ヴァイスシュヴァルツについてのブログです。主にカード考察や特定の能力持ちのまとめ、手持ちのデッキレシピを書いています。(たまに自分のラブライブと艦これ事情等の雑談も)
プロフィール

ハイパーアイクン

Author:ハイパーアイクン
ヴァイスシュヴァルツについて記事を書いていきます。

所持デッキ
■D.C.
 アイシア耐久
 生徒会
 白河ことり軸音楽
 姫乃早出し
 音楽
 杉並アンコール
 
 ほぼさくら単
 「見事なカウンター」
 和泉子バウンス

■魔法少女リリカルなのは
 なのフェイ
 なのは アンコール型
 なのは 大型バーン型
 フェイトビート
 一心同体軸
 夜天はやて
 「湖の騎士シャマル」
 ヴィータビート(ソウル型)
 ヴィータビート(パワー型)
 フェイトビート ファランクス型
 メカ相討ちアンコール

■らき☆すた
 オタク
 双子
 絆ソウルビート

■探偵オペラ ミルキィホームズ
 魔女っ娘シャロ軸
 ハロウィンナイト軸

■艦隊これくしょん -艦これ-
 金剛軸
 はっちゃん守り隊
 初風選抜
 赤城選抜
 響選抜
 夜戦型
 ハイパーズ
 
■ラブライブ!
 僕光軸
 夢にむかってμ's軸
 赤緑
 「アイドル大好き花陽」
 ことり単
 にこ単
 穂乃果単
 真姫単
 海未単
 凛単

■涼宮ハルヒの憂鬱
 赤緑青(安価)

■ソードアート・オンライン
 シリカデッキ

■Angel Beats!

■プリズマ☆イリヤ

■進撃の巨人



mixiもやってます。

最新トラックバック
楽天市場
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
MELTY BLOOD

レベル1
「“新しい”タタリ」
レベル:1 コスト:1
【カウンター】あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+4500。このカードをクロックに置く。


なんとレベル1の段階で4500もの値を出せます!!
レベル1ではこれが最高値ではないでしょうか?(まだ全部調べてないのでわかりませんが^^;)
しかし「フェラーリF40」と同じく使ったらこのカードがクロック置場に置かれるので使いどころに気をつけないといけませんね。


レベル2
オーバースペックなし


おまけ
レベル0
「白レン」
レベル:0 コスト:0 パワー:1000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:使い魔・動物
【起】【カウンター】 助太刀1000 レベル0 [ 手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000)


「D.C.」と「リトルバスターズ」だけかと思ったら「MELTY BLOOD」にもレベル0助太刀があったんですね。
またタイトル内にはレベル0→1チェンジがあるためレベル0助太刀というのは効果があるかもしれませんね。


・MELTY BLOOD
レベル0:1000
レベル1:4500
レベル2:3000 ※レベル1のを使えば4500



Part17←前 次→Part19
まとめ
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 まとめ



※2015/1/7修正 1記事につき1タイトルごとに変更
スポンサーサイト
禁書目録&超電磁砲

レベル1
「完全幼女な成人教師 小萌」
レベル:1 コスト:1 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:先生・科学
【自】 記憶 あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたの思い出が2枚以上なら、あなたは自分のバトル中のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。
【起】【カウンター】 助太刀1500 レベル1 [(1) 手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500)


条件を満たせば2500の値を出せます。


レベル2
「ビッグスパイダー」
レベル:2 コスト:1
【カウンター】 あなたは自分の《風紀委員》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+4000。このカードを思い出にする。


《風紀委員》のキャラ限定ですが4000もの値を出せます。


おまけ
レベル0
「幼い日の美琴」 ※2015/1/13追加修正
レベル:0 コスト:0 パワー:1000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:超能力・カエル
【起】【カウンター】 助太刀1000 レベル0 [手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000)


「白レン」と同じくレベル0助太刀のみとなっております。
またタイトル内にはレベル0→1チェンジがあるためレベル0助太刀というのは効果があるかもしれませんね。


・禁書目録&超電磁砲
レベル0:1000
レベル1:2500
レベル2:4000



Part14←前 次→Part16
まとめ
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 まとめ



※2015/1/7修正 1記事につき1タイトルごとに変更
4/6にブログを初めてもうちょっとで3ヶ月がたちます。 早いですね~
そんな当ブログですが2日前の6/27に初コメントをいただきました。

カウンターを設置しているので閲覧してくれている人がいるのはわかりますが、やっぱりコメントがあると書いているものとしては嬉しいものです^^

一応はじめたときからなるべく「1日1記事書く」つもりでブログを初めたのですが、なかなかネタがなく、すぐに途切れちゃいまいたw
「今日のカード」について書くようにすれば土日分だけ記事を考えればいいのですが、何回も書いてあるとおり、他のいろいろな方が「今日のカード」について書いてらっしゃるので自分は書いてません(例外で稀に書きますが)
「今日のカード」ばかりになってしまって面白くありませんし。


ということで6/20からまた再び「1日1記事書く」ことを目標にやっていこうと(`・ω・´)ゞ
前までは思いついたもの1つ1つ書いていたんですが、すぐネタ切れになるんですよね~(だから続かなかったのだがw)
でも今回からは大丈夫ですよ~
探しに探して、今のところ30個はネタをストックしてますから( ・´​◡・`)
それに今書いている「各タイトルの助太刀&カウンター最高値」が結構長いのでw
タイトルが多いので年度ごとに、そしてさらにサイドごとに分けて書いているので、あと10日ぐらい続きますw


とりあえず最低でも1ヶ月は更新が続くように頑張っていく所存です(就活もがんばらないと(´;ω;`))
2013/06/29 00:29 その他 TB(0) CM(1)
THE KING OF FIGRTERS

レベル1
「シェン・ウー」
レベル:1 コスト:1 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:特徴なし
【自】 [あなたの山札の上から1枚をクロック置場に置く] あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500。
【起】【カウンター】 助太刀1500 レベル1 [(1) 手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500)


