズチェンジよりは重いです。
また登場タイミングもクライマックスフェイズチェンジと同様チェンジ元を出したターンに『チェンジ』することはできますがアタックはできません。
しかし、ドローフェイズチェンジとは違い1ターン待つ必要はないのでクライマックスフェイズチェンジと同様『チェンジ』自体を防がれることは少ないでしょう。
ですが、やはり出したターンにアタックできないのでクライマックスフェイズチェンジ以上にキャラが除去されないように準備して『チェンジ』しないと泣くに泣けないことに・・・


■ドローフェイズチェンジ
「チェンジ先とのコスト差 自身控え室」
・KOF
・ミルキィホームズ
・魔法少女まどか☆マギカ
・Fate/Zero
・サイコパス

「チェンジ先とのコスト差 自身クロック」
・KOF
・Fate/hollow ataraxia

ドローフェイズチェンジは3つの中では一番コストが軽いです。
そのかわりチェンジ元を出しても次の自分のドローフェイズまで1ターン待たなければなりません。
そのため相手に防がれる可能性が一番高いです。
またレベル2から3への『チェンジ』ですとリフレッシュのタイミングの関係で無理という可能性も秘めています。
しかし、ローコストで強力なキャラが出せ、しかも出したターンからアタックしてくるので相手からしてみれば厄介だと思います。
仮に除去されたとしても他2つと比べるとコスト面での被害は少ないです。
ですが立て直すとなるとかなり難しいと思います(というかたぶん早出しキャラのレベルになっちゃう)


ということで『チェンジ』の種類ごとに使われているタイトルを今回はまとめてみました。
2013/07/23 23:44 キーワード能力考察 TB(0) CM(0)
7回目の今回は「ゼロの使い魔」から登場した『集中』についてです。


『集中』とは
『あなたは自分の山札の上からX枚をめくり、控え室に置く』と書かれた能力の総称。
めくったカードの内容により効果が発動します。

このキーワード能力はキャラだけでなくイベントの中にもこの能力を持っているカードがあります。
基本的にはめくった中にあるクライマックス1枚につき効果が発動します。
一部のキャラやイベントについてはクライマックス以外のもので効果が発動します。

例のごとく今回もコスト別で効果をまとめてみました。


今までに登場した『集中』の種類
※基本的にはクライマックス1枚につきの効果
■1コスト
○4枚めくり
・そのターン中自身のパワー+3000
・相手のターンの終わりまで自身のパワー+1500
・そのターン中自身のパワー+1000 ソウル+1
・自分のキャラ1体選んでそのターン中ソウル+1
・自分の「キョン」ネーム1体選んでソウル+1
・自分のキャラ1体選んでそのターン中パワー+2000
・自分の《ビジュアルアーツ》のキャラ1体選んでそのターン中パワー+2000
・自分の《悪魔》のキャラ1体選んでそのターン中パワー+2000
・自分の《死》のキャラ1体選んでそのターン中パワー+2000
・自分の《生徒会》のキャラ1体選んでそのターン中パワー+2000
・自分の《魔法》のキャラ1体選んでそのターン中パワー+2000
・自分の《サーヴァント》のキャラ1体選んでそのターン中パワー+2000
・自分の《宇宙人》のキャラ1体選んでそのターン中パワー+2000
・自分の《音楽》のキャラ1体選んでそのターン中パワー+2000
・自分の《軍隊》のキャラ1体選んでそのターン中パワー+2000
・自分の《武器》のキャラ1体選んで相手のターンの終わりまでパワー+1000
・自分の《アバター》か《ネット》のキャラ1体選んで相手のターンの終わりまでパワー+1000
・自分の《魔法》か「はやて」ネームのキャラ1体選んで相手のターンの終わりまでパワー+1000
・1体回収1枚捨て
・《動物》か《忍》のキャラ1体回収1枚捨て
・《炎》のキャラ1体回収1枚捨て
・《音楽》のキャラ1体回収1枚捨て
・《死》のキャラ1体回収1枚捨て
・《本》か《影》のキャラ1体サーチ1枚捨て
・《武器》1体サーチ1枚捨て
・《公安》1体サーチ1枚捨て
・《武器》X枚サーチX枚捨て Xはクライマックスの数
・《超能力》X枚サーチX枚捨て Xはクライマックスの数
・《死》X枚サーチX枚捨て Xはクライマックスの数
・《魔法》X枚サーチX枚捨て Xはクライマックスの数
・《竜》か《動物》X枚サーチX枚捨て Xはクライマックスの数
・「凛」X枚サーチX枚捨て Xはクライマックスの数
・相手の前列のコスト0以下のキャラ1体選んで除去

○3枚めくり
・「ゴルゴンの末女ライダー」があるなら「ゴルゴンの末女ライダー」1体リアニメイト
・XドローXディス Xはクライマックスの数×2
・コストX以下相討ちを自身に付与 Xはクライマックスの数

○2枚めくり
・1ドロー
・自分のキャラ1体選んでそのターン中パワー+2000 ソウル+1

○1枚めくり
・《新聞》ならそのターン中自分のキャラすべてパワー+1000
・《生徒会》ならそのターン中自身パワー+2000 ソウル+1
・《魔法》なら相手の前列のキャラ1体選んでそのターン中パワーー2000

■1コスト+自身レスト
○4枚めくり
・そのターン中自分のキャラすべてにパワー+2000
・《悪魔》のキャラ1体選んでそのターン中パワー+1000 ソウル+1
・そのターン中自分のキャラすべてにソウル+1
・1ドロー
・1体回収
・《新聞》のキャラ1体回収
・「葉留佳」か「佳奈多」ネームのキャラ1体回収
・《使い魔》サーチ
・《オロチ》サーチ
・レベル1以下サーチ
・クロック1枚回収山札の上から1枚クロック
・コスト0以下1体リアニメイト
・クライマックスの数×バーン
・スタンド封じ

○2枚めくり
・そのターン中自分のキャラすべてにパワー+2000 ソウル+1
・相手の前列のキャラ1体選びそのターン中パワーー6000
・2体回収
・2ドロー

■1コスト+自分のキャラ2体レスト
○4枚めくり
・《武器》1体サーチ
・《魔法》1体サーチ
・《怪異》1体サーチ
・《音楽》1体サーチ
・《アバター》か《ネット》か《使い魔》1体回収

■2コスト
○4枚めくり
・相手の前列のキャラ1体選んでそのターン中パワーー4000
・相手のキャラ1体選んでそのターン中パワーー2000
・1体回収
・相手の前列のキャラレベル1以下のキャラ1体選んでバウンス

■2コスト+自身レスト
○4枚めくり
・クライマックス1枚回収

■2コスト+1クロック
○4枚めくり
・手札のレベル2以下の《魔法》のキャラ1体早出し

■3コスト
○3枚めくり
・レベルX以下の《団長》1体リアニメイト Xはめくれた《団長》の数

■4コスト
○4枚めくり
・《宇宙人》のキャラ1枚につきレベル0以下1体リアニメイト

■「真人」と「謙吾」1体ずつレスト
○4枚めくり
・そのターン中自身のパワー+3500 ソウル+1

■イベント
○3枚めくり
・クライマックスがあるなら相手の前列のキャラ1体選んでそのターン中パワーー7000
・クライマックスがあるなら相手のキャラ1体選んでトップ送り
・クライマックスがあるなら相手は手札2枚捨て
・クライマックスがあるなら2点回復
・クライマックスがあるならレベル2以下のキャラ1体リアニメイト
・クライマックスがあるならコスト1以下の『応援』持ちのキャラ2体リアニメイト
・クライマックスがあるなら1ドローなければ2ドロー
・レベルX以下の《ビジュアルアーツ》のキャラ1体回収 Xはめくれた《ビジュアルアーツ》の数
・レベルX以下の《死》のキャラ1体回収 Xはめくれた《死》の数
・確定自分のキャラ1体選んでそのターン中パワー+3000+クライマックスがあるなら自分のキャラ1体選んでソウル+1
・確定2体選んでそのターン中パワー+2000+クライマックスがあるなら自分のキャラ2体選んでソウル+1
・確定2000カウンター+クライマックスがあるなら自分のキャラ1体選んでそのターン中パワー+2000
・確定2000カウンター+クライマックスがあるなら自分のキャラ1体選んでそのターン中パワー+3000
・確定《魔法》か《使い魔》に3500カウンター+クライマックスがあるなら自身ストック
・確定ストックブースト+クライマックスがあるなら自身ストック
・確定1体回収+クライマックスがあるなら1体回収
・確定1ドロー+クライマックスがあるなら1ドロー
・確定自分のキャラ1体選んでそのターン中パワー+5000+相手は1か2か3を宣言しめくれた《オカルト》の数が宣言と同じだったら1ドロー

○1枚めくり
・レベル×バーン
・ソウルーX Xはめくれたカードのレベル+1


これも多いですね~
『集中』のシステムの仕様上効果が不確定ですがどれも強力な効果が多いですね。
まあ『集中』は効果もそうですが山札を削れるのもこのヴァイスシュヴァルツにおいては大きなメリットですからね。
そんな『集中』も対策カードがあるんですね~

「“無表情で無愛想”佳奈多」
レベル:2 コスト:1 パワー:8000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:委員長・双子
【起】[(1)] 次の相手のターンの終わりまで、相手は舞台にいるキャラの【起】を使えない。


「時空管理局提督リンディ」
レベル:1 コスト:0 パワー:5000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・お茶
【自】[(2)] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、次の相手のターンの終わりまで、相手は舞台にいるキャラの【起】を使えない。


「“幻想殺し”当麻」
レベル:1 コスト:0 パワー:4500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:特徴なし
【永】 記憶 あなたの思い出が2枚以上なら、舞台のこのカードのレベルを-1し、パワーを+1500。
【自】[(1)] このカードがアタックした時、クライマックス置場に「すべてを打ち消す力」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、次の相手のターンの終わりまで、相手は舞台にいるキャラの【起】を使えない。


3枚しかないのでそのまま紹介しました。
『集中』は起動効果なのでそれを封じちゃえば『集中』は使えなくなります。
ただ効果を使っても1ターンだけなので、一番効果的なのは『集中』持ちのキャラを倒すことですねw
まあ起動封じは『集中』以外も封じれますけどね。
また例のごとく詳しくカードを知りたいなら公式サイトのカードリストで検索することをおすすめします。
特に効果がわかってもどのタイトルで使われているか知りたいなら(タイトルまで書くとごちゃごちゃしそうなので書きませんでした)
2013/07/22 22:46 キーワード能力考察 TB(0) CM(4)
6回目は『助太刀』についてです。


『助太刀』とは
相手ターンのカウンターステップのときに自分のフロントアタックされているキャラに対して、テキストに書かれているレベルを満たしていて、かつ指定のコストを払ったときに使える能力です。

ヴァイスシュヴァルツで数少ない相手ターン中に介入できる能力です。
この能力を持っているカードはコストの下に「カウンターアイコン」があります(拳マークのこと まあ知っていると思いますが)
ちなみにこの『助太刀』はレベル条件はありますが、キャラの能力のため色条件は満たさなくても使えます。
またイベントの中には「カウンターアイコン」がついているものがあり、それはこの『助太刀』と同じく相手のカウンターステップで使うことができます。
ただしこちらはイベントとして手札からプレイするので色条件も満たしてなければなりません(そのかわりイベントなので自分のターンにも使える まあこれもここを見ている人は知っていると思いますが)

以前この「助太刀&カウンター」のパワーの値についてまとめたことがありますが、今回はパワーが上がる効果以外の効果の種類(『助太刀』を使ったときに誘発される追加効果含む)をまとめてみました。

今までに登場してきた『助太刀』&イベントカウンターの種類
■ソウル系
・自分のキャラにソウル+1 
・相手のバトルしているキャラにソウル+1
・ソウルー1
・ソウルーX
・ソウル+5
・相手キャラすべてにソウル+5 サイドアタック不可

