ヴァイスシュヴァルツについてのブログです。主にカード考察や特定の能力持ちのまとめ、手持ちのデッキレシピを書いています。(たまに自分のラブライブと艦これ事情等の雑談も)
プロフィール

ハイパーアイクン

Author:ハイパーアイクン
ヴァイスシュヴァルツについて記事を書いていきます。

所持デッキ
■D.C.
 アイシア耐久
 生徒会
 白河ことり軸音楽
 姫乃早出し
 音楽
 杉並アンコール
 
 ほぼさくら単
 「見事なカウンター」
 和泉子バウンス

■魔法少女リリカルなのは
 なのフェイ
 なのは アンコール型
 なのは 大型バーン型
 フェイトビート
 一心同体軸
 夜天はやて
 「湖の騎士シャマル」
 ヴィータビート(ソウル型)
 ヴィータビート(パワー型)
 フェイトビート ファランクス型
 メカ相討ちアンコール

■らき☆すた
 オタク
 双子
 絆ソウルビート

■探偵オペラ ミルキィホームズ
 魔女っ娘シャロ軸
 ハロウィンナイト軸

■艦隊これくしょん -艦これ-
 金剛軸
 はっちゃん守り隊
 初風選抜
 赤城選抜
 響選抜
 夜戦型
 ハイパーズ
 
■ラブライブ!
 僕光軸
 夢にむかってμ's軸
 赤緑
 「アイドル大好き花陽」
 ことり単
 にこ単
 穂乃果単
 真姫単
 海未単
 凛単

■涼宮ハルヒの憂鬱
 赤緑青(安価)

■ソードアート・オンライン
 シリカデッキ

■Angel Beats!

■プリズマ☆イリヤ

■進撃の巨人



mixiもやってます。

最新トラックバック
楽天市場
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
25回目は「Fate」より
「凛&アーチャー」についてです。



「凛&アーチャー」
レベル:3 コスト:2 パワー:9500 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:マスター・サーヴァント
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置いてよい。
【自】 このカードがアタックした時、クライマックス置場に「別れの言葉」があるなら、あなたは相手に1ダメージを与えてよい。(ダメージキャンセルは発生する)
【起】[手札の《武器》のキャラを1枚控え室に置く] そのターン中、このカードのパワーを+2000。


cip回復とクライマックスシナジーによる1点バーン、そして手札の《武器》のキャラ1枚を自身2000パンプにすることができます。
cip回復とクライマックスシナジーによるノーコスト1点バーン持ちと「トラブルガール ハルヒ」と同じようなことができ、基礎パワーが500下がっただけで、起動効果による一時的なパワーパンプも可能と、弱いわけがないのです!
また一応「乱暴な召喚」で早出しもできます。
しかしその場合、回復は発動しません。
また早出しする場合はコストが1多く必要です。
ちなみに対応クライマックスは全体ソウル+2です。

と、弱くはないのですが「トラブルガール ハルヒ」があまりにも単体でもサポート面での高性能なせいで、なんとなく残念に見えてしまうんですよね~
でも弱くはないんですよ。
レベル3として必要な勝敗に関わる要素が2つもあるのですから(自分に関わる回復と、相手に関わるバーン)
ということでこちらのテーマで書きました(「トラブルガール ハルヒ」が強すぎるだけ)
スポンサーサイト
24回目は「Fate」より
「桜&ライダー」についてです。



「桜&ライダー」
レベル:3 コスト:2 パワー:9500 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:マスター・サーヴァント
【永】 このカードの正面のキャラのソウルを-1。
【自】[(2)] あなたのクライマックス置場に「Heaven's Feel」が置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分のクロック置場のレベル2以下のキャラを1枚選び、舞台の好きな枠に置く。
【起】[(1)] あなたは相手のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを-500。


「Fate」って昔と違って今は戦えるタイトルなんで、正直マイナーといえるかどうかわかりませんが、なんかいいな~と思ってたカードがあるので。
ソウルー1に、クライマックスシナジーにより2コスト払ってのクロックからのレベル2以下のキャラ召喚。
ついでに起動効果による1コストで相手のキャラのパワーを500下げることもできます。

起動効果の方はレベル3ではほとんど使う機会はないと思いますが、ソウルー1とクライマックスシナジーが魅力的だと思います。
特にクライマックスシナジーはクロックからのキャラ召喚のため、回復にもなりますし、クロックのカードが舞台にいくので、回復メタにも引っかからないという優れもの。
昔のカードながらこれだけできれば上出来かなとw
ちなみに対応クライマックスはストックブーストの全体ソウル+1のもの。
つまり実質1コストで効果が使えるわけですね。
いや~そこだけ考えると強い強い。


あ、今日「艦これ」4BOX買いました。
最近お金がやばいですw
23回目は「ペルソナ」より
「荒垣 真次郎」についてです。



「荒垣 真次郎」
レベル:0 コスト:0 パワー:1500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・武器
【自】 このカードがプレイされて舞台に置かれた時、あなたは相手の控え室のイベントを1枚選び、思い出にしてよい。
【自】 このカードが【リバース】した時、このカードとバトルしているキャラのレベルが0以下なら、あなたはそのキャラを【リバース】してよい。