1ダメージ受けますがレベル1の時点で1体に集中させれば3000もの値を出せます。
また振り分けも可能です。


レベル2
オーバースペックなし
3000助太刀もなし。
一応レベル2助太刀はありますが値は2500なんですね~(そのかわりなんか効果がついてますが^^;)

 
・THE KING OF FIGHTERS
レベル1:3000
レベル2:2500 ※レベル1のを使えば3000



Part11←前 次→Part13
まとめ
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 まとめ



※2015/1/7修正 1記事につき1タイトルごとに変更
らき☆すた

レベル1
「歩く萌要素ゆたか」
レベル:1 コスト:1 パワー:1500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:保健室
【自】 あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたの『絆』を持つキャラがいるなら、あなたは自分のバトルしているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。
【起】【カウンター】 助太刀1500 レベル1 [(1) 手札のこのカードを控え室に置く] (あなたはフロントアタックされている自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500)


「絆」持ちのキャラがいれば2500の値を出せます。
タイトル内の「絆」持ちは出したあともチャンプして終わるだけではなく、後列に置いて支援することもできるので一応悪くはないと思います。


レベル2
「戦闘モード」
レベル:2 コスト:1
【カウンター】 あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+X。Xはあなたの《メガネ》のキャラの枚数×1000に等しい。


《メガネ》のキャラで埋めればなんと1コストで5000もの値を出せます!!(「ファニーライオン」(´;ω;`))
ですが、やはり自分の舞台のキャラに左右されるので不安定ではあります(トップチェックや「集中」よりかはまだ安心できるが)


「黒井 ななこ」
レベル:2 コスト:1 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:先生・ネトゲ
【自】 あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたは自分の、《オタク》か《ネトゲ》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。
【起】【カウンター】助太刀2500 レベル2 [(1) 手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2500)


ということで安定して出せる最高値はこのカードで1体に集中させたときの3500になります。
振り分けることも可能です。


※()内はマイナーもしくは不確定だけど出せる最高値
・らき☆すた
レベル1:2500
レベル2:3500(5000)



Part8←前 次→Part10
まとめ
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 まとめ



※2015/1/7修正 1記事につき1タイトルごとに変更
ペルソナ

レベル1
「真宵堂」
レベル:1 コスト:2
【カウンター】 あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+3000し、ソウルを+1。


3000もの値を出すことができますが2コストかかります。
さすがに使われることはないかな・・・


「白鐘 直斗」
レベル:1 コスト:1 パワー:500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:探偵・警察
【自】 あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたは自分の、《警察》かカード名に「主人公」を含むキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。
【起】【カウンター】 助太刀2000 レベル1 [(1) 手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2000)


特徴《警察》持ちかカード名に「主人公」を持つキャラ限定ですが1体に集中させれば3000もの値を出せます。


「“月高組”順平」 ※2014/10/23追加修正
レベル:1 コスト:1 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:魔法・武器
【自】 記憶 あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、相手の思い出置場にカードがあるなら、あなたは自分のバトル中のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500。
【起】【カウンター】 助太刀1500 レベル1 [(1) 手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500)


「ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス」で追加されたカードです。
相手の思い出置場にカードがあれば1/1/3000助太刀になります。
思い出を活用するデッキにとってはレベル1から3000のカウンターを意識しないといけないのはきついと思います(タイトル内にはこちらから能動的に相手のカードを思い出に送るカードもありますけどね)


「どこでも出前! あいか」
レベル:1 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:ウェイトレス
【自】 あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたのストックが6枚以上なら、あなたは自分のバトル中のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500し、《肉》を与える。
【起】【カウンター】 助太刀1000 レベル1 [手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000)


条件がストック6枚以上とレベル1の段階では少々厳しいですが、ノーコストで2500もの値を出せます。
さらに上のカードと違いこちらは誰にでも使えるというのもいいところ。


レベル2
「休息の時間」 ※2014/10/23追加修正
レベル:2 コスト:1
【カウンター】 あなたは自分の、《魔法》か《武器》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+4500。


「ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス」で追加されたカードです。
《魔法》か《武器》と非常に範囲の広い特徴が対象になっているため2/1/4500カウンターの中では一番使いやすいように感じます(スタンダード構築的に)


・ペルソナ
レベル1:2500or3000
レベル2:4500



Part4←前 次→Part6
まとめ
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 まとめ



※2015/1/7修正 1記事につき1タイトルごとに変更
こういうのって知っているつもりでもたま~に見かけないカードが飛んできて、しかもそれがかなりのオーバースペックだったりってのが稀にあると思うんです。

なので自分が覚えるためにもという意味も兼ねて何回かに分けて各タイトルごとに書いてみようかと思います。
※2015/1/7修正 1記事につき1タイトルごとに変更

D.C.

レベル1
「想いを言葉に ことり」
レベル:1 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽・魔法
【自】[手札を1枚クロック置場に置く] あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分のバトル中のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+3000。
【起】【カウンター】 助太刀1000 レベル1 [手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000)


レベル1での最高値はこのカードの能力を使った時の4000!!
まあ助太刀とは別にもう1枚手札を捨てなければならないのでそうそう使われないだろうが・・・


「とびっきりの笑顔 サラ」
レベル:1 コスト:1 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:魔法・スポーツ
【自】 あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたは相手のバトル中のキャラを1枚選び、そのターン中、ソウルを+1。
【起】【カウンター】 助太刀2500 レベル1 [(1) 手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2500)


ということで追加コスト等を払わないで出せる最高値は2500になります。
このカードの他に「白河 ななか」もありますが、「白河 ななか」の方はトップチェックで《音楽》でないと2500にならないので不確定なのが痛いところ。


レベル2
「小さな身体」
レベル:2 コスト:1
【カウンター】 このカードは、あなたの思い出が2枚以下なら、手札からプレイできない。あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+4500。