■レベル系
・自分のキャラ1体にレベル+1
・自分のキャラ1体にレベル+2
・自分のキャラ1体にレベルー1

■特徴付与系
・特徴付与
・《愛》付与
・《筋肉》付与
・《肉》付与
・《ビジュアルアーツ》のキャラすべてに《元気》付与

■バウンス系
・お互い1体バウンス
・相手の前列のレベル2以下1体バウンス
・後列のレベル0以下1体バウンス
・自分のキャラすべてに“自分の手札が相手の手札より少ないなら”自己バウンス

■ドロー系
・1ドロー
・2ドロー
・トップチェックで《警察》なら1ドロー1ディス
・《怪盗》サーチ
・《武器》サーチ
・自分のキャラ1体控え室 控え室に置いたキャラと同じ特徴を1つ以上持ったキャラサーチ
・自分の山札の上から7枚見て「シャルル」ネームか《オモチャ》のキャラ2枚選んで手札に加える
・回収
・《音楽》回収

■山札操作系
・自分の山札の上から1枚見て上か下に置く
・自分の山札3枚削り
・相手の山札3枚削り
・お互いの山札3枚削り
・擬似リフレッシュ
・お互い擬似リフレッシュ
・相手の山札2枚逆圧縮
・トップ盛り

■ストックブースト系
・ストックブースト
・自分のフロントアタックされているキャラをストック送り このカード自身もストックへ
・自分の「魔王」ネーム1体ストックに置いてよい

■回復系
・1回復
・2回復
・自分のクロック置き場の「非公式新聞部 杉並」1体ストックへ
・自分のクロック置場のカード1枚手札に戻す

■バーン系
・1点バーン
・相手キャラをリバースさせたら1点バーン
・ダメージをキャンセルしたら相手に1点バーン

■擬似アンコール付与+系
・+自分の手札1枚ストックに置いてよい
・+1ドロー
・+ソウルー1
・+回復
・+1ドロー1ディス
・+特徴付与
・+相手のバトル中のキャラにスタンド封じ
・2体まで擬似アンコール付与
・《動物》のキャラ2体まで擬似アンコール付与
・バトルしている両キャラ共に擬似アンコール付与
・《音楽》のキャラすべてに1コストアンコール付与

■その他
・相手の前列のキャラ1体にパワーー1500
・相手の『応援』持ちのキャラ1体除去
・相手のレベル以上のレベルのキャラ1体除去
・相手のクライマックス置場のクライマックス除去
・相手キャラをリバースさせたらそのキャラストック飛ばし
・相手キャラをリバースさせたらそのキャラボトム飛ばし
・相手キャラレスト
・ダメージ無効
・クロック入れ替え
・レベル置場と控え室のカード入れ替え
・レベル置場と控え室のクライマックス入れ替え
・自分の控え室の「明るい親子 愛&舞」を1体思い出
・自分の控え室の「グレイの師匠 ウル」を1体思い出
・レベル3早出し

結構適当にまとめちゃいました。
というのも表記に間違いはないと思いますが、パワー上げるついでに効果がついてるものとそうでないのが混ざっちゃってるので詳しく知りたい方は気になった効果を公式サイトのカードリストで検索するのをおすすめします。


数少ない相手ターン中に行える『助太刀』&イベントカウンター
怖いですよね~
だって想定外のパワーや効果を使ってくるのですから
でもちゃんと対策カードがあるんです。

■『このカードのバトル中、相手は『助太刀』を手札からプレイできない』という能力を持つキャラ
・ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァりエール
・“とがめの刀”鑢 七花
・吸血鬼の忍野忍
・“リトルバスターズ”恭介
・魔を断つ赤槍 ランサー※自分のキャラ1体選んで能力付与する形
・宿命を背負うマミ※お互い使えない
・監視官時代の狡噛※お互い使えない

■『このカードのバトル中、相手はイベントを手札からプレイできない』という能力を持つキャラ
・タバサ&イルククゥ
・なのは&フェイト&はやて

■『そのターン中、相手は『助太刀』を手札からプレイできない』という能力を持つキャラ
・黒の玉座 デッドマスター
・“いぶし銀”ストーンリバー

■『次の相手のターンの終わりまで、相手はイベントを手札からプレイできない』という能力を持つキャラ
・異時間同位体 みくる&みくる(大)
・浴衣のシャロ
・水辺の佐天

■『そのターン中、相手はイベントと『助太刀』を手札からプレイできない』という能力を持つキャラ
・略奪者アッシュ
・決戦 フェイト
・サポート役 シャマル※自分の《魔法》か《本》のキャラ1体に能力付与する形

対策カードはあるっちゃありますが数が少ないですね。
パワーに関してならその値を見据えてパワーパンプすれば問題ないんですが、回復やバウンス、山札削りやトップ盛りなんかは回避するのは難しそうですね。
そういうのを持っているデッキと当たったら覚悟を決めるしかないですかね^^;
2013/07/21 23:49 キーワード能力考察 TB(0) CM(0)
5回目は『絆』についてです。


『絆』とは
この能力を持つキャラがプレイされて手札から舞台に置かれた時に、テキストに書かれている対象キャラをテキストに書かれているコストを払うことにより、控え室から手札に戻すことができる能力です。

つまり対象を絞った回収能力です。
対象が決まっているので通常の回収よりもコストが安いです。
ちなみに手札からカードをプレイするとは
レベル条件と色条件を満たしたカードを指定して使うことです。
なので、キャラやイベントの効果により手札から登場した場合は『絆』を使うことはできません(のはず)


今までに登場した『絆』の種類
・1コスト
・山札の上から1枚クロック
・手札1枚

“1コスト”と“1クロック”の方は低コストで手札が増えます。
「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's」から登場した“手札1枚”に関してはコストで手札1枚を捨てなければならないので手札交換になります。
そのためか他2つに比べてキャラのパワーが高いです(『絆』持ちは元々パワーがそれほど高くないが)

また『絆』持ちに対したり、いることによって発揮する能力があります。
「名前が呼べたゆたか」
レベル:2 コスト:1 パワー:6000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:保健室
【永】 他のあなたの『絆』を持つキャラすべてに、ソウルを+1。
【自】 あなたのクライマックス置場に「夏休み明け」が置かれた時、他のあなたのカード名に「みなみ」を含むキャラがいるなら、そのターン中、このカードは次の能力を得る。『【自】 バトルしているこのカードが【リバース】した時、あなたはこのカードとバトルしているキャラと、このカードを選び、手札に戻してよい。』


「ゆたか&ゆい」
レベル:1 コスト:1 パワー:3500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:保健室・警察
【永】 他のあなたの『絆』を持つキャラすべてに、次の能力を与える。『【起】[このカードを【レスト】する] あなたは自分のこのカードの『絆』に指定されているカード名のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。』
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、次の能力を与える。『【自】[(1)] このカードが【リバース】した時、このカードとバトルしているキャラのレベルがこのカードのレベル以下なら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたはそのキャラを【リバース】する。』


「歩く萌え要素ゆたか」
レベル:1 コスト:1 パワー:1500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:保健室
【自】 あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたの『絆』を持つキャラがいるなら、あなたは自分のバトルしているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。
【起】【カウンター】 助太刀1500 レベル1 [(1) 手札のこのカードを控え室に置く] (あなたはフロントアタックされている自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500)


今回はこの3種類だったのでそのままカード紹介しました。
どれも「らき☆すた」のカードです。
それぞれ
・『絆』持ちにソウル+1
・『絆』持ちに『絆』で指定されたキャラに対して自身をレストすれば1000パンプするという能力を付与
・『絆』持ちがいれば1/1/2500助太刀
という能力たちです。
この中だとソウルパンプが一番有用ですかね?
まあなんにせよ『絆』持ちは舞台に出して効果を使った時点で役割達成しているのでそれ以上求めなくてもいいのかなと思ってますが。
2013/07/20 23:18 キーワード能力考察 TB(0) CM(0)
4回目は『アンコール』についてです。


『アンコール』とは
この能力を持っているキャラが舞台から控え室に置かれた時に、テキストに書かれているコストを払うことによりレストした状態で舞台に戻ることができる能力です。

つまりこれを持っているキャラは簡単かつローコストで舞台に復帰することができます。
通常やられると控え室に行きますので、いったん手札に戻してから舞台に登場させなければなりません。
回収するには当然コストがかかります。また登場するのにコストがかかる場合は再度コストを払わなければなりません。
それをテキストに書かれているコストを払いさえすれば舞台に維持することができるのです!
ちなみにテキストには書かれてませんがすべてのキャラが3コスト払うことでアンコールを使えます(これはルールで決められている これもやっている人はすでに知っていると思うが)
また『舞台から控え室に置かれた時』なので、ストック送り、トップ送り、ボトム送り、思い出送り、クロック送り、手札に戻されたときは効果を使うことはできません(これも知っていると思うが)


今までに登場した『アンコール』の種類
・手札のキャラ1枚
・2コスト
・山札の上から1枚クロック
・手札のクライマックス1枚
・自分の舞台の《使い魔》のキャラ1体
・自分の舞台の《扇子》のキャラ1体クロック
・自分の舞台の《炎》のキャラ1体クロック
・自分の控え室の《動物》か《勇者》のキャラを1体クロック置場の下に置く
・1コストと自分の舞台の「トゥエンティ&トゥエンティ」を1体山札の下へ
・1コストと自分の《音楽》のキャラ2体レスト
・1コストと自分の舞台の「ジュピターの黒幕 黒井社長」を1体山札の下へ
・1コスト(条件付や付与によるもの)

となっています。

メジャーなのが
・手札のキャラ1枚
・2コスト
・山札の上から1枚クロック
の3つが大多数で、その中でも“手札のキャラ1枚”(通称“手札アンコール”)がもっとも多いです。
次いで2コストアンコール、“山札の上から1枚クロック”(通称“クロックアンコール”)がそこそこいます。

他はマイナーなもので
“手札のクライマックス1枚”(通称“クライマックスアンコール”)が4体
“自分の舞台の《炎》のキャラ1体クロック”が2体
他は1体ずつしか持ってません(まあ特殊だしね)

またメジャーな手札アンコール、2コストアンコール、クロックアンコールはキャラによっては能力で他のキャラに付与することもできます(ここでも手札アンコール付与が一番多い)
さらに手札アンコールに関しては『応援』や『アラーム』によって専用のパワーパンプまであります(他の『アンコール』にはないんだよね~)


最初に書きましたが一応すべてのキャラに3コストアンコールはあります。
しかし『アンコール』を持つキャラはこの3コストを別のもので肩代わりできるので舞台の維持がしやすくなり、おかげで今のヴァイスシュヴァルツでも“大活躍”の能力です(『大活躍』とはいったいなんだったのか・・・)

そんな『アンコール』は他の能力よりもいろんな対策方法があります。
アンコール対策
・アンコール封じイベント・能力
・ストック送り
・トップ送り
・ボトム送り
・思い出送り
・クロック送り
・バウンス

AB、DCの生徒会、ギルティ、ミルキィの探偵、なのは、Fateのマスター等、『アンコール』主体のデッキは多いです。
『アンコール』を使われて“うっとうしい”と思ったら、これらの能力を持ったカードを入れてみてはどうでしょうか?
特に“トップ送り”と“クロック送り”は直接勝利に直結する能力でもありますし。


また『アンコール』持ちに対したり、いることによって発揮する能力があります。
・他の自分の手札アンコール持ちにパワー+500
・他の自分の手札アンコール持ちにパワー+1000
・他の自分のクロックアンコール持ちにパワー+500
・自ターン中他の自分の手札アンコール持ち1体につきパワー+500
・アタック時他の自分の手札アンコール持ちにそのターン中ソウル+1
・自分の手札アンコール持ちをレストさせてそのターン中相手リバースさせたらそのキャラトップ送り
・アンコール持ちとバトルするときパワー+2000
・相手が『アンコール』を使った時ストックブースト

最後のは『アンコール』持ちというより、回収メタのストックブーストと同じく相手が『アンコール』を使うたびにストックブーストできるというもの。
あまり抑止力になるとは思いませんが^^;
2013/07/19 23:59 キーワード能力考察 TB(0) CM(0)
3回目となる今回は『アラーム』について行いたいと思います。


『アラーム』とは
『このカードがクロックの1番上に~』と書かれている能力のことです。
この能力を持っているキャラが、クロックの1番上にあり、なおかつ条件があるものはその条件も満たしてはじめて効果が発揮される能力です。

ということでテキストに書かれている通り、クロックの1番上になければ意味がない能力です(これもやっている人はわかっていると思いますが)
ヴァイスシュヴァルツのゲームシステムの仕様上、クロック置き場には次から次へとカードが上から置かれていきます。
よってクロックフェイズ等で自分から能動的にカードを置くなどしない限り、狙ってこの『アラーム』能力を使うことは難しいでしょう。
そのため基本的には1ターン限定の能力ということになります(運がよければ相手ターン中にも発動するが)
イベントみたいなキャラといったところでしょうか?

