ヴァイスシュヴァルツについてのブログです。主にカード考察や特定の能力持ちのまとめ、手持ちのデッキレシピを書いています。(たまに自分のラブライブと艦これ事情等の雑談も)
プロフィール

ハイパーアイクン

Author:ハイパーアイクン
ヴァイスシュヴァルツについて記事を書いていきます。

所持デッキ
■D.C.
 アイシア耐久
 生徒会
 白河ことり軸音楽
 姫乃早出し
 音楽
 杉並アンコール
 
 ほぼさくら単
 「見事なカウンター」
 和泉子バウンス

■魔法少女リリカルなのは
 なのフェイ
 なのは アンコール型
 なのは 大型バーン型
 フェイトビート
 一心同体軸
 夜天はやて
 「湖の騎士シャマル」
 ヴィータビート(ソウル型)
 ヴィータビート(パワー型)
 フェイトビート ファランクス型
 メカ相討ちアンコール

■らき☆すた
 オタク
 双子
 絆ソウルビート

■探偵オペラ ミルキィホームズ
 魔女っ娘シャロ軸
 ハロウィンナイト軸

■艦隊これくしょん -艦これ-
 金剛軸
 はっちゃん守り隊
 初風選抜
 赤城選抜
 響選抜
 夜戦型
 ハイパーズ
 
■ラブライブ!
 僕光軸
 夢にむかってμ's軸
 赤緑
 「アイドル大好き花陽」
 ことり単
 にこ単
 穂乃果単
 真姫単
 海未単
 凛単

■涼宮ハルヒの憂鬱
 赤緑青(安価)

■ソードアート・オンライン
 シリカデッキ

■Angel Beats!

■プリズマ☆イリヤ

■進撃の巨人



mixiもやってます。

最新トラックバック
楽天市場
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
現在のクライマックスの種類は
・全体パワー+1000、ソウル+1
・全体ソウル+2
・ストックブースト(山札から)&全体ソウル+1
・1ドロー&1体にソウル+3
・1ドロー&1体にパワー+2000、ソウル+1
・1ドロー&全体にパワー+1000
・ストックブースト(控え室から)&全体ソウル+1
計7種類です。

パワーとソウルの両方上がるものが盤面とクロック両方に影響を与えることができるため扱いやすい感じがします。
また1ドローを伴っているものも手札消費なし(つまりほんとにコストなし)でキャラの強化ができるという意味では扱いやすいと思います。

そしてトリガーと同じくすべてのタイトルがすべての種類のクライマックスを持っていないんですよね。
特に『1ドロー&全体にパワー+1000』なんかは13種類(7タイトル)しかありませんでした。
スポンサーサイト
2015/04/05 12:00 クライマックス TB(0) CM(0)
現在登場しているトリガーアイコンは
カムバック
ドロー
リターン
プール
トレジャー
ショット
ゲート
計7種類です

どのトリガーも強力で基本的にはどのタイミングでも活躍するものが多いですが、中にはそうでないものも。
■最終盤(ラストターン)以外
・カムバック
・ドロー
・プール
・トレジャー
・ゲート

■中盤~終盤
・リターン

■終盤
・ショット

黄色のトリガーは他とは違い、いつトリガーしても効果を発揮できるとは限らないためどちらもひと癖あると思います。


最初は、カムバック、ドロー、プール、リターンの4種類(あとソウルね)だけでしたが、のちにトレジャー、ショット、ゲートと緑、黄、青に1つずつ追加されたということはそのうち赤にも特殊トリガーが追加されるときがくるかもしれませんね。
またすべてのタイトルがすべてのトリガーを持っているわけではないんですよね。
これもそのうちなんとかなるのでしょうか?
2015/04/04 12:00 クライマックス TB(0) CM(0)
【自】 このカードが手札からクライマックス置場に置かれた時、あなたは自分の控え室の“指定の色”のカードを1枚まで選び、ストック置場に置き、自分のキャラすべてに、そのターン中、ソウルを+1。

メリット
・ストックも増える
・トリガーがソウル2のためチャンスがある
・自動効果のため何らかの効果で除去されても効果は残る

デメリット
・控え室に指定の色のカードがなかったらストックための効果は不発
・パワーが一切上がらない
・トリガーによる不用意なソウル上昇によるキャンセル誘発のしやすさ
・自動効果のため後から出てきたキャラには効果が発揮されない