条件は厳しいですが、4500もの値を出せます。
「くすぐったい毎日 音姫」を使っている「生徒会デッキ」でしたら入っているかもしれませんね。


おまけ
レベル0
「元気な音夢」
レベル:0 コスト:0 パワー:500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・風紀委員
【自】 あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたは自分の、《バナナ》か《風紀委員》のキャラを1枚選び、そのターン中、レベルを+1。
【起】【カウンター】 助太刀1000 レベル0 [手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000)


一応レベル0にも助太刀があります。
助太刀使用時に自分の《バナナ》か《風紀委員》のキャラ1体にレベルパンプを行えます。
まあデッキに入る余裕なんてありませんが^^;


※()内はマイナーもしくは不確定だけど出せる最高値
・D.C.
レベル0:1000
レベル1:2500(4000)
レベル2:3000or3500(4500)



次→Part2
まとめ
各タイトルの助太刀&カウンター最高値 まとめ
今回は「D.C.」の回収イベントについて。
作品内のカードプールが広いと同じような役割のカードも多いですよね~
特に「D.C.」は一番カードプールが広いですから。


それと、こういうような考察?は、やっぱり自分が使っているタイトルじゃないとうまくできませんから、これからも「D.C.」と「魔法少女リリカルなのは」に多くなります。


ということで今回は5枚もある回収イベントについてです。

「かけがけのない仲間」
レベル:2 コスト:2
あなたは自分の控え室のキャラを2枚まで選び、手札に戻す。


「ホワイトクリスマス」
レベル:1 コスト:2
あなたは自分の控え室のキャラを2枚まで選び、手札に戻し、自分の手札を1枚選び、控え室に置く。このカードを思い出にする。


「はじめまして、るる姉。」
レベル:1 コスト:1
あなたは自分の控え室のレベル2以上のキャラを1枚選び、手札に戻す。このカードを思い出にする。


「年越しキス」
レベル:2 コスト:1
あなたは自分の控え室の《生徒会》のキャラを1枚選び、手札に戻す。あなたは自分の控え室の「年越しキス」を1枚選び、思い出にする。このカードを思い出にする。


「ワン・オブ・サウザンド」
レベル:2 コスト:1
あなたは自分の【スタンド】している《バナナ》のキャラを1枚選び【レスト】する。そうしたら、あなたは自分の控え室のキャラを1枚選び、手札に戻し、自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+3000。
このカードを思い出にする。



・「かけがえのない仲間」
TDにも収録されている一番最初にでた回収イベント(ヴァイスシュヴァルツ全体でも)
非常にシンプルでわかりやすく、効果も強いです。
単純に手札1枚で2枚カードが増えるのだから弱いわけがないですよね。
ただレベル2からでないと使えないのと、その後のキャラの展開のことを考えるとコストが重いかなという感じです。
悪くはないんだけどね。

・「ホワイトクリスマス」
「D.C.」内で次に登場した回収イベント。
それまではちょっとくせのあるキャラの能力による回収か、レベル2になってからの「かけがえのない仲間」による回収でした。
「かけがえのない仲間」は2体回収はいいんだけど、レベル2からなので遅いのが欠点だったのだが、このカードはレベル1から使えるのが優れているところ。
「かけがえのない仲間」と同じく2体回収できるのもいいですね。
しかし、手札を1枚捨てなければならず、このカードも思い出に飛ぶので手札が増えるわけではないです。
おまけにコストは2。 レベル1時点でキャラの展開以外に2コストは厳しいです。
それでも、やはりレベル1で使える点は序盤で事故ったとしてもある程度立ち直せるたりできますし、今では『記憶』の登場により思い出に飛ぶ点もメリットになり、さらに状況によっては手札に溜まってしまったクライマックスを処理できると一概に手札を捨てるのも悪くないのです。
デッキを見て、どこのレベル帯から重要なのか、キーカードをいつから使うのかで「かけがえのない仲間」とは選択すればいいのではないかと思います。

・「はじめまして、るる姉。」
「D.C.Ⅲ」で登場した回収イベント。
「ホワイトクリスマス」と同じくレベル1から使用でき、しかもこちらは1コストで使用することができます。
またこのカードも思い出に飛ぶことができます。
しかしこのカードは回収できるキャラに制限があり、レベル2以上のキャラしか回収できません。
レベル1から使えるが回収できるキャラがレベル2以上なので回収してもすぐ使えるわけじゃのが少し痛いところ。
また回収できるキャラも1体のみです。
回収できるキャラがレベル2以上のみであることから「ホワイトクリスマス」よりも「かけがえのない仲間」と比較して手札をとるか、コストをとるかで決めるといいのかと。

・「年越しキス」
こちらも「D.C.Ⅲ」から登場した回収イベント。
このカードも回収に制限があり《生徒会》のキャラしか回収できません。
またレベル2からであり、1体しか回収できません。
しかし、このカードはなんといっても1コストで2枚思い出にカードを飛ばせるところが最大の利点だと思います。
よってこのカードは回収イベントというよりも思い出を肥やすためのイベントという意味合いが強いので、他の回収カードと単純に比較はできませんね。
回収キャラが《生徒会》であり、思い出を増やしやすいので、特に「くすぐったい毎日 音姫」を軸にした「生徒会デッキ」に入ります。
というかたぶんそこでしか使われませんw
「くすぐったい毎日 音姫」は《生徒会》を持っており、『記憶』発動のために思い出に4枚ものカードが必要なのでこのカードとは相性がすごくいいのです。