今回も『応援』のときと同じく、この『アラーム』についてもいろいろな能力がありますのでまとめてみました。


今までに登場した『アラーム』の種類
■パワー上昇系
・自分のキャラすべてにパワー+500
・自分の緑のキャラすべてにパワー+1000
・自分のレベル2以上のキャラすべてにパワー+1000
・自分のコスト0以下のキャラすべてにパワー+1000
・自分の《勇者》か「主人公」ネーム持ちにパワー+1000
・自分の《メガネ》のキャラすべてにパワー+1000
・自分の《先生》《暗黒街》《不良》のキャラすべてにパワー+1000
・自分の《超能力》《酒》《竜》のキャラすべてにパワー+1000
・自分の《仮面》のキャラすべてにパワー+1000
・自分の《ジュネス》のキャラすべてにパワー+1000
・自分の《宇宙人》《生徒会》のキャラすべてにパワー+1000
・自分の《鍵》のキャラすべてにパワー+1000
・自分の手札アンコールを持つキャラすべてにパワー+1000
・自分の手札が相手の手札より少ないなら自分のキャラすべてにパワー+1000
・自分の手札が相手の手札より多いなら自分のキャラすべてにパワー+1000
・自分のクライマックス置場にクライマックスがあるなら自分のキャラすべてにパワー+1000
・クライマックスが置かれたとき自分のキャラすべてにパワー+1000
・自分のレベルが2以上で自分の緑のキャラすべてにパワー+1500
・自分の「ノイズ(第4話)」すべてにパワー+ストック×500

■ソウル上昇系
・自分のレベルが2以上で自分の黄のキャラすべてにソウル+1
・自分のレベルが1以下で自分の黄のキャラすべてにソウル+1
・自分のレベル2以上のキャラすべてにソウル+1
・クライマックスフェイズの始めに自分のキャラ1体選んでソウル+1

■能力付与系
○パワー上昇系
・自分の《武器》のキャラすべてにアタック時自分のキャラ1体選んでパワー+500という能力を付与
・自分の《死》のキャラすべてにアタック時自分のキャラ1体選んでパワー+500という能力を付与
・自分の《動物》のキャラすべてに自身レストで自分のキャラ1体選んでパワー+1000という能力を付与
・自分のキャラすべてに自分の《音楽》のキャラレストして自身のパワー+1500という能力を付与
・自分のキャラすべてに相手のスタンドしているキャラがいないなら自身のパワー+1500という能力を付与
・自分の《魔法》のキャラすべてに1コスト払って自身のパワー+2000という能力を付与
・自分の《超能力》のキャラすべてに1コスト払って自身のパワー+2000という能力を付与

○ソウル上昇系
・自分の《お菓子》のキャラすべてに相手をリバースさせたら自分のキャラを1体選んでソウル+1という能力を付与
・自分の《音楽》のキャラすべてに1コスト払って自身のソウル+1という能力を付与

○ドロー系
・自分のキャラすべてに相手をリバースさせたら1ドロー1ディスという能力を付与
・自分の舞台にいるキャラが1体のとき自分のキャラすべてにアタック時ノーコストでキャラ1枚サーチという能力を付与
・自分の特徴なしのキャラすべてに相手をリバースさせたら1コスト払って特徴なしのキャラ1枚サーチという能力を付与

○アンコール付与
・自分の青のキャラすべてに手札アンコール付与
・自分のレベル2以上のキャラすべてに手札アンコール付与

○相討ち付与
・自分のレベルが2以上で自分の赤のキャラすべてに相討ち付与
・自分のレベルが2以上で自分の手札アンコールを持つキャラすべてに相討ち付与

○その他
・自分のキャラすべてに相手をリバースさせたらストック送りできる能力を付与
・自分の黄のキャラすべてにアンタッチャブル付与
・自分の緑のキャラすべてに相手をリバースさせたら自身をストックに置けるという能力を付与
・自分の赤のキャラすべてに自身がリバースした時1コストで手札に戻れるという能力を付与
・特定クライマックスが置かれたとき自分のキャラすべてに自身がリバースした時1コストで手札に戻れるという能力を付与
・自分の《暗黒街》のキャラすべてにアタック時1コスト払って相手の山札の上から1枚見て上か下に置くという能力を付与
・自分の《超能力》のキャラすべてに相手をリバースさせたら相手の山札の上から1枚見て上か下に置くという能力を付与

■ドロー系
・自分の《メガネ》のキャラが4体以上ならクライマックスフェイズの始めに1ドロー
・クライマックスフェイズの始めに1ドロー1ディス
・自分の《愛》《氷》のキャラが4体以上ならクライマックスフェイズの始めに《愛》もしくは《氷》サーチ

■ストックブースト系
・自分の《魔法》《お茶》のキャラが4体以上ならクライマックスフェイズの始めにストックブースト
・自分の《忍》のキャラが4体以上ならクライマックスフェイズの始めにストックブースト

■特殊
・ターンの終わりに自分のレベルが2以上だったら自身を控え室に置く
・自分のレベルが1以上のときクライマックスフェイズの始めに自身を舞台の好きな枠に置いてよい 置いたら山札の上から2枚クロック
・クライマックスフェイズの始めにレベル置場と控え室のカードを1枚入れ替えてよい


多過ぎ!
というのも調べてみたら『応援』と違ってほとんどが固有の能力でした^^;
気になるものは公式サイトのカードリストから検索することをおすすめします。
2013/07/18 23:56 キーワード能力考察 TB(0) CM(0)
2回目はこれまた初期からある『応援』でいきたいと思います。


『応援』とは
『このカードの前のあなたのキャラすべてに~』と書かれている能力のことです。
この能力を持っているキャラが後列にいるときに、隣り合っている前列のキャラに対して効果を発揮します。

なので後列にいないと意味がない能力です(ここを見ている人はもちろん知っていると思いますが)
前列にいるからといって相手のキャラに対して効果は発揮されないのでご安心を(これも知っているとは思いますが)

『応援』はキーワード能力の中でも非常にシンプルでわかりやすく、扱いやすい能力です。
基本的に後列に置いて置くだけで能力が発揮されます。
効果としては大きく分けると5種類あります。
・パワー上昇
・ソウル上昇
・レベル上昇
・能力付与
・特徴付与

この中ではパワー上昇と能力付与(特に手札アンコール付与)が目にすること多いと思います。
また中にはパワー上昇とレベル上昇や、パワー上昇と能力付与等、複合的なものもあります。

似ているものとして、特徴やネームを対象としたものもあります。
それらもパワー上昇だったりソウル上昇だったり能力付与だったりができます。
そしてそれらは『応援』と違い、特徴やネームを対象としているため後列でなくても効果が発揮されます。
効果を受けれる範囲も舞台上ならどこでも受けられます。

とこのように書くと『応援』があまり使えない感じがしますが、もちろんそんなことはありません。
『応援』の場合、基本的には誰でも効果を受けられます。
また効果の種類が多いため、特徴やネーム指定の支援効果では足りない、あるいはできない部分を持っていることが多いと思います。


ということで最初の方にも書きましたが、『応援』というのは非常にシンプルな能力です。
後列に置いて置けばそれだけで能力を発揮することができるからです。
逆に言えば後列に置くことができなければ発揮できないということです。
『応援』持ちのキャラを前列に置くということは、終盤のチャンプアタックあるいは後列キャラの飽和等でないと基本的に置くことはないと思います。
なので後列に置くことができないということは、デッキ構築やプレイングが良くないという1つの指標になると思います。
2013/07/17 23:59 キーワード能力考察 TB(0) CM(0)
記事を書くとき一応検索をかけるんですよね。
デッキ紹介はいいとして、考察系はなるべく他の方とかぶらないようにしようとはしてるんですが、自分が思いついたものというのはやはり他の方も考えていることなのですでにあったりするんですよね~
この前やった「各タイトルの助太刀&カウンター最高値」も実は、助太刀&カウンターをまとめているところはすでにあったんです。
が、自分が思っているものとは違っていたので、まあ問題ないかなということでやってみました(似てるけどこっちは“最高値”というものに絞っているから差別化できてるし)

今回も何回かに分けてやる予定の「キーワード能力について」も全部ではないですが、書いている人はいたんですね~
自分の考えと人の考えが違うように、同じ考えを持っている人も当然いるのでもう少しぐらいかぶってもしゃ~ないかなと思い始めました(多少はしょうがないよね? まあ考察だからまったく同じわけじゃないだろうけど)

ということで独り言でした。


では、本題
今回1回目として選んだのは『大活躍』についてです。
『応援』『絆』『アラーム』『助太刀』『アンコール』と同じく初期タイトルから出てきましたが、今じゃほとんど見ない(昔でもたぶんほとんど見なかったはず)これが最初をかざるにふさわしいと思い1回目に選びました。
ちなみに初期タイトルのイメージが強いですが、一番新しくでた『大活躍』持ちはDOG DAYSの「“獅子王”レオ」だと思います。


『大活躍』とは
この能力を持つキャラが前列の中央の枠にリバースしていない状態でいるとき、相手はアタックするとき、前列の中央の枠にいる『大活躍』持ちのキャラにしかフロントアタックすることができなくなります。

ようは相手のアタックを制限する能力です。
正面に相手のキャラがいたとしてもそのキャラに対してはフロントアタックもサイドアタックもできません。
またいないからとダイレクトアタックもできなくなります。
ただし 『【永】 このカードがアタックする時、あなたはかわりに相手の後列のキャラを1枚選び、このカードはそのキャラを防御キャラとしてフロントアタックしてよい。』を持つキャラは相手の後列のキャラに対してフロントアタックを選べことができます。
と一見相手のアタックを制限できるので強そうに見えますが、これを持っているキャラというのが初期の方に出たレベル3キャラに多く、しかもその時はまだヴァイスシュヴァルツというのが出てきたばっかなためかレベル3のキャラにはやたら能力があります。
おかげでパワーが低いためこの能力を生かしきれません。

また相手側はサイドアタックによるソウル調整はできなくなりますが、ダイレクトアタックもできなくなりますので過度のソウル上昇によるキャンセルの誘発を防ぐ手助けをしたりしていまいます。
さらに強制フロントアタックまでも逆利用され、チャンプアタックによる前列すべて開けることによりダイレクトアタックのソウル上昇によるキャンセル誘発まで狙われてしまい、正直あまり使えない能力です。


と普通に使うとこの能力はあまり使えないように見えますが、この“フロントアタックしかできない”にもっと着目していけばこの能力も十分効果を発揮することができます。
「“掛け持ち委員長”佳奈多」
レベル:2 コスト:2 パワー:8000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:委員長・双子
【自】[(3)] 相手のアタックフェイズの初めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードの正面のキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。『【永】 このカードはフロントアタックできない。』(サイドアタックはできる)


3コストと重いですが、これを使えば相手はアタックができなくなります。
3コストなので「ホラーは苦手」みたいな感じですね(リトバスだからこの場合「さらば諭吉ぃっ!!」の方がいいのかな?)
厳密にはクライマックスシナジー等のアタック時に1ダメージなどもアタック自体を封じるのでこちらは防ぐことができます。


「川中島の合戦」
レベル:2 コスト:1
【カウンター】 あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500し、次の能力を与える。『【自】 このカードとバトル中のキャラが【リバース】した時、あなたは相手に1ダメージを与えてよい。』(ダメージキャンセルは発生する)


