ヴァイスシュヴァルツについてのブログです。主にカード考察や特定の能力持ちのまとめ、手持ちのデッキレシピを書いています。(たまに自分のラブライブと艦これ事情等の雑談も)
プロフィール

ハイパーアイクン

Author:ハイパーアイクン
ヴァイスシュヴァルツについて記事を書いていきます。

所持デッキ
■D.C.
 アイシア耐久
 生徒会
 白河ことり軸音楽
 姫乃早出し
 音楽
 杉並アンコール
 
 ほぼさくら単
 「見事なカウンター」
 和泉子バウンス

■魔法少女リリカルなのは
 なのフェイ
 なのは アンコール型
 なのは 大型バーン型
 フェイトビート
 一心同体軸
 夜天はやて
 「湖の騎士シャマル」
 ヴィータビート(ソウル型)
 ヴィータビート(パワー型)
 フェイトビート ファランクス型
 メカ相討ちアンコール

■らき☆すた
 オタク
 双子
 絆ソウルビート

■探偵オペラ ミルキィホームズ
 魔女っ娘シャロ軸
 ハロウィンナイト軸

■艦隊これくしょん -艦これ-
 金剛軸
 はっちゃん守り隊
 初風選抜
 赤城選抜
 響選抜
 夜戦型
 ハイパーズ
 
■ラブライブ!
 僕光軸
 夢にむかってμ's軸
 赤緑
 「アイドル大好き花陽」
 ことり単
 にこ単
 穂乃果単
 真姫単
 海未単
 凛単

■涼宮ハルヒの憂鬱
 赤緑青(安価)

■ソードアート・オンライン
 シリカデッキ

■Angel Beats!

■プリズマ☆イリヤ

■進撃の巨人



mixiもやってます。

最新トラックバック
楽天市場
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
5回目は
「ゼロの使い魔」より「負けず嫌いなルイズ」と
「D.C.」より「愛故の戦い ななこ」についてです。


「負けず嫌いなルイズ」
レベル:1 コスト:1 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:魔法・虚無
【自】このカードが【リバース】した時、このカードとバトルしているキャラのレベルが1以下なら、あなたはそのキャラを【リバース】してよい。


「愛故の戦い ななこ」
レベル:1 コスト:0 パワー:5000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:メガネ・漫画
【起】[(1)] そのターン中、このカードは次の能力を得る。『【自】 このカードが【リバース】した時、このカードのバトル相手のレベルが1以下なら、あなたはそのキャラを【リバース】してよい。』


どちらも1コストかけて相討ちを行うことができます。


それぞれを比較してみると
「負けず嫌いなルイズ」
・相手ターンでも相討ちができる
・アンコール等で手札に戻さずに舞台に維持させることができれば追加でコストはかからない
・最初から相討ちを持っているので起動封じされても相討ちできる
・トリガーあり

「愛故の戦い ななこ」
・基礎パワーがこちらの方が1000高い
・登場時にはコストがかからないので相討ちが必要じゃない場面ならコストはかからない
・トリガーなし


こんな感じだと思います。
相討ちキャラを見ていたらふと思ったので久々にやってみました。
タイトル外のキャラ同士の比較なので、ネームや特徴に関してはスルーで。
どちらかだったら、自分は「愛故の戦い ななこ」を選びそうですね。
レベル1で登場時にコストがかかるというのが自分的にはちょっと抵抗があるかな。
ちなみにどちらも同能力のカードが他にもあります。
スポンサーサイト
4回目は
「ペルソナ」より「アイギスの見る夢」と
「幻影ヲ駆ケル太陽」より「癒やしの力」についてです。



「アイギスの見る夢」
レベル:2 コスト:0
あなたは自分の山札の上から1枚を、ストック置場に置く。あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500。


「癒やしの力」
レベル:2 コスト:0
【カウンター】 あなたは自分の《タロット》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500。このカードをストック置場に置く。


どちらもパワーパンプとストックブーストを兼ね備えてます。


それぞれを比較してみると
「アイギスの見る夢」
・パンプ対象に制限がない
・山札がほんの少しだが削れる

「癒やしの力」
・カウンターでも使える
・このカードがストックに置かれるのでクライマックスが流れてしまうということはない


こんな感じだと思います。
ネオスタンダード構築が主流のデッキ構築においてはパンプ対象が《タロット》というのは、あまり気にすることではありませんがね(もちろん、スタンダード構築なら別たし、タイトル内にも《タロット》持ちでないキャラも少なからずいるが)
一方「ペルソナ」はタイトル内の特徴が結構ばらけているので、もしパンプ対象があったら比較はできなかったかもしれないですね(まあ、タイトル外で比較してる時点である程度は・・・という感じなんですがね^^;)

カウンターでも使える「癒やしの力」の方が、良いように見えて、なんとなく残念なカードに見えてしまう「アイギスの見る夢」なんですが、ストックブーストに関しては一概にそうはいえないのでこちらのテーマで書きました。
ほんの少しでも山札を削りつつストックブーストしたいのか、
それともクライマックスがストックに流れるのを避けるため自身ストックブーストの方がいいのか・・・
まあ両方ともレベル2のカードなんでリフレッシュというものも関係してくる時期なんで、どちらのタイプがいいのかなというところですよね。
3回目は
「禁書目録&超電磁砲」より「浴衣の初春」と
「魔界戦記ディスガイア」より「“イワシのチカラ”ヴァルバトーゼ 」についてです。



「浴衣の初春」
レベル:0 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:超能力・風紀委員
【永】 他のあなたのキャラが1枚以下なら、このカードのレベルを+1し、パワーを+1000。