・「ワン・オブ・サウザンド」
「アニバーサリー」から登場した回収イベント。
このカードは他と違い使用するのに制限がついてます。
その制限というのが“自分のスタンドしている《バナナ》のキャラ1体レスト”
正直《バナナ》が入るデッキなんて「ミハネム」以外ほぼないんですよね。(僕みたいな「メカデッキ」作ってたらそこにも入るだろうけどw)
その「ミハネム」内でもたぶんほとんど入らないかな・・・
ただ、効果は強力でキャラを1体回収しつつ、自分の舞台のキャラ1体に3000パンプしつつ、このカードは思い出に飛びます。
そして、それをわずか1コストでやってのけるのですから強いですよね。
ちなみに回収キャラについては制限はないです。
また、このカードが思い出にあることにより「あらたなる旅立ち 美夏」の『記憶』能力が発動し、「あらたなる旅立ち 美夏」はレベル無視の相討ち持ちになりますw
ということで、このカードも他の回収イベントと比較するのは難しいと思います。
「年越しキス」と同様、このカードの場合は「あらたなる旅立ち 美夏」を入れるデッキでないと、このカードも入らないでしょう。


ということで比較・考察してみました。
5枚あるとはいえそのうち2枚は専用デッキでしか活躍できないので、実質3枚の比較ですが。
能力的にはどれも『控え室のキャラを手札に戻す』ですが、デッキにより役割が変わるので一概にどれがいいとかないんですよね。(まあ当然かw)


あと、前も似たようなこと書いたと思うけど・・・
やっぱり自分が使ってるタイトルじゃないとこういった考察は書けないのでこれからもこのような考察的なものは、「D.C.」と「魔法少女リリカルなのは」が多くなります。(「ミルキィホームズ」と「らき☆すた」も一応あるけど)
2回目は「D.C.」より
「サンタのアイシア」についてです。



「サンタのアイシア」
レベル:2 コスト:2 パワー:8500 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:魔法・オモチャ
【自】[手札のレベル1以上のキャラを3枚控え室に置く] この能力は1ターンにつき1回まで発動する。このカードがアタックした時、クライマックス置場に「我がままなアイシア」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の【リバース】しているキャラを1枚選び、【スタンド】する。


一度デッキ紹介2 杉並アンコールで触れたことがありますが、もうちょっと詳しく書いてみようと思いこのコーナーにとりあげました。

このカードは「D.C.」唯一の再スタンド能力持ち(確かそうだったはず)
まあ、他の再スタンド能力持ちと違い自身が再スタンドするわけじゃないんだけどね。
このカードが使われない主な理由は2つだと考えています。

・再スタンドの条件
再スタンドの条件が『自分のリバースしているキャラ』でないと再スタンドさせることができません。
つまり、再スタンドさせたところで結局バトルには負けちゃうんですよね。
じゃあ、アタックしなければいいのではって? だったら素直に『アンコール』使おうね~ってなります。
ということで再スタンドさせたところで、アタック回数は増えても結局キャラは生き残らないというのが一つの要因なのではと思っています(もっともこれが決定打になって決まれば、キャラがやられていようがどうだろうが関係ないが)

そしてもう一つが・・・
・コストが重すぎる
多分こちらの要因の方が大きく影響しているでしょう。
コストはかからないものの、手札3枚は明らかに厳しいです(おまけにレベル1以上のキャラ)
この能力を使う場面というのは終盤であることが多いと思います。
そして終盤というのは今まで溜めたコストや手札を使って相手を追い詰めていく場面です。
それなのにこのカードの効果のために手札3枚を余計に確保するのは厳しいというもの。
おまけに対応クライマックスまで用意しなければなりません。

他の再スタンド能力持ちを見てみると、コストは多くのストックの場合がほとんど(一部山札や手札からの1ダメージ&クライマックスが必要)手札と違いアタックで増えていくので、少し少なくても能力発動までに溜めることができれば使用できますが、このカードは手札をコストにしなければならないのでアタックフェイズで補うことも難しいです。
ということでかなり使いにくいわけですね~


しかし、やはりアタック回数が増える再スタンド能力というのは魅力的だと思いませんか?
ではどうすればいいのか?
すでに答えはでています→デッキ紹介2 杉並アンコール
「杉並アンコール」ですよ!

杉並アンコールならばこの大きな二つの欠点も問題なくなります。
とりあえずまたまたここで「杉並アンコール」についてちょっと説明
杉並アンコールとは・・・「杉並」に手札アンコールを付与させることにより、キャラを引ける限り場を維持し続けることができ、手札とストックも溜まっていくというギミック。

ではなぜ問題なくなるのか?
1つ目の「再スタンドの条件」については
「杉並」はリバース時に1ドローする効果を持っています。
つまり、やられてなんぼのキャラなんです。
よって条件は問題なくなります。 むしろ問題ないどころか最適なキャラです。

2つ目の「コストが重い」については
杉並アンコールを使うと基本的に2面は「杉並」で残り1面は適当なキャラになると思います。
1体はやられてしいますが、自分のターンに1ドロー、クロックすれば2ドロー、空いた1面にキャラを出しても毎ターン1枚ずつ手札は増えていきます。
よって手札コストも問題なく確保することができるのです。


以上のことから「サンタのアイシア」を活かすにはたぶん「杉並アンコール」しかないと思います。


今回なぜやけにここまで推しているのか? というと・・・
「杉並アンコール」って見ると耐久ばっかなのが多いんですよね~
でもって2013/2/1に「木琴占い」「水着の杏」が2種選抜になっちゃいましたね。(適用は2/23からだったが)
で、この二つとも入っているのが「杉並アンコール」だったわけです(他のデッキタイプではさすがに両方入れているのはなかったかな)
基本的に「木琴占い」を選ぶと思いますが、回復力は落ちてますので前ほどというわけでもなく、「木琴占い」はイベントなのでアンコールコストにならず邪魔になるときもあるんですよね~
ということで、ここはいっそ守るのではなく
攻めるっきゃないっしょ!!