強制フロントアタックを利用してこれを最初のアタックに対して使えば相手ターン中に最大3ダメージを与えることができます。
相手としてはたまったものじゃありませんねw
ただ1500しかパンプされないので足りなければさきに別のカウンターを使うこともできます。
通常1回しかバトルしないため忘れてしまいがちですが、カウンターというのは“そのターン中”有効なので『大活躍』持ちのキャラに対して使えばちゃんと最後までパンプされた状態でいます。
またバトルするたびにカウンターステップはありますので重ね掛けもできます。
まあこのカードを保有する「戦国BASARA」には『大活躍』持ちのキャラなんていないのでスタンダード構築じゃないとできません(あとサイド限定ね)


「ネコミミ みくる」
レベル:3 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:時間・動物
【永】 このカードの正面のキャラのソウルを-1。
【自】[(1)] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、次の相手のターンの終わりまで、相手はクライマックスを手札からプレイできない。


ダイレクトアタックができないということはソウル1のキャラは何かしらの手段でソウルを上げることができないとソウルは1のまま。
『大活躍』持ちのキャラがレベル3なため、終盤ということもありソウル1で小刻みにくるのは別に悪くないんですが、レベル3とはいえクロックの状況が3-0や3-1とかだったりするとソウル2で押したいところ。
そこでソウルを上げる手軽な手段でもっともメインな方法であるクライマックスを封じるのも面白いかもしれません。
まあこれに関しては『大活躍』持ちだからではないんですが、ダイレクトアタックができないとなると状況的にクライマックスを使ってきやすくなるのでは?ということであげてみました。
ついでにこのカードの場合ソウルー1も持っているので、『大活躍』に守られつつソウルを減少させると実にいやらしいです。


「枯れない桜の奇跡」
レベル:3 コスト:7
【カウンター】 相手のキャラすべてに、そのターン中、ソウルを+5し、次の能力を与える。『【永】 このカードはサイドアタックできない。』


『大活躍』は相手のアタックを強制的にフロントアタックにできる強力な制限をかけますが、『大活躍』持ちのキャラはいかんせんパワーが低いのが多いです。
なので最初のアタックでやられるのがわかったのならいっそこれを使ってみても面白いかもしれませんね。
なにせ最初のアタックは必ずフロントアタックでやってくるので、リバースすることがわかっており、続くアタックがサイドアタックによるソウル調整を狙っているようなら使ってみる価値はありかな?
これも特に『大活躍』だからというわけではないですね^^;


「こそばゆい未来 姫乃」
レベル:3 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:魔法
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札を上から3枚まで見て、カードを1枚まで選び、手札に加える。残りのカードを控え室に置く。
【自】[手札を1枚控え室に置く] あなたのクライマックス置場に「かけがえのない家族」が置かれた時、前列にこのカードがいるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分のクロック置場の《魔法》のキャラを1枚選び、舞台の好きな枠に置く。


このカードの効果を使ってレベル2から『大活躍』持ちのキャラを立てて、その強制フロントアタックを利用して盤面を取ろうというものです。
以前は「姉妹の抱擁」で無理やり『大活躍』持ちを出そうというのがwikiにありました。


という具合にキーワード能力の中では使いにくい能力ですが、使い方次第だと思います。
この中だと「こそばゆい未来 姫乃」を使うのが現実的でしょうか?(スダンダードだと「川中島の合戦」は普通にありだと思う)


また1種類だけですが『大活躍』に対して効果を発揮する能力があります。
「“参謀役”理樹」
レベル:0 コスト:0 パワー:1500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:特徴なし
【永】 他のあなたの『大活躍』を持つキャラすべてに、パワーを+1000。
【起】[(1) 手札のクライマックスを1枚控え室に置く] あなたは自分の控え室のキャラを1枚選び、手札に戻す。


場所にとらわれず『大活躍』持ちに対して1000パンプすることができます。
基本的に『大活躍』持ちのキャラは前列の中央に置くので今でしたら『他のあなたの前列の中央の枠のキャラに、パワーを+1000』でもいい気がします^^;
まあこちらは起動効果でキャラ回収が行えますので全然違うんですが。
2013/07/16 23:26 キーワード能力考察 TB(0) CM(0)
ネタデッキだけだと記事ネタなくなりそうなのでやっぱり自分の持ってるデッキはネタ以外のも紹介していきます。
といってもすでに「なのは」はネタ以外にも普通に出してましたがw
ということで今回は最近固まってきたDC生徒会です。


「生徒会(音姫軸)デッキ」
使用タイトル:D.C.


レベル0 21枚
・赤
 エリカ・ムラサキ×2
 伝える言葉 清隆×3


・青
 スキーウェアのまゆき×3
 アジサイ畑のまゆき×3


・黄
 学園の風物詩 巴×2
 大はしゃぎ! シャルル×3
 新しい魔法 リッカ×1
 甘いひととき 音姫×1
 監督生 リッカ×3



レベル1 4枚
・黄
 風見鶏の生徒会長 シャルル×4



レベル2 12枚
・赤
 聖夜の告白 リッカ×2
 若き生徒会長 エリカ×2
 年越しキス×4(イベント)


・青
 小さな身体×2(イベント)


・黄
 “正義の魔法使い”音姫×2



レベル3 5枚
・青
 新生徒会長 杏×1


・黄
 くすぐったい毎日 音姫×4



クライマックス 8枚
・赤
 寝ぼけるエリカ×4
 たった1つの願い×4


赤:21 青:9 黄:20

一時期は手札が減りやすいからということで「さらなる高みへ まゆき」「愛しの先輩 まゆき」を入れようとしましたが、入れる前にこれで回してみたら、フルゲート、「監督生 リッカ」「伝える言葉 清隆」で十分手札増えていったので結局入りませんでしたw


コンセプト

「くすぐったい毎日 音姫」の『記憶』発動を目指し思い出にカードをためることを目的とし、レベル2以降からは早出しした「くすぐったい毎日 音姫」を駆使し盤面を取りにいき、さらに思い出にカードを送ることによる山札の圧縮+回復による耐久でダメージレースでも優位を狙うデッキです。


キーカード

「くすぐったい毎日 音姫」
レベル:3 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:魔法・生徒会
【永】 記憶 あなたの思い出が4枚以上なら、このカードのパワーを+1000し、このカードは次の能力を得る。『【自】 このカードとバトル中のキャラが【リバース】した時、あなたはそのキャラをストック置場に置いてよい。』
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時か『チェンジ』で舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置いてよい。


このデッキの軸になっているカードです。
『記憶』を満たすのに思い出に4枚ものカードが必要ですが、達成できればパワー+1000に加えて、任意でリバースさせたキャラをストック送りにすることができます(つまり『アンコール』不可)
さらに当然のように登場時に回復能力も持ってます!
極め付けには『チェンジ』によりレベル2から出てこれるところですね^^
これだけのスペックでしかも音姉!!
このカードを使わないわけがない!!!

「年越しキス」
レベル:2 コスト:1
あなたは自分の控え室の《生徒会》のキャラを1枚選び、手札に戻す。あなたは自分の控え室の「年越しキス」を1枚選び、思い出にする。このカードを思い出にする。


ローコストで思い出を貯めるために非常に重宝するカードです。
思い出に4枚カードを貯めるにはそれなりにコストがかかります。
しかし当然そこだけにコストをかけるわけにもいきません。
でも思い出に4枚カードが必要・・・
その問題をこのカードと後述のカードが解決してくれたおかげで「くすぐったい毎日 音姫」が使いやすくなったんですね~
あと普通に回収能力もありますので、普通に使えます。


「大はしゃぎ! シャルル」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・生徒会
【自】 バトル中のこのカードが【リバース】した時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードが《生徒会》のキャラなら、あなたはこのカードを思い出にしてよい。(公開したカードは元に戻す)
【自】【クロック】 シフト レベル0 (あなたのメインフェイズの始めに、あなたは自分の手札の黄のカードを1枚とクロック置場のこのカードを選び、入れ替えてよい)


リバースしたとき、トップチェックをして《生徒会》だったらノーコストで思い出に飛びます!
上のカードと合わせればローコストで思い出を増やすことができます。
しかし、上のカードがイベントなため少々噛み合わなかったり^^;


「アジサイ畑のまゆき」
レベル:0 コスト:0 パワー:1000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:生徒会・傘
【永】 他のあなたの《生徒会》のキャラすべてに、『【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く]』を与える。


これは音姫軸じゃなくても「生徒会デッキ」なら入るカードだと思います。
というのも「生徒会デッキ」はあまりパワーは高くないので中盤まではこれでなんとかする感じになります。
またこれがあれば安心して「くすぐったい毎日 音姫」を早出しすることができます。


「監督生 リッカ」
レベル:0 コスト:0 パワー:500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・生徒会
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+500。
【起】[(1) あなたの山札の上から1枚をクロック置場に置き、このカードを【レスト】する] あなたは自分の山札を見てカード名に「生徒会長」を含むキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。その山札をシャッフルする。


これも音姫軸だからとか関係なく「生徒会デッキ」なら入るカードだと思います。
1ダメージ受け、なおかつ「生徒会長」ネーム持ちしかサーチできませんが1コストで持ってくることができます!
種類は少ない「生徒会長」ですが、そのほとんどが優秀なカードが多いのです。
そのためこのカードの1コストサーチはとても重要です。
またサーチだけでなく通常応援も持ち合わせてます。


結構キーカード多いです。
というのも音姫軸じゃない「生徒会デッキ」でも入るカードがあるからですかね。


動かし方

・レベル0帯
「監督生 リッカ」「アジサイ畑のまゆき」は早い段階から欲しいのでマリガンも使ってなるべく手札に引き込みたいところ。
前列は「学園の風物詩 巴」「エリカ・ムラサキ」等でアタック。
後列では「監督生 リッカ」の効果を毎ターン使っていって手札を増やしていきましょう。

・レベル1帯
ここでも「監督生 リッカ」の効果を使って手札を増やしていきましょう。
クロックがどんどん増えていきますが、レベル1帯は強くないので、早いうちにレベル2になって「くすぐったい毎日 音姫」を出せるように準備したほうがいいと思います。
つまりレベル2へは先上がりした方が良いということです。

・レベル2帯
「年越しキス」が使えるようになったので、「大はしゃぎ! シャルル」が思い出に飛んでいれば、あとは「チェンジ」するだけで「くすぐったい毎日 音姫」の『記憶』が満たされます。
『チェンジ』するときはなるべく後列に「若き生徒会長 エリカ」を並べておきたいところ。
なくてもこのデッキの場合「小さな身体」もあります。
『チェンジ』がうまくいかない場合は「聖夜の告白 リッカ」でアタックしていきましょう。

・レベル3帯
引き続き「くすぐったい毎日 音姫」を展開していきます。
あとはこのデッキではピンしか入ってませんが「新生徒会長 杏」も出して耐久していきながら攻めていきましょう。


こんな感じですかね。
やはりこのデッキもまだまだ改良していくところがありますが今回はこれで。
2013/07/15 23:17 旧デッキ紹介 TB(0) CM(3)
5回目は「D.C.」より
「初デートの後に シャルル」についてです。



「初デートの後に シャルル」
レベル:1 コスト:0 パワー:4500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・生徒会
【自】 記憶 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたの思い出が2枚以上なら、あなたは他の自分のキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。『【自】 このカードが【リバース】した時、このカードとバトル中のキャラのレベルがこのカードのレベル以下なら、あなたはそのキャラを【リバース】してよい。』


レベル1の時点で思い出2枚は厳しいですが、他の自分のキャラに相討ちを付与できます。
別にレベル1の時点で絶対必要ってわけではないので記憶達成はレベル2以降でもいいと思います。デッキ次第かと。

似たようなカードに
「マイペース 了子」
レベル:1 コスト:0 パワー:5000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:科学・メガネ
【自】[(1)] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは他の自分の《音楽》のキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。『【自】 このカードが【リバース】した時、このカードのバトル相手のレベルがこのカードのレベル以下なら、あなたはそのキャラを【リバース】してよい。』