ソウルを上げつつストックを増やすことができます。
『【自】 このカードが手札からクライマックス置場に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を、ストック置場に置き、自分のキャラすべてに、そのターン中、ソウルを+1。』と似ていますがこちらは控え室にある指定された色のカードをストックに置くため、効果によりクライマックスがストックに流れることがないため安心して使えるのはいいですね。
しかし控え室に対象のカードがなければストックための効果が不発になるのはご愛嬌ということで(全体ソウル+1はちゃんと発動するのでそこは大丈夫)

最近のブースターだとストックためのクライマックスはこちらの方が登場していますね。
2015/04/01 22:11 クライマックス TB(0) CM(0)
【自】 このカードが手札からクライマックス置場に置かれた時、あなたは1枚引き、自分のキャラすべてに、そのターン中、パワーを+1000。

メリット
・パワーのみの上昇のため不用意に相手を先上がりさせずにキャラの強化を行える
・1ドローがあるため手札消費なしで使える
・山札が削れる
・トリガーがソウル2のためチャンスがある
・自動効果のため何らかの効果で除去されても効果は残る

デメリット
・ソウルが一切上がらない
・ドローが強制効果
・トリガーによる不用意なソウル上昇によるキャンセル誘発のしやすさ
・自動効果のため後から出てきたキャラには効果が発揮されない


1ドローしつつ全体にパワー+1000、とソウルが一切上がらないクライマックスです。
手札消費なくパワーの底上げができ、またソウルが上がらないため不用意に相手に先上がりされることはないため序盤から中盤あたりまでは活用できそうですが、終盤ではソウルが上がらないためほとんど活用されることはないと思います。

そもそもまずこのクライマックスの数が少ないのでほとんど見ることはないと思います。
全部で13種類、保有タイトルが
・CANAAN
・魔法少女リリカルなのは
・劇場版マクロスF
・Rewrite
・アイドルマスター
・Fate
・初音ミク -Project DIVA- f
計7タイトルのみとかなり少ないです(しかもほとんどPRカード)
2015/03/31 23:03 クライマックス TB(0) CM(0)
【自】 このカードが手札からクライマックス置場に置かれた時、あなたは1枚引き、自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2000し、ソウルを+1。

メリット
・1体だけだがパワー+2000・ソウル+1とパワーソウル共に適度に上げることができる
・1ドローがあるため手札消費なしで使える
・山札が削れる
・トリガーがソウル2のためチャンスがある
・自動効果のため何らかの効果で除去されても効果は残る

デメリット
・1体だけにしか効果を発揮しない
・ドローが強制効果
・トリガーによる不用意なソウル上昇によるキャンセル誘発のしやすさ
・自動効果のため後から出てきたキャラには効果が発揮されない


1体だけですが手札消費なくしてパワー+2000、ソウル+1と手軽にキャラを強化できます。
パワー・ソウル共に上昇するためフロントアタック・サイドアタックどちらでもいけますが、パワーが2000も上がるためどちらかというとフロントアタック向き。
全体パワー+1000、ソウル+1の効果のクライマックスみたく、バランスよく強化できるものはやはり扱いやすい印象を受けますね。
2015/03/30 12:00 クライマックス TB(0) CM(0)
【自】 このカードが手札からクライマックス置場に置かれた時、あなたは1枚引き、自分のキャラを1枚選び、そのターン中、ソウルを+3。

メリット
・1体だけだがソウルが3も上がるため相手次第だがソウル調整しやすい
・1ドローがあるため手札消費なしで使える
・山札が削れる
・トリガーがソウル2のためチャンスがある
・自動効果のため何らかの効果で除去されても効果は残る

デメリット
・ソウル+3は結構扱いにくい
・1体だけしか効果を発揮しない
・ドローが強制効果
・パワーが一切上がらない
・トリガーによる不用意なソウル上昇によるキャンセル誘発のしやすさ
・自動効果のため後から出てきたキャラには効果が発揮されない


1ドローしつつ1体だけだがソウル+3のためレベル3相手にもサイドアタックが通ります。
またレベル3相手以外でも活用するところはあると思います。
ソウル1のキャラに使うならソウル4になります。
フロントアタックなら4点、
レベル1にサイドアタックなら3点
レベル2にサイドアタックなら2点
レベル3にサイドアタックなら1点と相手次第ではありますがソウル調整がしやすくなると思います(ソウル2のキャラに使ったら+1点ずつ)
しかしパワーは上がらない、全体ソウル+2と比べると合計値で劣る、相手次第なため基本的に高ソウルであるためキャンセルしやすいと他のクライマックスと比較すると扱いが難しいです。
2015/03/29 12:00 クライマックス TB(0) CM(0)
【自】 このカードが手札からクライマックス置場に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を、ストック置場に置き、自分のキャラすべてに、そのターン中、ソウルを+1。