ということで「サンタのアイシア」をものすごく推しているというわけです。


まあ余談だけど、一応このカード、ブシロードの金銀キャンペーンでの特製スリーブにも使われたカードなんやで( ・´​◡・`)(今はもう終わっちゃってるけど)
一心同体軸のはやてデッキを作ったため、夜天軸のはやてデッキは一度崩したんですが、やっぱりカードをあまらしておくのはもったいないので、MOVIE 2nd A'sのカードも加えて再度作り直しました。


「夜天はやてデッキ」
使用タイトル:魔法少女リリカルなのは


レベル0 18枚
・赤
 久しぶりの再会 なのは×3


・青
 八神 はやて×4
 “八神家”の主 はやて×2
 探しもの はやて×1
 世界で一番幸福な魔導書 リインフォース×3
 リインフォースⅡ×2
 風の癒し手シャマル×3



レベル1 10枚
・赤
 結界魔導師ユーノ×1
 ママ、いい子×2(イベント)


・青
 “八神家”はやて×3
 カリム・グラシア×2
 悪い子にはお仕置き はやて×2



レベル2 10枚
・赤
 管理局員 ヴィータ×2


・青
 別れの時間 リインフォース×2
 “最後の夜天の主”はやて×4
 守護騎士シャマル&守護獣ザフィーラ×2



レベル3 4枚
・赤
 魔法訓練×4(イベント) 



クライマックス 8枚
・赤
 エクセリオンバスター×3
 エクセリオンバスターA.C.S×1


・青
 フレースヴェルグ×4


赤:16 青:34


「マスターはやて」「お寝坊さん シャマル」なんかは他のデッキに入れて余ってないので入ってません^^;(所詮あまりもので作ったので)
ちなみに赤のクライマックスは扉トリガーなんでもいいかなと。


コンセプト

前半は「風の癒し手シャマル」の支援を得た各種「はやて」を使って盤面を固めストックを稼ぎ、後半は「“最後の夜天の主”はやて」「守護騎士シャマル&守護獣ザフィーラ」「カリム・グラシア」を展開して、盤面を取りつつ余ったストックで回復耐久を図るデッキです。


キーカード

「“最後の夜天の主”はやて」
レベル:2 コスト:2 パワー:8000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:魔法・本
【永】 他のあなたの、「守護騎士シャマル&守護獣ザフィーラ」と「カリム・グラシア」がいるなら、このカードのパワーを+2000。
【自】[(1)] このカードがアタックした時、クライマックス置場に「フレースヴェルグ」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置く。


このデッキの主役です。
「守護騎士シャマル&守護獣ザフィーラ」「カリム・グラシア」自分の場にいるとパワー10000になります。
またクライマックスシナジーで1コストで1点回復できます。
ただ「守護騎士シャマル&守護獣ザフィーラ」「カリム・グラシア」の片方でもいなくなった瞬間パワーが一気に落ちるのでバウンスにはめっぽう弱いです。
レベル3が弱く早出しもなかった昔なら強かったんですがね~(おかげで今はかなり安いですw)


「守護騎士シャマル&守護獣ザフィーラ」
レベル:2 コスト:1 パワー:4500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:魔法・使い魔
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+X。Xはそのキャラのレベル×500に等しい。
【起】[(2) このカードを【レスト】する] あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置く。


「“最後の夜天の主”はやて」を活躍させるためには必須のカードその1ですね。
まあこのカードはレベル応援と2コストレストで1点回復を持っているので他の2枚と比べると普通に他のデッキに単体で入れても活躍しますが。
2コストレストで1点回復を持っているので、「フレースヴェルグ」を引けなくてもコストに余裕があれば回復を行っていけるのはやはり便利です(もちろん、「“最後の夜天の主”はやて」のクライマックスシナジーと合わせてさらなる回復を行うことも)


「カリム・グラシア」
レベル:1 コスト:0 パワー:5000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・神
【永】あなたのクライマックス置場に「限定解除」があるなら、他のあなたのカード名に「フェイト」か「なのは」か「はやて」を含むキャラすべてに、パワーを+1500。


その2がこのカードになります。
クライマックスシナジーで「なのは」「フェイト」「はやて」と広い範囲にパワーパンプがかけられます。
が、基本的に「“最後の夜天の主”はやて」を使うときぐらいしか使いません。
また今回はクライマックスシナジーも使いません。
ちなみに対応クライマックスは1ドロー1体にソウル+3するものです。


まあ「夜天はやてデッキ」といったらこの3枚ですよね。
この3枚以外にもこのデッキの重要なカードを
「風の癒し手シャマル」
レベル:0 コスト:0 パワー:500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法
【永】 他のあなたのカード名に「はやて」を含むキャラすべてに、パワーを+500。
【永】 相手のターン中、他のあなたのキャラすべてに、パワーを+500。


このデッキは「はやて」を多く入れてあるので「守護騎士シャマル&守護獣ザフィーラ」に変わるまで後列として十分な役割を発揮してくれます。


「ママ、いい子」
レベル:1 コスト:2
あなたは自分の控え室のキャラを3枚まで選び、手札に戻し、自分の手札を2枚選び、控え室に置く。


このデッキは「“最後の夜天の主”はやて」を主軸に置いているのでこのカードだけでなく「守護騎士シャマル&守護獣ザフィーラ」「カリム・グラシア」も揃えなければならないのですが、このカードがあれば一気に揃えられます。
また「“最後の夜天の主”はやて」「リインフォースⅡ」の絆で持ってくることもできます。


動かし方

・レベル0帯
出してアタックするだけです。

・レベル1帯
レベル置場には数の少ない赤を置くように(レベル0のときに6止めされた場合はさすがに青だが)
このころまでには後列に「風の癒し手シャマル」を置きたいところ。
基本的には「悪い子にはお仕置き はやて」「“八神家”はやて」「世界で一番幸福な魔導書 リインフォース」の絆での使いまわしでがんばります。
「カリム・グラシア」「“最後の夜天の主”はやて」のために手札に確保しておきましょう。

・レベル2帯
前列に「“最後の夜天の主”はやて」、後列に「守護騎士シャマル&守護獣ザフィーラ」「カリム・グラシア」を置いていきます。
レベル3キャラはいないので「“最後の夜天の主”はやて」のクライマックスシナジーや「守護騎士シャマル&守護獣ザフィーラ」の起動効果でどんどん回復していっていいと思います。(コスト管理には気をつけて)