こちらは《音楽》限定ですが特に特別な条件とかはなく1コスト払うことにより相討ちを付与できます。
まあこちらを使うんでしたら相討ち付与応援を使った方がいい気もしないですが^^;(まあ「戦姫絶唱シンフォギア」に相討ち付与応援なんていないんですがね)


で、「初デートの後に シャルル」が他の相討ち付与できるキャラとの最大の違いというのがノーコストということ。
『記憶』という条件がありますが、舞台にキャラを出しつつ他のキャラに相討ち付与をノーコスト(自身の登場も含めて)で行えるのはとても魅力的だと思うのです。

前回紹介した「あらたなる旅立ち 美夏」はレベル関係なしに相討ちできて強いのですが、相討ちをするための条件としてこのカードと同じく『記憶』を満たす必要がありました。
しかも、特定のカードでのみでしか達成できないタイプのもので、おまけにその特定カードが癖があって使いにくい。
それに対してこちらは『記憶』を使うデッキなら入らないこともなく、また特徴も《魔法》《生徒会》といいものがそろっています。
と、また今回も相討ちできるキャラについてになっちゃいました(ゝω・) テヘペロ
個人的には“使う分には”相討ちキャラは割と好きです(まあパワーで盤面とれるのが一番いいんだけどw)
“使われるのは”大っ嫌いです><
4回目は「D.C.」より
「あらたなる旅立ち 美夏」についてです。



「あらたなる旅立ち 美夏」
レベル:0 コスト:0 パワー:1500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:メカ・バナナ
【永】 記憶 あなたの思い出置場に、「ワン・オブ・サウザンド」か「バナナパフェ」があるなら、このカードは次の能力を得る。『【自】 このカードが【リバース】した時、あなたはこのカードのバトル相手を【リバース】してよい。』


一度「メカデッキ」で触れたことがありますが、『記憶』を満たせばなんとレベル関係なしに相討ちできます!
で、『記憶』を満たすために必要なカードというのが

「ワン・オブ・サウザンド」
レベル:2 コスト:1
あなたは自分の【スタンド】している《バナナ》のキャラを1枚選び【レスト】する。そうしたら、あなたは自分の控え室のキャラを1枚選び、手札に戻し、自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+3000。
このカードを思い出にする。


「バナナパフェ」
レベル:2 コスト:5
あなたは相手の控え室のカードを2枚まで選び、思い出にする。このカードを思い出にする。


どちらもレベル2のカードなので、効果を使えるのもレベル2以降ということになります(相手が「荒垣 真次郎」の効果を使ってこない限り)
しかし、この『記憶』を満たすためのカードたちの癖が強いために「あらたなる旅立ち 美夏」は使われることはないんですよね~(レベル無視で相討ちできるってすごい魅力的だと思うんだ~)

「ワン・オブ・サウザンド」はこのカード1枚で回収、3000パンプ、思い出肥しを1コストで行ってくれる強力なカードなんですが、使用条件が“自分の《バナナ》のキャラを1枚レスト”しなければ使えないのでほとんどのデッキでは使えないんですよね~

「バナナパフェ」は相手の控え室のカード2枚を思い出に送れます。
なんでもいいのでクライマックスでも可能です!
使用条件もなく効果もなかなかですが、コストが重すぎてやっぱりほとんどのデッキでは使えません。

ということで『記憶』を満たすためのカードが入らないので必然的に「あらたなる旅立ち 美夏」も使われることがないんですよね~
しかし、レベル無視相討ちは強い!
特に早出し相手に使えば相手のストック、盤面、あと精神的負担は大きいと思います(レベル0でレベル3がやられちゃうんですもんね~)
防ぐには『このカードは相手のキャラの【自】の効果によって【リバース】されない』を持っているキャラのみ
調べてみたところ9種類いますが大抵はレベル0のキャラ。
レベル1のキャラに「クリスマスの準備 ことり&穂乃果&海未」がいますが、すでにレベル2の段階なので他のキャラで対処すればよし。
他にはレベル3に「神代 フラウ」「怒りの眼差し ヴィータ」がこの能力を持ってます。
どちらも早出しでレベル2で出てこれるので気をつけるとしたらこの2枚だけですかね(相手も相討ち無効を持っていることを忘れてそうですが)

あとは「ステンノ&エウリュアレ」が「ライダー」に対して『このカードは相手のキャラの【自】の効果によって【リバース】されない』という能力を付与できます。(あんまり見ないと思うけど)


というふうにレベル無視相討ちは防がれることが少ないんですよね~
まあ『アンコール』というのがあるんですがね^^;
一応《バナナ》持ちにも少しだけですがいいのがいるんですよ。
「天枷 美春」「水着の美春」「ふたりだけの時間 美夏」「恋人の証 美春」とか?
これらを使っているデッキなら早出し対策として「あらたなる旅立ち 美夏」「ワン・オブ・サウザンド」をいれてみるのも面白いかもしれませんね。


そういえば「各タイトルの助太刀&カウンター最高値」をやってましたが、今回の相討ちといい前回のバウンスといい、カウンターとかもはや関係なくなる要素ですね^^;
いったい何をしたいのだろうかwww
助太刀&カウンターとは別にパワーを上げるカードがあるんですよね~
今回はそれらを紹介したいと思います。

※2015/7/15 数が多く見づらいのでなんとなく種類ごとに分けます。



■相手のアタックフェイズの始めに誰か1体にパンプ
「胸のドキドキ みっくん」
レベル:0 コスト:0 パワー:500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽
【永】 他のあなたの《音楽》のキャラすべてに、レベルを+1。
【自】[(1)] 相手のアタックフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは他の自分の《音楽》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500。


「オンミツ部隊筆頭 ユキカゼ」
レベル:0 コスト:0 パワー:1500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:動物・神
【自】 このカードが【リバース】した時、このカードのバトル相手のレベルが0以下なら、あなたはそのキャラを【リバース】してよい。
【自】[(1)] 相手のアタックフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは他の自分の《勇者》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500。


「強い眼差し レド」 ※2013/10/13追加修正
レベル:1 コスト:1 パワー:6500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:パイロット・軍隊
【自】[(1)] 相手のアタックフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の《パイロット》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500。


「世界を変える決意 シロエ」 ※2014/6/13追加修正
レベル:1 コスト:1 パワー:6000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・メガネ
【自】[(1) このカードを【レスト】する] 他のあなたのキャラがアタックした時、クライマックス置場に「記録の地平線」があり、このカードが【スタンド】しているなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、そのキャラのパワーを+1500し、次の能力を与える。『【自】 このカードのバトル相手が【リバース】した時、あなたは1枚引いてよい。』
【自】[(1)] 相手のアタックフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の、《武器》か《魔法》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500。


「言峰 璃正」 ※2013/7/26追加修正
レベル:1 コスト:1 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:神
【自】 相手のアタックフェイズの始めに、あなたは自分の《マスター》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500。
【自】【クロック】 シフト レベル1 (あなたのメインフェイズの始めに、あなたは自分の手札の青のカードを1枚とクロック置場のこのカードを選び、入れ替えてよい)


「“オオミノガ”膝丸 燈」 ※2015/3/14追加修正
レベル:1 コスト:1 パワー:3000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:改造・虫
【自】 相手のアタックフェイズの始めに、あなたは自分の《改造》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500。
【自】[(2)] 相手のドローフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは相手の【スタンド】しているレベル2以下のキャラを1枚選び、【レスト】する。


「“伊達の軍師”片倉 小十郎」 ※2013/10/13追加修正
レベル:2 コスト:1 パワー:5500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:武器
【自】 相手のアタックフェイズの始めに、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500。
【自】[(2)] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは相手のキャラを2枚選び、それぞれを【スタンド】して入れ替える。


「護衛役 しんのすけ」 ※2014/4/20追加修正
レベル:1 コスト:0 パワー:5000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:家族・幼稚園
【自】[(1)] 相手のアタックフェイズの始めに、前列にこのカードがいるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。


「春日城の姫様 廉」 ※2014/4/20追加修正
レベル:1 コスト:1 パワー:3000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:和服・愛
【自】 相手のアタックフェイズの始めに、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2000。


「“やさしい世界”沙耶」 ※2014/5/25追加修正
レベル:2 コスト:1 パワー:5000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:武器
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+X。Xはそのキャラのレベル×500に等しい。
【自】[あなたの山札の上から1枚をクロック置場に置く] 相手のアタックフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは他の自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2000。


それぞれ相手のアタックフェイズの始めに指定特徴に対して1コスト払うことにより1500パンプをかけることができます。
これも助太刀&カウンターとは別にかけることができます。
相手からしてみれば誰に1500かかるかわからないので、確実に倒そうと考えるなら常に助太刀あるいはカウンター+1500を考えなければならないことになるので非常に厄介ですね。
特に「胸のドキドキ みっくん」はカードプールの広い《音楽》が対象であり(ネオスタンでも《音楽》持ちはかなりいる)またもう一つの効果でレベルパンプも行っているので、“パワーがだめなら相討ち”という考えも通用しないので非常に厄介です。

※2013/7/26追加修正
「言峰 璃正」はレベル1のカードで登場時に1コストかかるものの効果を使うときには他の2枚と違いノーコストで《マスター》に1500パンプできちゃいます!
また『シフト』を持っているので手札に持ってくるのは容易でしょう。
まあ《マスター》に対しては「反英雄アヴェンジャー」がいますので無理にパワー勝負する必要もないかな~とも思いつつ・・・

※2013/10/13追加修正
レベル2のためパンプ値も1500と高くノーコストです。
また他とは違い特徴による指定キャラの制限もありません。

※2014/4/20追加修正
「春日城の姫様 廉」は登場に1コストかかりますが、ノーコストで2000パンプをかけられるのは強いですよね。
どのキャラに2000パンプするかはそのカードのプレイヤーが決めるので、常に全体+2000がかかった感覚でパワー計算しなければいけないのはきついですね。
2体いたら4000の可能性ですか~・・・

※2014/5/25追加修正
「春日城の姫様 廉」と同じく2000パンプをかけることができますが、レベル応援も持っているためか、1クロック払わなければなりません。
レベル2ということも考えるとあまり効果を使うことはないかもしれませんね。
相手もたぶんそう考えるのではないでしょうか?
そうなると他のと比べるとあまり牽制にはなりませんね(そこをあえて使うのも悪くないとは思いますが・・・)

※2014/6/13追加修正
「強い眼差し レド」と同じくパワー的に前列向けのキャラでありながら1コストで擬似助太刀を打てます。
こういうのは後列を別の役割として扱えるので(普通に常時パンプの支援とか)便利ですが、自己パンプ手段がないのでアタッカーとしては今一つと器用貧乏な感じもしなくもないですね。







■相手のアタックフェイズの始めに手札の指定のクライマックス1枚を捨てることでパンプ
※2013/7/16追加修正
「“ヨコハマの守護者”小衣」
レベル:2 コスト:1 パワー:8000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:警察・盾
【自】[手札の「最新G型シールド」を1枚控え室に置く] 相手のアタックフェイズの始めに、前列にこのカードがいるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたのキャラすべてに、そのターン中、パワーを+2000。


「シンジを守ると誓う綾波」
レベル:3 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:パイロット
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時か『チェンジ』で舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置いてよい。
【自】[手札の「綾波の笑顔」を1枚控え室に置く] 相手のアタックフェイズの始めに、前列にこのカードがいるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは他の自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+3500し、このカードのパワーを+3500。


自分は知らなかったんですが、コメントにより把握することができたカードです。
両方とも相手のアタックフェイズの始めに、指定クライマックスを手札から捨てることにより、「“ヨコハマの守護者”小衣」は全体2000パンプ
「シンジを守ると誓う綾波」は自身と誰か1体に3500パンプすることができます。
もちろんカウンターステップで追加でカウンターを使うこともできます。
どちらも今まで紹介してきたカードたちと違い、コストがクライマックスなためそれ相応のパンプ値がかかりますね。
相手からしてみれば、これらのカードが出てきたということは“もしかしたら”があるかもしれないというプレッシャーを感じてくれるかもしれませんね。