メリット
・ストックも増える
・山札が削れる
・トリガーがソウル2のためチャンスがある
・自動効果のため何らかの効果で除去されても効果は残る

デメリット
・ストックに置かれるカードが不明
・ストックに置く効果が強制効果
・パワーが一切上がらない
・トリガーによる不用意なソウル上昇によるキャンセル誘発のしやすさ
・自動効果のため後から出てきたキャラには効果が発揮されない


ソウルを上げつつストックを増やすことができます。
アタック以外で手軽にストックを増やすことができ、パワーではなくソウルを上げることができるためどのキャラに対しても有効と使い勝手が良さそうにですが欠点もそれなりにあります。
ストックに関しては裏向きのまま置かれるためもっとも重要なクライマックスである可能性もあります。
しかも効果的にアタック前のため、もしクライマックスだったなら4ストック使わないと控え室に落とすことができません。
またパワーも一切上昇しないため別の手段で盤面を確保できるようにしなければなりません。
とまあ欠点はあるものの、ストックのことに関してはアタック時にコストを必要とする能力を使ったりすればいいですし、パワーに関しても、クライマックスを頼らずとも問題ない・盤面を取らなくても問題ないなら欠点は軽減できます。
少しクセがあるクライマックスと言えますがプレイングやデッキ次第であるというわけです(他にも言えることだけど)

またのちにこの効果とよく似た効果も登場し、現在はそちらが主流になっています。
2015/03/28 16:11 クライマックス TB(0) CM(0)
【永】 あなたのキャラすべてに、ソウルを+2。

メリット
・ソウルが大幅に上昇する
・トリガーもソウル2のためチャンスがある
・永続能力の為クライマックスを使った後にキャラが登場しても効果を得られる

デメリット
・パワーが一切上がらない
・トリガーによる不用意なソウル上昇によるキャンセル誘発のしやすさ
・永続能力の為何らかの効果で除去されると効果を失う


全体にソウル+2のため一気にクロック差を埋めるもしくは覆す可能性を秘めています。
ソウルが2も上がるためサイドアタックもしやすくなります。
しかしながらソウルが上がるということは同時に1回のアタックにおけるキャンセルの誘発をしやすくもしているため、下手したら全然ダメージが通らなかったということも。
またパワーは上げられないため盤面はクライマックス以外で対処できるようにしなければならないと思ったより扱いが難しいクライマックスなのかもしれません。
2015/03/27 22:48 クライマックス TB(0) CM(0)
【永】 あなたのキャラすべてに、パワーを+1000し、ソウルを+1。

メリット
・全体のパワーとソウルを上げられる
・特殊トリガー持ち(初期タイトルのクライマックス除く)
・トリガーによる不確定なソウル上昇を抑えられる(リターン、ショット、ゲート、初期クライマックス以外)
・永続能力の為クライマックスを使った後にキャラが登場しても効果を得られる

デメリット
・トリガーによるソウル上昇率の低下(リターン、ショット、ゲート、初期クライマックス以外)
・永続能力の為何らかの効果で除去されると効果を失う


全体のパワーとソウルを上げることができるためフロントアタック・サイドアタックどちらの選択をする場合にも有効に効果を発揮することができます。
またほぼ特殊トリガー持ちなためトリガーによる不用意なソウル上昇を減らせるのも使う側としては安定していて使いやすいところです。
2015/03/25 12:00 クライマックス TB(0) CM(0)
7回目は「ゲートアイコン」についてです。

門@:このカードがトリガーした時、あなたは自分の控え室のクライマックスを1枚選び、手札に戻してよい

メリット
・クライマックスを回収できる
・手札がノーコストで増える

デメリット
・控え室にクライマックスがないと不発
・盤面やクロックには関与しない
・クライマックスが手札に溜まりやすくなるため処理手段を考えていないと大変なことに


回収しづらいクライマックスを手札に加えられることが最大の強みです。
トレジャーと似ていますがこちらは控え室にあるクライマックスなら自身だけでなく他のカードも選ぶことができるのも強みとなっています。
クライマックスシナジーを重視する場合は活用していきたいところ。
しかしゲートを単なるもう1つのクライマックスシナジーのための回収用として使う場合は、自己完結しているトレジャーと違いクライマックスの役割的に少々勿体無い気も・・・(普通に使う、シナジー狙いで使う、トリガーを期待して使うのうちシナジーを考慮しなくなるため)
2015/03/23 12:00 クライマックス TB(0) CM(2)
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
今まで見てくれた人
今見てくれている人
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。