・レベル3帯
「魔法訓練」が使えるようになります。
詰めのバーンもそうですがパワーパンプも馬鹿にはできません。
レベル3キャラがいないので「“最後の夜天の主”はやて」もしくは「別れの時間 リインフォース」でがんばるしかないので。


まあこんな感じですかね。
結構昔からあるデッキですから回し方なんてわかってると思いますが・・・
2013/06/22 23:31 旧デッキ紹介 TB(0) CM(0)
久しぶりのデッキ紹介。
最近は紹介してきたデッキの改良版ばっかだったのでw


「ヴィータデッキ」
使用タイトル:「魔法少女リリカルなのは」


レベル0 20枚
・赤
 戦闘教官ヴィータ×4
 なのはVSヴィータ×3
 仲良し? なのは&ヴィータ×4
 “ヴォルケンリッター”ヴィータ×4


・青
 ラグナ・グランセニック×2
 お寝坊さん シャマル×1


・黄
 久しぶりの再会 フェイト×1


・緑
 無限書庫司書長ユーノ×1



レベル1 14枚
・赤
 ヴィータ&ザフィーラ×4
 紅の鉄騎 ヴィータ×2
 悲壮な決意 ヴィータ×3


・青
 天邪鬼 ヴィータ×2
 湖の騎士 シャマル×3



レベル2 4枚
・赤
 鉄槌の騎士ヴィータ×4



レベル3 4枚
・赤
 魔法訓練×4(イベント)



クライマックス 8枚
・赤
 ぶち抜けー!×4
 はやての為に×4


赤:40 青:8 黄:1 緑:1

ここまで書いてて初めて青が少ないことに気づいた・・・(前までは「湖の騎士 シャマル」のシナジーを取り入れていたのでもうちょっと青があったのだが)


コンセプト

各レベル帯で相討ち持ちのヴィータを並べ、自ターン中は「湖の騎士 シャマル」のソウルパンプでサイドアタックで攻め、返しの相手ターンで相手に相討ちさせるようにしてダイレクト枠を作り、の繰り返しで盤面を抑えつつダメージを安定して与えていくデッキです。


キーカード

「湖の騎士 シャマル」
レベル:1 コスト:0 パワー:3000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法
【永】 他のあなたのカード名に「シグナム」を含むキャラすべてに、パワーを+500。
【自】 あなたのクライマックス置場に「癒しの力」が置かれた時、あなたは自分の山札の上から3枚を、控え室に置く。それらのカードすべてが《魔法》のキャラなら、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置く。
【起】[このカードを【レスト】する] あなたは自分のカード名に「ヴィータ」を含むキャラを1枚選び、そのターン中、ソウルを+1。


レストするだけで「ヴィータ」1体をソウルパンプすることができます。
今回のデッキは他の2つの能力は使いません。
前まではクライマックスシナジーも使ってたんですが、「魔法訓練」を入れているのでなかなか成功することはなく、またMOVIE 2nd A'sでレベル0の集中持ちが登場したこともあり、対応クライマックスは抜きました。


キーカードは当然上のカードなんですがその他のカードも少しだけ
「悲壮な決意 ヴィータ」
レベル:1 コスト:1 パワー:6500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・人形
【自】[(1)] このカードがアタックした時、クライマックス置場に「はやての為に」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたのキャラすべてに、そのターン中、次の能力を与える。『【自】 このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはこのカードをこのカードがいた枠に【レスト】して置いてよい。』


クライマックスシナジーで1コスト払うことでそのターン中自分のキャラ全てに擬似アンコール付与させます。
このデッキは手札を枯渇させたくないので基本的に相討ち持ちの「ヴィータ」にソウルパンプしてサイドアタックさせています。(相討ち持ってない「ヴィータ」にもかけることはあるが)
なのでこのカードによる擬似アンコール付与によりフロントアタックをためらうことなく仕掛けていけるようになります。(特に相討ちをぶつけられれば相手の負担は大きいはず)
特に「OFFタイム 真」のようなレベルパンプ相手にサイドアタックのし辛さやフロントアタックによる無駄死にを一時的ですが緩和できるのが個人的には嬉しいところ。
また対応クライマックスがソウル+2なのでリフレッシュ率の悪い1週目の山札相手に大ダメージも狙っていけますし、仮にシナジーを使えなかったとしてもソウル+2ですので1つぐらいレベルパンプされただけではサイドアタックが通るのもいい点だと思ってます。


「紅の鉄騎 ヴィータ」
レベル:1 コスト:0 パワー:4500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・人形
【自】 このカードがアタックした時、クライマックス置場に「轟天爆砕」があるなら、そのターン中、このカードは次の能力を得る。『【自】 このカードが【リバース】した時、このカードのバトル相手のレベルがこのカードのレベル以下なら、あなたはそのキャラを【リバース】してよい。』
【自】[(1)] このカードがフロントアタックした時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは相手のキャラを1枚選び、そのターン中、レベルを-1。


「ヴィータデッキ」ですので基本的にソウルパンプをかけつつ相討ちしていくのですが、早出しされると為すすべがなくなるので相手キャラをレベルダウンさせることができるこのカードを入れています。
まあ基本的にはサイドアタックで攻めるんですがさすがに早出しが出てきた場合はこのカードと相討ちを使って早急に対処しますよ^^;
あとこのカードも対応クライマックスがソウル+2でしたね^^;(シナジー使わないから正直気づかなかったw)


「鉄槌の騎士ヴィータ」
レベル:2 コスト:1 パワー:5000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:魔法・武器
【自】[(1)] このカードがアタックした時、クライマックス置場に「ぶち抜けー!」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、相手に1ダメージを与える。(ダメージキャンセルは発生する)
【自】 このカードが【リバース】した時、このカードとバトルしているキャラのレベルが2以下なら、あなたはそのキャラを【リバース】してよい。