※2013/11/29追加修正
「戦闘中 ぎんか」
レベル:1 コスト:0 パワー:5000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:タロット・コイン
【自】[(1) 手札の「100万ドル金貨」を1枚控え室に置く] 相手のアタックフェイズの始めに、前列にこのカードがいるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたのキャラすべてに、そのターン中、パワーを+2000。


「“ヨコハマの守護者”小衣」と同じく対応クライマックスを手札から捨てることで全体に2000パンプすることができます。
レベル1ということからか、こちらは対応クライマックスだけでなく1コスト余計にかかります。
レベル1での2000パンプというのは、レベル2よりも効果があるのでこのカードが場にいることで相手に牽制できるかもしれませんね。


※2013/10/13追加修正
「万象の王 アーチャー」
レベル:3 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:サーヴァント・王族
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置いてよい。
【自】[(1) 手札の「乖離剣エア」を1枚控え室に置く] 相手のアタックフェイズの始めに、前列にこのカードがいるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは相手のクライマックス置場のクライマックスを1枚選び、控え室に置き、そのターン中、このカードのパワーを+5500。


上と同じく指定クライマックスが必要です。
さらにこちらは1コスト追加で必要としますが相手のクライマックスを除去できます。
そして肝心のパワーはなんと自身に5500もパンプします!
「Fate」には4500カウンターの「令呪」もありますので、もし合わせて使えば10000カウンターができちゃいます!!w




■相手のアタックフェイズの始めに手札1枚捨てることで自身パンプ
※2013/8/15追加修正
「“終わりのない転写”朱音」
レベル:2 コスト:1 パワー:7000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:魔法
【自】[手札を1枚控え室に置く] 相手のアタックフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、このカードのパワーを+2500。
【自】 チェンジ [(1) このカードをクロック置場に置く] あなたのアンコールステップの始めに、このカードが【レスト】しているなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「千里 朱音」を1枚選び、このカードがいた枠に置く。(アンコールステップの始めにこのカードがいないなら発動しない)


相手のアタックフェイズの始めに手札1枚捨てることにより2500パンプします。
これにプラスしてカウンターを打つこともできます。
しかし、このカードは『チェンジ』持ちですのでこの能力を使われることはないですかね^^;


■相手のアタックフェイズの始めに1コスト払うことで自身パンプ
※2013/10/13追加修正
「Vサイン 杏」
レベル:0 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・演劇
【自】[(1)] 相手のアタックフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、このカードのパワーを+2000。


「“Beat in Angel”星空 凛」 ※2015/1/26追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽
【自】[(1)] 相手のアタックフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、このカードのパワーを+2000。


「月夜に佇む篝」
レベル:1 コスト:1 パワー:6000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:鍵・時間
【自】[(1)] 相手のアタックフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、このカードのパワーを+2000。
【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く] (このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードがいた枠に【レスト】して置く)


「“お手製ラーメン”星空 凛」 ※2015/7/27追加修正
レベル:1 コスト:1 パワー:6000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽・ラーメン
【自】[(1)] 相手のアタックフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、このカードのパワーを+2000。
【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く] (このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードがいた枠に【レスト】して置く)


「最強の女 智代」
レベル:2 コスト:2 パワー:8500 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:生徒会・スポーツ
【自】[(1)] 相手のアタックフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、このカードのパワーを+2000。


上と同じく相手のアタックフェイズの始めに自身をパンプできます。
こちらは手札1枚でなく1コストとなっているので、上と比べるとコストは軽くなってますがパンプ値が2000となってます。
起動効果で1コストで自身のパワー+2000というのがありますが、それが相手ターンで使えるようになった感じですかね(1ターンに1回だけだけど)




■相手のアタックフェイズの始めに手札1枚捨てることで自身パンプ+自分のキャラ1体と場所入れ替え
※2013/11/16追加修正
「“囲い火蜂”阿良々木火憐」
レベル:3 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:怪異・スポーツ
【永】 他のあなたの《怪異》のキャラが2枚以上なら、このカードのパワーを+1000。
【自】[手札を1枚控え室に置く] 相手のアタックフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは他の自分のキャラを1枚とこのカードを選び、それぞれを【スタンド】して入れ替え、そのターン中、このカードのパワーを+2000。


「伊勢型航空戦艦1番艦 伊勢改」 ※2014/3/30追加修正
レベル:3 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:艦娘・航空戦艦
【永】 他のあなたの「伊勢型航空戦艦2番艦 日向改」すべてに、パワーを+1000。
【自】[手札を1枚控え室に置く] 相手のアタックフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは他の自分のキャラを1枚とこのカードを選び、それぞれを【スタンド】して入れ替え、そのターン中、このカードのパワーを+2000。


「破顔十笑 謙吾」 ※2014/9/5追加修正
レベル:3 コスト:2 パワー:9500 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:スポーツ
【永】 他のあなたの、《スポーツ》か《筋肉》のキャラ1枚につき、このカードのパワーを+500。
【自】[手札を1枚控え室に置く] 相手のアタックフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは他の自分のキャラを1枚とこのカードを選び、それぞれを【スタンド】して入れ替え、そのターン中、このカードのパワーを+2000。


「“なんでもない日常”佳奈多」 ※2014/5/25追加修正
レベル:3 コスト:2 パワー:10000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:委員長・双子
【永】 あなたの山札が5枚以下なら、あなたの手札のこのカードのレベルを-1。
【自】[手札を1枚控え室に置く] 相手のアタックフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは他の自分のカード名に「葉留佳」か「佳奈多」か「理樹」を含むキャラを1枚とこのカードを選び、それぞれを【スタンド】して入れ替え、そのターン中、それらのキャラのパワーを+1500。


「“終わりのない転写”朱音」と同じく相手のアタックフェイズの始めに手札1枚を捨てることで2000パンプします(「“なんでもない日常”佳奈多」のみ、自身と入れ替え相手に1500パンプ)
これらカードの場合それだけでなく、他の自分のキャラと自身を入れ替えることができます。
相手のアタックフェイズ始めに入れ替えるので相手は入れ替えた後のキャラでバトルしなけらばならず、うまく使えば
・自身を守れる
・相手次第では自身とこのカードで選ばれた2体を守れる
・状況次第だがレベル0のカードと入れ替えることにより相手のソウル調整を狂わせる

等が狙えるかもしれません。
またそれぞれスタンドするので地味に
『相手の【レスト】しているキャラ1枚につき、このカードのパワーを+500。』
『あなたは相手のキャラを1枚選ぶ。そのキャラは次の相手のスタンドフェイズに【スタンド】しない。』
の能力を妨害できます。 地味ですけど。
ちなみに「破顔十笑 謙吾」以外は早出しができます。




■相手のアタックフェイズの始めにトップチェックをし成功なら自身パンプ+手札アンコール付与
※2013/11/29追加修正
「柔らかな休日 さら」
レベル:0 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:新聞・スポーツ
【自】 相手のアタックフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードが《スポーツ》のキャラなら、そのターン中、このカードのパワーを+1500し、このカードは『【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く]』を得る。(公開したカードは元に戻す)


あるのは知ってましたが書こうかどうか迷ってました。
というのも他のカードと違い、このカードは効果が発動しても必ずパンプするとは限らないからです。
ですがその分ノーコストであり、また手札アンコールまで付与されます。


■相手のアタックフェイズの始めに1コストと手札の指定のキャラ1枚を捨てることで自身と他の自分のキャラ1体にパンプ
「“クリスマス・ベル”星空 凛」 ※2015/7/27追加修正
レベル:1 コスト:0 パワー:5000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽
【自】[(1) 手札の「“Happy maker!”星空 凛」を1枚控え室に置く] 相手のアタックフェイズの始めに、前列にこのカードがいるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは他の自分のキャラを1枚とこのカードを選び、そのターン中、パワーを+3000。


相手のアタックフェイズの始めに前列にいれば1コストと手札の特定のキャラ1枚を控え室に置くことで自身と他の自分のキャラ1体に3000パンプできます。
コストは重い感じがしますが、特定のキャラというのがレベル3のキャラなため、このカードが使えるレベル1帯ではまだまだ使うことの出来ないカードであることを考えると、それで今の盤面を守れるならまあ悪くはないのかもしれないですね。


これらのカードを合わせて使えば、オーバースペックカウンターがないタイトルでも十分相手に脅威を与えることができるのではないでしょうか?
もしかしたらまだまだ自分が知らないような相手ターン中突如パワーが上がって、想定範囲外のカウンターを与えるカードがあったら教えてくれると助かります<(_ _)>

しかしこんなにあるとは思わなかったな~
少ないと思ってちゃんと調べなかったのはまずかったな。
それとやっぱり新パックが出たらちゃんとカードリスト見ないとな~
「翠星のガルガンティア」まだ全然把握してなかったからな~

「偽物語」発売してから結構経っちゃいましたね^^;
ほんとは出てからすぐやろうと思ったんですけどね~ 「艦これ」楽しくて・・・すいません><

「幻影ヲ駆ケル太陽」にも擬似的なカウンターができるカードが出ましたね。

今回新しく発売された「戦姫絶唱シンフォギアG」からも擬似助太刀カードが出てきました。
流行りなのか?

※2015/1/20
ここもかなり増えてきたな~
カウンター以外での追加パンプって結構多いね(やってて結構前から思ってたけど)


まとめ
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 まとめ
まずはレベル1の段階で3000以上の値のカウンターがあるタイトルが
・リトルバスターズ!・・・ 「クロの願い」
・ゼロの使い魔・・・ 「使い魔品評会」
・ペルソナ・・・ 「白鐘 直斗」「“月高組”順平」※2014/10/23追加修正
・シャイニングフォース・・・ 「トウマの意地」
・Phantom・・・ 「フェラーリF40」 
・THE KING OF FIGHTERS ・・・「シェン・ウー」
・Angel Beats!・・・「歌いたかった歌」
・FAIRY TAIL・・・「黄道十二門の星霊」   
・探偵オペラ ミルキィホームズ・・・ 「クリスマスガール エリー」「おちゃらけネロ」
・MELITY BLOOD・・・「“新しい”タタリ」
・劇場版マクロスF・・・「娘娘ラーメン」
・ソードアートオンライン・・・「身代わり」  
・ビビッドレッドオペレーション・・・「テント形態 あかね」

・ラブライブ!・・・「ニッコリ腕立て伏せ」※2013/11/30追加修正
・翠星のガルガンティア・・・「天の梯子」※2013/11/30追加修正
・キルラキル・・・「純潔」※2014/5/26追加修正
・ログホライズン・・・「マインドショック」※2014/6/14追加修正
・ニセコイ・・・「約束のペンダント」※2014/8/27追加修正
・テラフォーマーズ・・・「雷雨の一粒」※2015/3/3追加修正
・進撃の巨人・・・「“圧倒的な戦闘力”女型の巨人」※2015/9/11追加修正
・Charlotte・・・「山中のバーベキュー」※2015/11/9追加修正
計21タイトルです。

ヴァイスシュヴァルツにおいてレベル1帯というのは終盤に向けてアドバンテージを稼いでいくレベル帯。
そのため簡単かつ有効な手段である盤面制圧というのはこのレベル1帯から重要な要素であると思います。
通常なら1500~2000助太刀、タイトル次第では2500助太刀までを考えておけばいいのですが、上にあげた13タイトルは3000以上の可能性があります!(マイナーなカードとかあるので、実際に3000以上のカウンターをしてくるタイトルはもうちょっと少ないかな)


レベル2で4000以上の値を出すカウンターがあるタイトルが
・D.C.・・・「小さな身体」
・Fate・・・「令呪」「無毀なる湖光」「ファニーライオン」
・シャイニングフォース・・・「王の威厳」
・らき☆すた・・・「戦闘モード」
・THE IDOLM@STER・・・「ポーズレッスン」
・禁書目録&超電磁砲・・・「ビッグスパイダー」
・FAIRY TAIL・・・「紅蓮鳳凰劍」
・探偵オペラ ミルキィホームズ・・・「アルセーヌの帰還」「玉ねぎみじん切り」
・Rewrite・・・「ルチアVS静流」「この良き日に、真心こめて。」「プラチナチケット」
・灼眼のシャナ・・・「清秋祭始まる」
・ロボティクス・ノーツ・・・「スーパーガンつく1」
・ギルティクラウン・・・「崩壊の危機」
・魔法少女まどか☆マギカ・・・「グリーフシード」「SDなぎさ」
・戦姫絶唱シンフォギア・・・「デュランダル覚醒」
・初音ミク -Project DIVA- f・・・「ハイハハイニ」