「“イワシのチカラ”ヴァルバトーゼ」
レベル:0 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:悪魔・血
【永】 他のあなたのキャラが1枚以下なら、このカードのパワーを+1000し、このカードは次の能力を得る。『【永】 このカードは相手のキャラの【自】の効果によって【リバース】されない。』


どちらも条件を満たすとパワーパンプと相討ちに対して耐性を持ちます。


タイトル内だと同条件だといないんですよね~
条件違いなら、あるタイトルにはあるのですが・・・
まあ別タイトルでもいいかなって
ちなみにこの2枚は代表であげました。 他にも同能力のカードは結構あります。

一見全然違うように見えますが、相討ち対策ということなら実は似ているんですね~
ですが、まあ相討ち以外も考慮するならまったく違ってくると。
それぞれを比較してみると
「浴衣の初春」
・レベル相討ちだけでなく、擬似相討ちにも対応できる
・相討ちだけでなく、直接除去にも対応できる

「“イワシのチカラ”ヴァルバトーゼ」
・レベル相討ちだけでなく、コスト相討ちにも対応できる


こんな感じだと思います。
これ系統の能力は徐々に出てきているので、もし両方タイトル内にあるのでしたら、こういう感じで選べるんですけどね。
個人的には、コスト相討ちは「ゼロの使い魔」と「CLANNAD」にしかありませんので、レベルが上がる効果の方が汎用的で使いやすいかなと思います。
2回目は
「探偵オペラ ミルキィホームズ」より「収録中のシャロ」と
「D.C.」より「お料理上手 姫乃」についてです。



「収録中のシャロ」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:探偵・ヘッドフォン
【自】[手札のクライマックスを1枚控え室に置く] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室の《探偵》のキャラを1枚選び、手札に戻す。


「お料理上手 姫乃」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:新聞
【起】[(1) 手札のクライマックスを1枚控え室に置く] あなたは自分の控え室のキャラを1枚選び、手札に戻す。


どちらも手札のクライマックス1枚と控え室のキャラ1枚を交換します。


「収録中のシャロ」に関しては「不安げな眼差し 淳和」がほぼ同等の能力を持っており
「お料理上手 姫乃」に関しては「“参謀役”理樹」「スペシャルコーチ真」が同じ能力を持っています。
ただしその3体については他にも能力を持っているので、比較には上の2枚を選びました(というかこの2枚しか知らなかったw)
それぞれを比較してみると
「収録中のシャロ」
・コストがかからない
・起動封じされていても効果が使える

「お料理上手 姫乃」
・起動効果なので何回でも効果を使える
・回収キャラに制限がない(ネオスタンダード構築ならどちらもあまり変わらないようなものになるが)


こんな感じだと思います。
どちらも手札は増えないものの、クライマックスを処理しつつキャラ回収は便利ですよね~
「お料理上手 姫乃」も悪くないんですが、基本的に出しても1回しか使わないから、どちらかというと「収録中のシャロ」の方がやっぱり使いやすいかな。
タイトル内だけだとね、自分が使っているものしか知らないからね。
つまりネタ切れですw
なのでもうタイトル関係なくなることにしました。
その際、効果が似ているのを比較するにあたって、なるべくレベルやパワーが同じものを選んでいくようにします(パワーに関しては少しぐらいは差が出ると思うが)
特徴に関してはさすがに無理ですが^^;(あとレアリティとか)
ということでやっていこうと思います。


1回目は
「翠星のガルガンティア」より「仕事中 ジョー」と
「ビビッドレッド・オペレーション」より「紫条 悠里」についてです。



「仕事中 ジョー」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:オペレーター
【自】 相手のドローフェイズの始めに、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードのレベルが1以上なら、あなたはこのカードを手札に戻してよい。(クライマックスのレベルは0として扱う。公開したカードは元に戻す)


「紫条 悠里」
レベル:0 コスト:0 パワー:2000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:科学・メガネ
【自】 バトル中のこのカードが【リバース】した時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードのレベルが2以上なら、あなたはこのカードを手札に戻してよい。(クライマックスのレベルは0として扱う。公開したカードは元に戻す)


どちらもあるタイミングで条件を満たすと手札に戻すことができます。


それぞれを比較してみると
「仕事中 ジョー」
・こちらの方が条件が緩い
・相手の除去の前に効果が使える

「紫条 悠里」
・タイミングがリバース時なので自ターン中でも使える
・タイミングがリバース時なので枠を空けずに済む


こんな感じだと思います。
今回もそれぞれを比較してのメリットのみ書いています。
デメリットまで書くとごちゃごちゃしそうだし、まあ同じことしか書かないですしね。
どういうことかというと例として
「仕事中 ジョー」
・相手の除去の前に効果が使える
→「紫条 悠里」はリバース時が効果発動のタイミングである
→直接除去に弱い

「紫条 悠里」
・タイミングがリバース時なので枠を空けずに済む
→「仕事中 ジョー」は相手のドローフェイズの始めに手札に戻る
→ダイレクトアタックを受けてしまう

といった具合にそれぞれの片方のカードのメリットというのは、それぞれのもう片方のカードのデメリットになっていると思いますので。
なのでメリットだけ書いてます(まあカードをよく見ればわかるものもあるけど)


今回のこのシリーズは、スタンダード構築だったらそのまま参考になると思いますが、ネオスタンダード構築だとまあそうもいきませんよね^^;
しかしながら、カード単体として見る場合、似たようなものと比較してみることで再度そのカードのメリット・デメリットが見えてくるのではないかと自分は思ってます。
なので少なくとも無駄ではないとは思ってるんですけどね、どうでしょうか?(まあそれでもネタがないのでやりますがw)
ちなみにこういうことをするつもりだったので「仕事中 ジョー」について書いたときは結構適当に書いていたのですw
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
今まで見てくれた人
今見てくれている人
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。