レベル2相討ちのヴィータです。
このヴィータは基本的に相討ちしにはいきません。
と言うか早出しが浸透していってる現環境じゃ「紅の鉄騎 ヴィータ」のレベルダウンを活用してのレベル3狩りぐらいですかね。
基本的には最後の詰めの段階で複数展開してクライマックスシナジーを決めていくために使います。


「魔法訓練」
レベル:3 コスト:1
相手に1ダメージを与える。あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+3000。(ダメージキャンセルは発生する)


折角「鉄槌の騎士ヴィータ」のバーンを活用するので、さらに詰め性能を高めようと4枚フルで入れました。
このデッキだと3000パンプはおまけ程度ですねw


動かし方

・レベル0帯
基本的に出してアタックするだけです。
「戦闘教官ヴィータ」は普通に相討ちしにいっていいと思います。
このデッキはコストをそれほど使わないので「仲良し? なのは&ヴィータ」「“ヴォルケンリッター”ヴィータ」の回収効果は使っていっていいと思います。

・レベル1帯
レベル置場にはなるべく青を置くように。
後列に「湖の騎士 シャマル」を出して、「ヴィータ」にソウルパンプしてサイドアタックしていきます。

・レベル2帯
基本的にレベル1帯と変わりません。
相手が早出しでレベル3を出してきたら「鉄槌の騎士ヴィータ」「紅の鉄騎 ヴィータ」のコンビで対処。
また「ぶち抜けー!」「魔法訓練」はこのころから握っておくように。

・レベル3帯
「鉄槌の騎士ヴィータ」のクライマックスシナジーや「魔法訓練」によるバーンで詰めていきます。
手札になかった場合はコストの許す限り「ラグナ・グランセニック」の効果で引いてくるのを期待したり、クロックにある場合は「無限書庫司書長ユーノ」の効果で持ってきましょう。


だいたいこんな感じで動かせばいいと思います。
早出しも多いですが、レベルパンプも結構あるので、相討ちには厳しいです><
タイトル内でも割と出しやすい「一心同体 はやて&リインフォース」や『記憶』により常時レベルパンプされる「アクセルモード なのは」なんかが出ちゃいましたから(´;ω;`)
2013/06/21 23:46 旧デッキ紹介 TB(0) CM(0)
また新しく変えたけど最近試せてないな~。
でもそろそろ書かないと意味がなくなりそうだから書こうかな。
まだまだ改良すると思うけど・・・


「はやてデッキ 一心同体軸」
使用タイトル:魔法少女リリカルなのは


レベル0 17枚
・赤
 久しぶりの再会 なのは×2


・青
 病室のはやて×4
 お寝坊さん シャマル×1
 まどろみの時 リインフォース×3
 世界で一番幸福な魔導書 リインフォース×2
 春に生まれし風 リインフォースⅡ×4


・黄
 久しぶりの再会 フェイト×1



レベル1 12枚
・赤
 カートリッジシステム なのは×2
 屋上の邂逅 ヴィータ×3
 誰も傷つけないように×2(イベント)


・青
 “八神家”はやて×3
 “運命の守護者”アミティエ×2



レベル2 7枚
・赤
 管理局員 ヴィータ×2


・青
 守護騎士シャマル&守護獣ザフィーラ×2
 ユニゾンイン! はやて×3



レベル3 6枚
・青
 一心同体 はやて&リインフォース×3
 マスターはやて×3



クライマックス 8枚
・赤
 ぶち抜けー!×4


・青
 石化の槍 ミストルティン×4


赤:16 青:33 黄:1

全体の主な変更点としては
やっぱりレベル1帯は低コストで高パワーが出せる赤に任せる形になりました。
また前回の構成だと手札が少なくなりがちだと感じたため、「春に生まれし風 リインフォースⅡ」を入れました。

・「入れたカード」 22枚
「久しぶりの再会 なのは」×2
「病室のはやて」×1
「まどろみの時 リインフォース」×1
「久しぶりの再会 フェイト」×1
「春に生まれし風 リインフォースⅡ」×4
「カートリッジシステム なのは」×2
「屋上の邂逅 ヴィータ」×3
「“運命の守護者”アミティエ」×2
「誰も傷つけないように」×2
「管理局員 ヴィータ」×2
「守護騎士シャマル&守護獣ザフィーラ」×2

・「抜いたカード」 22枚
「探しもの はやて」×1
「“八神家”の主 はやて」×2
「突然の襲撃 なのは」×2
「戦闘教官ヴィータ」×2
「風の癒し手シャマル」×4
「無限書庫司書長ユーノ」×1
「悪い子にはお仕置き はやて」×3
「ママ、いい子」×2
「結界魔導師ユーノ」×1
「別れの時間 リインフォース」×2
「古代史学者 ユーノ」×2

結構入れ替えたカード多いなw
改良前はこちら→はやてデッキ改


・「久しぶりの再会 なのは」を入れた理由
「久しぶりの再会 なのは」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・武器
【自】 このカードがアタックした時、あなたは他の自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500。


自ターン中のパワーが高くない「一心同体 はやて&リインフォース」の補助。
またレベル1帯でどうしても倒したいキャラが出た際の補助。


・「病室のはやて」、「まどろみの時 リインフォース」を増やした理由
「病室のはやて」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:本
【自】[このカードを控え室に置く] このカードがフロントアタックされた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の手札の「“八神家”はやて」を1枚選び、このカードがいた枠に防御キャラとして置く。


「まどろみの時 リインフォース」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・本
【自】 絆/「ユニゾンイン! はやて」 [手札を1枚控え室に置く] (このカードがプレイされて舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の「ユニゾンイン! はやて」を1枚選び、手札に戻す)


それぞれ「“八神家”はやて」「一心同体 はやて&リインフォース」の早出しをしやすくするために増やしました。


・「久しぶりの再会 フェイト」に入れ替えた理由
「久しぶりの再会 フェイト」
レベル:0 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・クローン
【起】 集中 [(1)] あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、そのターン中、このカードのパワーを+1000し、ソウルを+1。