・艦隊これくしょん -艦これ-・・・「高雄型重巡3番艦 摩耶」※2014/4/21追加修正
・クレヨンしんちゃん・・・「ひろしの靴」※2014/4/21追加修正
・ペルソナ・・・「休息の時間」※2014/10/23追加修正
・ガールフレンド(仮)・・・「肝試し」※2015/1/11追加修正
・進撃の巨人・・・「『巨人の力』」※2015/9/11追加修正
・アイドルマスター シンデレラガールズ・・・「無言の圧力」※2015/11/3追加修正
・Charlotte・・・「“刹那の本気”美砂」※2015/11/9追加修正
計22タイトルです。

通常レベル2では3000助太刀ないし、何かしらの効果を持った2500助太刀が一般的です。
なかには3500助太刀もありますが、これを出せるのは
・魔法少女リリカルなのは・・・「感謝の気持ち アルフ」
・らき☆すた・・・「黒井 ななこ」
・灼眼のシャナ・・・「ドロシー役のシャナ」
・宇宙をかける少女・・・「Qテクターいつき」

・Phantom・・・「人を殺す才能 怜二」※2013/11/30追加修正
・翠星のガルガンティア・・・「荷運び中 チェインバー」※2013/11/30追加修正
・D.C.・・・「パワー充電! 葵」※2013/11/30追加修正
・幻影ヲ駆ケル太陽・・・「新人隊員 ぎんか」※2013/11/30追加修正 
・キルラキル・・・「届いた声 鮮血」※2014/5/26追加修正
・ラブライブ・・・「“それは僕たちの奇跡”星空 凛」「“今日は海未の日♪”園田 海未」「“クリスマスデート”星空 凛」※2015/7/27追加修正
・ペルソナ・・・「“八高組”陽介」※2014/10/23追加修正
・Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ・・・「水着のイリヤ&美遊」※2015/1/20追加修正
・テラフォーマーズ・・・「“屈強な姿”テラフォーマー」※2015/3/3追加修正
・探偵オペラ ミルキィホームズ・・・「激おこ!アリス」※2015/3/21追加修正
・Fate・・・「奇襲するアーチャー」※2015/7/13追加修正
計15タイトルです 

1つだけ4000助太刀がありましたね
※PRカードですが追加されましたね

※2015/11/9追加修正 新たに2/1/4000助太刀が登場しましたね。
・艦隊これくしょん -艦これ-・・・「高雄型重巡3番艦 摩耶」※2014/5/26追加修正
・魔法少女まどか☆マギカ・・・「SDなぎさ」※2015/7/26追加修正
・Charlotte・・・「“刹那の本気”美砂」※2015/11/9追加修正

残りのタイトルは3000助太刀までしか出せません(「歌いたかった歌」「身代わり」等レベル1で3000超えてたら別だけど)

しかし、上にあげた12タイトルは4000以上のカウンターを持っています!
ですが全てイベントですので色の関係でデッキに入らない場合があるのが救いか?(アイマス、シャナ、ギルティ、まどまぎとか?)


カウンターの値を覚えておけば、思わぬ手痛い返しを受けることも少なくなるのではないでしょうか?
逆に知っているがゆえの見えないプレッシャーもあるかもしれません。
だとしてもやはり知っておいて損はないと思います。


タイトルごとにどのようなカードがあるかはこちら↓
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part1…「D.C.」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part2…「リトルバスターズ!」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part3…「ゼロの使い魔」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part4…「魔法少女リリカルなのは」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part5…「ペルソナ」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part6…「魔界戦記ディスガイア」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part7…「Fate」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part8…「シャイニング・フォース」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part9…「らき☆すた」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part10…「Phantom」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part11…「涼宮ハルヒの憂鬱」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part12…「KOF」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part13…「戦国BASARA」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part14…「アイドルマスター」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part15…「禁書目録&超電磁砲」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part16…「Angel Beats!」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part17…「FAIRY TAIL」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part18…「MELTY BLOOD」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part19…「探偵オペラ ミルキィホームズ」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part20…「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part21…「灼眼のシャナ」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part22…「Rewrite」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part23…「ロボティクス・ノーツ」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part24…「劇場版マクロスF」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part25…「物語シリーズ」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part26…「ギルティクラウン」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part27…「魔法少女まどか☆マギカ」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part28…「戦姫絶唱シンフォギア」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part29…「アクセル・ワールド」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part30…「ソードアート・オンライン」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part31…「CLANNAD」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part32…「宇宙をかける少女/舞-HiME&舞-乙HiME」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part33…「CANAAN」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part34…「DOG DAYS」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part35…「日常」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part36…「ブラック★ロックシューター」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part37…「刀語」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part38…「PSYCHO-PASS サイコパス」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part39…「初音ミク -Project DIVA- f」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part40…「ビビッドレッド・オペレーション」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part41…「ラブライブ!」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part42…「翠星のガルガンティア」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part43…「デビルサバイバー2」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part44…「幻影ヲ駆ケル太陽」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part45…「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part46…「艦隊これくしょん -艦これ-」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part47…「クレヨンしんちゃん」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part48…「キルラキル」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part49…「ログ・ホライズン」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part50…「ニセコイ」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part51…「超爆裂異次元メンコバトル ギガントシューター つかさ」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part52…「うーさーのその日暮らし」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part53…「ビジュアルアーツ」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part54…「ガールフレンド(仮)」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part55…「テラフォーマーズ」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part56…「進撃の巨人」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part57…「To LOVEる-とらぶる-ダークネス2nd」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part58…「アイドルマスター シンデレラガールズ」
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 Part59…「Charlotte」

まとめて表にしてみたもの↓
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 表

助太刀&カウンター以外の擬似カウンター的なもの↓
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 番外編 Part1
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 番外編 Part2
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 番外編 Part3
3回目は「D.C.」より
「水着の和泉子」についてです。



「水着の和泉子」
レベル:2 コスト:1 パワー:6500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:宇宙人・水着
【自】 このカードがアタックした時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、あなたは相手のキャラを2枚まで選び、手札に戻す。(公開したカードは元に戻す)


パワーはレベル1にも負けそうな勢いで低いですが、効果は非常に面白いものだと思います。
アタック時トップチェックをして、それがクライマックスだったら相手のキャラを無条件で2体もバウンスできます!!
さらにそのクライマックスがリターンアイコンだったらトリガーチェックでもう1体バウンスできちゃいます!!!
運任せですがかなり強くないですか?

でもみなさん
このカード「D.C.」なんですね~
わかってる人はわかってると思いますが、あのカードがあるんですよ・・・
「小川で遊ぼう!」
レベル:1 コスト:0
あなたは2枚まで引き、自分の手札を2枚選び、山札の上に置く。


このカードとクライマックスがあれば確実に効果を使うことができます。
早出しなんてもう怖くない。

まあこのカードが手札に来なかったとしても、もともと「D.C.」はトップチェック系のカードが豊富ですのでなんとかなっちゃうときもあります。


新しくカードが出るたびにカードのパワーは上がっていってますよね。
初期なんてレベル1なんか1/1/6000とかだったのに今じゃ1/1/7000 1/1/7500が普通ですもんね。
レベル2も11000あれば強かったのに今じゃ11500 12000ですもんね(もしかしてもうちょっと上なのか?)
2/2/9000 だったのも今じゃ2/1で簡単に10000いきますからね。

だからこそバウンスですよ!

今じゃレベル2からレベル3が出てきますからとっても効果的じゃないですか~(登場時回復持ちとかいますけど・・・)

という感じで個人的に気に入ってるカードです。
前2回とはだいぶしょぼい感じになってますがこれが普通です。
前がなんか長かっただけ^^;
昨日言ってた安価で作ったシンフォギアのデッキです。


「安価デッキ」
使用タイトル:戦姫絶唱シンフォギア


レベル0 21枚
・赤
 保護者がわり 未来×3


・青
 入院中の翼×3
 はじめてのデート 翼×2
 不協和音 翼×4
 仲間への信頼 翼×3


・黄
 音楽のパワー 響×2


・緑
 幼い頃のクリス×1
 イチイバルを纏う戦士 クリス×3



レベル1 13枚
・赤
 マイペース 了子×3
 シンフォギアの装者 奏×3
 私立リディアン音楽院×3(イベント)


・青
 あの日の翼×4



レベル2 8枚
・赤
 響の親友 未来×3


・緑
 決着の時 クリス×4
 素直になれないクリス×1



クライマックス 8枚
・赤
 私立リディアン音楽院校歌×4
 逆光のフリューゲル×4


赤:23 青:16 黄:2 緑:9

カードが売ってなくて枚数が少ないのもありますが、まあ安価なのであまり気にしてませんw
コンセプトも特にありませんが、一応パワーはそれなりに出せるようにはなってると思います。
しいて言えば

コンセプト

タイトル通り安価で作れるデッキということです。


今回はコンセプトがないのでキーカードと呼べるカードはありませんが、このデッキの主要なカードを紹介します。
「仲間への信頼 翼」
レベル:0 コスト:0 パワー:500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽・武器
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+500。
【起】[あなたのキャラを2枚【レスト】する] あなたは自分の《音楽》のキャラを1枚選び、そのターン中、レベルを+1し、パワーを+500。


このデッキ唯一の『応援』持ちのカードです。
起動効果でレベルパンプすることができるので相手が牽制で立てた相討ちキャラを安全に倒したりできます。
また後述のキャラの能力のサポートとしても使います。


「マイペース 了子」
レベル:1 コスト:0 パワー:5000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:科学・メガネ
【自】[(1)] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは他の自分の《音楽》のキャラを1枚選び、そのターン中、次の能力を与える。『【自】 このカードが【リバース】した時、このカードのバトル相手のレベルがこのカードのレベル以下なら、あなたはそのキャラを【リバース】してよい。』


登場時1コスト払って《音楽》のキャラに相討ちを付与します。
先ほどのカードの起動効果でレベルパンプをすれば早出しして来たキャラを無理なく倒すこともできます。


「あの日の翼」
レベル:1 コスト:0 パワー:5000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽・武器
【永】 相手のターン中、他のあなたの「シンフォギアの装者 奏」1枚につき、このカードのパワーを+2000。


「シンフォギアの装者 奏」1枚につき相手ターン中パワーが+2000されます。
このデッキはレベル3がおらず、レベル2も1コストキャラがほとんどなので、クライマックスのうち1種類(4枚)がソウル+2になっています。
なのでクライマックスが手札にあるなら無理せずサイドで攻めて場を維持していきたいです。


「シンフォギアの装者 奏」
レベル:1 コスト:1 パワー:6500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽・武器
【永】 他のあなたの「あの日の翼」1枚につき、このカードのパワーを+500し、このカードは『【自】 アンコール [手札のキャラを1枚控え室に置く]』を得る。


「あの日の翼」1枚につきパワーが+500され、手札アンコールがつきます。
レベル1のメインアタッカーです。
こちらは手札アンコールもありますのでガンガン攻めていくようにしたいところ。
またクロック絆で簡単に控え室から持ってくることもできます。


「響の親友 未来」
レベル:2 コスト:1 パワー:8000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:音楽
【自】 このカードがアタックした時、クライマックス置場に「私立リディアン音楽院校歌」があるなら、あなたは自分の控え室のキャラを1枚選び、手札に戻し、自分の手札を1枚選び、控え室に置き、そのターン中、このカードのパワーを+4000。


クライマックスシナジーで控え室のキャラと手札入れ替えしつつ、このカードを4000パンプすることができます。
クライマックスシナジーを使えば12000となるので、レベル応援を1体置いた標準的なレベル3なら倒すことができます。


動かし方

・レベル0帯
後列に「仲間への信頼 翼」「保護者がわり 未来」を置き、そのほかは前列でアタックしていっていいと思います。
「保護者がわり 未来」は1枚あればいいので2枚目以降はアタックに回して問題ないです。

・レベル1帯
基本は「あの日の翼」「シンフォギアの装者 奏」でアタックしてきます。
どうしても倒したいキャラやパワーでは倒しずらいキャラ、早出ししてきたキャラに対しては「マイペース 了子」で相討ちを付与して倒していけばいいと思います。(必要なら「仲間への信頼 翼」のレベルパンプも)
またソウル+2のクライマックスはドンドン打っていっていいと思います。

・レベル2帯~
基本は「決着の時 クリス」「素直になれないクリス」でアタックしていきます。
早出ししてきたら、「マイペース 了子」「仲間への信頼 翼」もしくは「響の親友 未来」のクライマックスシナジーで倒していきます。


こんな感じだと思います。
安価ながらパワーもそこそこにあり、だめなら相討ち、また相手の相討ちに対しては自ターン限定ですが対抗することもできます。
また回収についても、扉トリガー、「保護者がわり 未来」の『集中』、「私立リディアン音楽院」「響の親友 未来」のクライマックスシナジーと結構あります。(レベル1のメインアタッカーである「シンフォギアの装者 奏」についてはクロック絆も)

これでなんと1000円です
1枚20円でシンフォギアのカードがいっぱいあったので店で作ってみたらこうなりましたw
2013/07/09 23:57 旧デッキ紹介 TB(0) CM(0)
久しぶりのデッキ紹介。
今回は衝動的に作りたくなって作った「シリカデッキ」です。
でもガチで作ったわけじゃないです。
お金がないのでなるべく安価で作ってみました。


「シリカデッキ」
使用タイトル:ソードアート・オンライン


レベル0 20枚
・赤
 アイドル的存在 シリカ×4
 デート気分 シリカ×2
 《フラワーガーデン》のシリカ×4
 まっすぐな信頼 シリカ×2
 《ビーストテイマー》シリカ×4
 使い魔 ピナ×4



レベル1 17枚
・赤
 窮地のシリカ×3
 《ピナの心》×4
 冒険のはじまり シリカ×4
 パーティーの脱退 シリカ×2
 《プネウマの花》×4(イベント)



レベル2 5枚
・赤
 かわいい悪戯 シリカ×3
 感謝の気持ち シリカ×2



クライマックス 8枚
・赤
 初めての冒険×4
 ピナの蘇生×4


赤:50


安価なのでレベル3の「妹のような存在 シリカ」や、シリカじゃないけど「戦場に身を置くキリト」なんかは入ってません。
とりあえずこれで2050円です。
ヴァイスシュヴァルツの中では安価なほうではないでしょうか?(それにしても「使い魔 ピナ」高かったなぁ~ もうちょっと探してみたほうがよかったかも)
※ちゃんと探せば1300円ぐらいでできます(´;ω;`) 正直あんまり使わないのになんで急いでしまったんだろう・・・


コンセプト

「使い魔 ピナ」を使いまわすことにより、盤面を維持していくデッキです。


キーカード

「使い魔 ピナ」
レベル:0 コスト:0 パワー:1500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:使い魔・竜
【永】 他のあなたのカード名に「シリカ」を含むキャラすべてに、パワーを+500。
【自】[このカードを控え室に置く] 他のあなたのカード名に「シリカ」を含むキャラが舞台から控え室に置かれた時、後列にこのカードがいるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのキャラをそのキャラがいた枠に【レスト】して置く。


このデッキのキーカードといったらこれです ピナです!  シリカじゃないですw
後列に置いて各種「シリカ」に500パンプかけつつ、前列の「シリカ」がやられたら主のかわりにやられてあげる。
まさに使い魔の鑑と言っていいのではないでしょうか?

そういえば「なのはデッキ」も「フェイトデッキ」も「はやてデッキ」もキーカードは本人たちよりも、友達だったり使い魔だったり守護騎士だったりでしたね 忘れてましたw


キーカードは「使い魔 ピナ」だけですが、それをサポートするカードが多くあります。
そのキーカードを補佐するカードたちを
「《ビーストテイマー》シリカ」
レベル:0 コスト:0 パワー:1000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:アバター・武器
【自】 絆/「使い魔 ピナ」 [(1)] (このカードがプレイされて舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「使い魔 ピナ」を1枚選び、手札に戻す)


『絆』により「使い魔 ピナ」を回収します。
主のためにかばって舞台から去った使い魔を即救いだす。
なんていい関係なんだ! 主と使い魔の絆が垣間見えますね。
まあ回収した「使い魔 ピナ」は即後列に置きますけどね。(シリカの身代わりのために^^)


「冒険のはじまり シリカ」
レベル:1 コスト:1 パワー:6500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:アバター・武器
【自】[(1)] このカードがアタックした時、クライマックス置場に「初めての冒険」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「使い魔 ピナ」を1枚選び、舞台の好きな枠に【レスト】して置き、そのターン中、このカードのパワーを+3500。


クライマックスシナジーで1コスト払う必要がありますが「使い魔 ピナ」を舞台に直接出せます。
出してもレスト状態なのでそのままアタックに向かわせることはできませんが(できたらやばい)後列に置いておけばちゃんと仕事をしてくれますので大丈夫です(主にシリカの身代わりになるという仕事が^^)


「《プネウマの花》」
レベル:1 コスト:0
このカードは、あなたのカード名に「シリカ」を含むキャラがいないなら、手札からプレイできない。あなたは自分の山札を見てカード名に「ピナ」を含むキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。その山札をシャッフルする。


今度は山札から「使い魔 ピナ」をサーチします。
レベル1ですと控え室よりまだ山札にいることもあると思いますので、このカードで「使い魔 ピナ」を呼んで仕事してもらいましょう(主にシリカの身代わりになるという仕事が^^)


「《フラワーガーデン》のシリカ」
レベル:0 コスト:0 パワー:1500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:アバター・武器
【自】[(1)] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「《プネウマの花》」を1枚選び、手札に戻す。


登場時1コスト払うことにより「《プネウマの花》」を回収して間接的に「使い魔 ピナ」を呼んでくることができます。
もちろん「《プネウマの花》」によってサーチした「使い魔 ピナ」は後列に置いておきます(主にシリカの身代わりになるために^^)


このデッキ衝動的に作っちゃいましたが、ショップ大会のときに知り合いがこのデッキ(これよりかはもうちょっといいけど)を使ってたのを見て面白いと思ったので作ったってのもあります。
それにしても・・・
なんというピナの重労働っぷり 過労死しちゃうよ(´;ω;`)
あといったい何回やられればピナは安らかに休むことができるのだろうか・・・


動かし方

・レベル0帯
レベル0から前列は各種「シリカ」でアタック、後列は「使い魔 ピナ」を配置していきます。
ただし「《ビーストテイマー》シリカ」「《フラワーガーデン》のシリカ」はなるべく効果を使用していきたいので、しょっぱなから出すのは控えたいところです。

・レベル1帯~
基本はレベル0と一緒です。
ここから「《プネウマの花》」「冒険のはじまり シリカ」が使えますので、より「使い魔 ピナ」を酷使できます。
レベル2もレベル3も動きはだいたい一緒なので省略で


という感じです。
といってもまだ使ってないんですがw
それと今日近くの店で安価でシンフォギアのデッキ作ったので明日はそれを紹介すると思います。
2013/07/08 21:58 旧デッキ紹介 TB(0) CM(0)
助太刀&カウンター最高値 ブースター表
助太刀&カウンター最高値 エクストラ表

エクセルでまとめてみました。
本来なら1つになってたんですが、ブログのファイルアップデートの仕様上2つに分けることになりました。
自分用にまとめたところがありますので、たぶん他の人から見たらみにくいと思いますがそこはご勘弁を><(指摘されれば多少は修正するかもしれません)

また今後もどんどん参戦タイトルは増えていくので、またある程度タイトルが出てきたら追加していきます。
※2013/7/11追加修正
「D.C.」のレベル2の値にミスがあったので修正。
イベントか助太刀かを区別できるようにしてみました。
エクストラのほうに「ビジュアルアーツ」いれときました(忘れてたw)

※2013/8/31 
「ラブライブ!」「翠星のガルガンティア」追加 
「DOG DAYS'」で新たに出た助太刀を追加修正
カムバックで決定した「Phantom」の助太刀を追加修正

※2013/11/30
「幻影ヲ駆ケル太陽」「デビルサバイバー2」追加
「化物語」のレベル2コスト0のイベントカウンターの値を追加修正

※2014/4/1
「艦隊これくしょん -艦これ-」「Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ」「うーさーのその日暮らし」追加

※2014/12/02
いろいろ追加修正

まとめた結果の考察的なもの
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 まとめ
DOG DAYS

レベル1
「自由騎士 ダルキアン」
レベル:1 コスト:1 パワー:1500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:動物・武器
【自】 あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたの、《動物》か《勇者》のキャラが3枚以上なら、あなたは自分のバトル中のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+X。Xはあなたのレベル×500に等しい。
【起】【カウンター】 助太刀1500 レベル1 [(1) 手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500)


レベル1の段階では普通の2000助太刀と変わりませんが、自身のレベルが上がるにつれて2500、3000と値が上がっていきます。
オーバースペックというわけではないですが、レベル1助太刀ながら最後まで使いとおしていけるでしょう。


「英雄仮面 アデク」 ※2013/11/1追加修正
レベル:1 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:勇者・武器
【自】[あなたの控え室の、《動物》か《勇者》のキャラを1枚クロック置場の下に置く] あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500。
【起】【カウンター】 助太刀1000 レベル1 [手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000)


エクストラブースター「DOG DAYS'」で追加されたレベル1の助太刀です。
レベル1でノーコストながら2500もの値を出せます。
そのかわり2500の値を出すためには1ダメージ受けなけらばなりませんが、その方法というのが控え室の《動物》か《勇者》のキャラをクロックに置くというもの。
「DOG DAYS」の早出しでは控え室からではなくクロック置場から登場するので、このカードのコストから早出しに繋げられるので無駄がないと思います。


レベル2
オーバースペックなし


※()内はマイナーもしくは不確定だけど出せる最高値
・DOG DAYS
レベル1:2500(2000~3000)
レベル2:3000



Part33←前 次→Part35
まとめ
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 まとめ



※2015/1/7修正 1記事につき1タイトルごとに変更
自分、明日東京大会行ってきます。
自分は地区には出ませんが、なのはのタイトルカップに出ようと思ってます。

まあそれだけです。(まだデッキ決めてないや^^;)
とりあえず2012年度までの参戦したタイトルのブースターのは終わりました。
2013年度のは今年のことなので、まだタイトルが出揃ってないのである程度出てきたらということで。
で当然ながらあれらも忘れてないのでちゃんとやりますよ~


CLANNAD

レベル1
オーバースペックなし


レベル2
オーバースペックなし


・CLANNAD
レベル1:1500
レベル2:3000



Part30←前 次→Part32
まとめ
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 まとめ



※2015/1/7修正 1記事につき1タイトルごとに変更
魔法少女まどか☆マギカ

レベル1
「希望を守る まどか」
レベル:1 コスト:1 パワー:1500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:魔法
【自】 あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたは自分のバトル中の緑のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。
【起】【カウンター】 助太刀1500 レベル1 [(1) 手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500)


「内気な少女 千石撫子」と同じように、このカードの場合は緑のキャラに対して助太刀した場合2500になります。


レベル2
「グリーフシード」
レベル:2 コスト:1
【カウンター】 あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+X。Xはあなたの《魔法》のキャラの枚数×1000に等しい。


「戦闘モード」と同じく、こちらは《魔法》のキャラ×1000のカウンターを打つことができ、その最大値は5000です!!
少々不安定ですが1コストで5000も出すことができるのはなかなか魅力的だと思います。


・魔法少女まどか☆マギカ
レベル1:2500
レベル2:5000



Part26←前 次→Part28
まとめ
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 まとめ



※2015/1/7修正 1記事につき1タイトルごとに変更
カレンダー
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
今まで見てくれた人
今見てくれている人
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。