「探しもの はやて」と入れ替えたカード。
《魔法》が入ってないと回収が厳しいのと(「突然の襲撃 なのは」抜いたけど)、パワー面はそれなりになんとかなってるのでソウル面を強化したかったため入れ替えました。


・「春に生まれし風 リインフォースⅡ」を入れた理由
「春に生まれし風 リインフォースⅡ」
レベル:0 コスト:0 パワー:500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・ユニゾン
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+500。
【起】[(2) このカードを【レスト】する] あなたは自分の山札を見て《魔法》かカード名に「はやて」を含むキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。その山札をシャッフルする。


最初のほうにも書きましたが、改良前は手札が減ってく感じがしたので入れてみました。
後列枠は「風の癒し手シャマル」がいましたが、このカードが入ったこと、レベル1帯の主力が「はやて」ではなくなったことからこのカードと入れ替えという形で「風の癒し手シャマル」は抜きました。


・「カートリッジシステム なのは」、「屋上の邂逅 ヴィータ」を入れた理由
「カートリッジシステム なのは」
レベル:1 コスト:0 パワー:4500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・武器
【永】 他のあなたの《魔法》のキャラが3枚以上なら、このカードのパワーを+1000。
【自】 加速 [あなたの山札の上から1枚をクロック置場に置く] あなたのクライマックスフェイズの始めに、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、そのターン中、このカードのレベルを+1し、パワーを+3000。


「屋上の邂逅 ヴィータ」
レベル:1 コスト:0 パワー:5000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・人形
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時か「闇の書覚醒」の効果で舞台に置かれた時、そのターン中、このカードのパワーを+X。Xはあなたの《魔法》のキャラの枚数×500に等しい。


どちらも低コストで高パワーが出せるので入れてみました。
「カートリッジシステム なのは」は加速持ちのためレベル2への先上がりも狙えるのではないかと思ってます。


・「“運命の守護者”アミティエ」を入れた理由
「“運命の守護者”アミティエ」
レベル:1 コスト:0 パワー:4500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・時間
【自】 [(2)] このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の山札を見て「“時の操手”キリエ」を1枚まで選んで相手に見せ、手札に加える。その山札をシャッフルする。
【自】 アンコール [あなたの山札の上から1枚をクロック置場に置く] (このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、このカードがいた枠に【レスト】して置く)


手札維持とレベル2への先上がりを狙って入れてみました。(友人のアドバイス)


・「誰も傷つけないように」を入れた理由
「誰も傷つけないように」
レベル:1 コスト:1
あなたは自分の控え室の《魔法》のキャラを1枚選び、手札に戻す。
あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000。


とりあえず軽量回収が欲しかったので入れてみました。
1枚回収なので実質このカードとの手札交換なので「突然の襲撃 なのは」とあまり変わらないような感じですが、こちらはメインフェイズに使えるので回収したカードをすぐ使えるのはやはり魅力的かなと。(特に「“運命の守護者”アミティエ」「カートリッジシステム なのは」は回収してすぐ使いたいし)
またおまけ程度ですがパワーパンプもついていますし。


・「管理局員 ヴィータ」に入れ替えた理由
「管理局員 ヴィータ」
レベル:2 コスト:1 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:魔法・人形
【起】【カウンター】 助太刀3000 レベル2 [(1) 手札のこのカードを控え室に置く] (あなたは自分のフロントアタックされているキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+3000)


前は「古代史学者 ユーノ」入れてましたけど・・・
このデッキ「はやてデッキ」やん?
だったらヴィータちゃんでしょ! なにユーノ君って? 君はお呼びではないよ(ヾノ・∀・`)


・「守護騎士シャマル&守護獣ザフィーラ」を入れた理由
「守護騎士シャマル&守護獣ザフィーラ」
レベル:2 コスト:1 パワー:4500 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:魔法・使い魔
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+X。Xはそのキャラのレベル×500に等しい。
【起】[(2) このカードを【レスト】する] あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置く。


回復が欲しかったので入れてみました。
また今回から後列が「春に生まれし風 リインフォースⅡ」に変わりますし、「ユニゾンイン! はやて」はほとんどユニゾンして「一心同体 はやて&リインフォース」になるので、レベル応援でもあるこのカードが適任ってことで入れました。


結局他の人と似たような感じになったな~・・・
まあガチよりになったら結局こうなっちゃんだよね~
それにしても最近学校とかで忙しくて更新がなかなかできなくなってきた^^;(記事ネタもあんまりないし)
2013/06/20 04:01 旧デッキ紹介 TB(0) CM(0)
え~っと本来は僕のブログでは「今日のカード」について考察したりしないんですが、ちょっと今日のは気になるのが1枚あるので書きたいと思います。


「おしとやかな少女 あおい」
レベル:0 コスト:0 パワー:500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:鍵・武器 レアリティ:R
【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+500。
【起】 〔(2) あなたのキャラを2枚【レスト】する〕 あなたは1枚引く。



なるほど、応援持ちで2コスト2体レストで1枚引きか~
ん?

確か「春に生まれし風 リインフォースⅡ」や「OFFタイム 真」は“2コスト自身レストで特定特徴サーチ”だったよね?
いくら自身をレストしなくてもいいとはいえ、2体レストで1ドローはちょっとな~(後列に置くことになるだろうから大抵このカードがレストコストに入るだろうが)
まあイベントやクライマックスが引ける可能性があるから一概に悪いとは言えないが・・・
問題なのはこのカードのレアリティがRだってこと(じゃなきゃわざわざ書かないし)

「OFFタイム 真」はまだRだから目をつむろう。しかし「春に生まれし風 リインフォースⅡ」はCなんだぞ!

個人的にはレアリティに見合ってないな~と思ったので書いてみました。

そういえば、もう1枚公開されてましたけど特に気にならなかったのでスルーでw
2013/06/13 17:43 今日のカード TB(0) CM(0)
カレンダー
05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
今まで見てくれた人
今見てくれている人
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。