レベル0相討ちと、このカードがプレイされて舞台に置かれた時に、相手の控え室にあるイベントを1枚思い出に飛ばすことができます。
レベル0相討ちは言わずもがなの使いやすさですね。
しかしこのカードのすごいところは、プレイされたときに相手の控え室にあるイベントを思い出に飛ばせること。
上手くいけば、まだ未使用のイベントを使わせる前に思い出に飛ばして使えなくさせることができるということです。
イベントというと、便利な回収イベントや、オーバースペックなカウンターイベント、それから回復イベントというのが主に使用されると思います。
全部は無理にしろ、どれかしらの種類のイベントを使用しているタイトルは結構あると思います。
ということは結構これいけるんじゃないですかね?(普通にレベル0相討ちも持ってますし)

ただ中には思い出にあることで効果を発揮したり、他のカードの効果を発揮したりするイベントもあるので、そこには注意を(「アイドルマスター」とか)


※実は領域考察 Part8という思い出置場について書いたときに、おまけ的な感じで書いていたみたいです。
 しかもそっちの方が良い感じになっている気がするというw
22回目は「戦国BASARA」より
「推して参る…!」についてです。



「推して参る…!」
レベル:2 コスト:1
あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置いてよい。あなたは自分の《武器》のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+4000。このカードを思い出にする。


1コストで1点回復しつつ、自分の《武器》のキャラ1体にパワー+4000し、その後このカードは思い出にいきます。
「コーデリアのお花畑」「ジュピターとの対決!」の中間あたりですかね?(単純には言えないですが)
「コーデリアのお花畑」と比べると、レベルとコストが1低くなっているかわりに回復量も1低いです。
しかしパンプ値は《武器》に限定している分こちらの方が1000高くなっています。
「ジュピターとの対決!」と比べると、レベルが1低くなっているかわりに、こちらはカウンターでは使えなくなってます。
しかしパンプ値は《武器》限定なので2000も上になってます。

結構このあたりは人によって評価が分かれてきそうですが、似たようなものと比べるとこんな感じになると思います。
まあ回復量・コスト・パンプ値から見ると、このカードも十分強いと思います。
というか、1コストで回復しつつ4000パンプって普通に強いでしょ^^;
レベル2のカードですけど、なんかコストおかしんじゃないの?って思っちゃいますねw
また「戦国BASARA」はこれ以外にも「竜と右目」という回復イベントがあります。
イベントは結構強いのがあるんですけどね~
21回目は「戦国BASARA」より
「川中島の合戦」についてです。



「川中島の合戦」
レベル:2 コスト:1
【カウンター】 あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1500し、次の能力を与える。『【自】 このカードとバトル中のキャラが【リバース】した時、あなたは相手に1ダメージを与えてよい。』(ダメージキャンセルは発生する)


自分のキャラ1体のパワーを+1500しつつ、そのキャラに相手リバース時に1点バーンという能力も付与します。
しかもカウンターで使うことができます!
レベル2のカウンターでありながら1500しかパンプしませんが、終盤のチャンプアタッカーに対して使うのなら十分な値だと思います。
というか1500パンプよりも、リバース時の1点バーンがメインのカードみたいなものですからね。

このカードがあることにより、自分のターン中にクロック6までしか与えられなかったとしても、相手ターン中に勝負を決めることができます。
また相手からしてみればこのカードがあることにより、うかつなチャンプアタックもしづらくなります(つまり、余計なコストを使わせることができる)


「戦国BASARA」ってオーバースペックカウンターがないのですが、このような特殊なカウンターが多いような気がします。
というかそういうカウンターを調べたこともあったな~と→要注意!?特殊な助太刀&カウンター Part4
20回目は「ペルソナ」より
「タロットの報せ マーガレット」についてです。



「タロットの報せ マーガレット」
レベル:0 コスト:0 パワー:1500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・占い
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札を上から1枚見て、山札の上か下に置く。
【自】[(2)] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは1枚引く。


手札から登場した時に、山札の上から1枚を見て上か下置け、さらに2コスト払うと1ドローできます。
同時に2つの自動効果が発動するので自分の好きな順で効果を解決することができます。
基本的には山札の上から1枚を見てからドロー効果を使うかどうかを決めるかと思います。
つまり、効果が完結しているんですよね。
山札の上から1枚を見てから、それが欲しいと思ったらそのまま2コスト払って持ってこれるんですから。
なかなかいいカードだなと思いました。


最近忙しいんです>< 勘弁してください(;へ:)(うすうす今日のカード考察とやってること変わんないなとは思ってた)
19回目は「シャイニング・フォース」より
「きいろちゃん」についてです。



「きいろちゃん」
レベル:0 コスト:0 パワー:1500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法
【永】 あなたのターン中、このカードのパワーを+1000。
【自】 相手のアタックフェイズの始めに、あなたはこのカードを前列のキャラのいない枠に動かしてよい。


またまたカムバックのカードです。
というかカムバックのカードって追加パックのないマイナータイトルから選ばれて、それを今の環境である程度まで戦えるようにするためにカムバックキャンペーンと称してPRカードで補強されているわけだから、このテーマに一番合うのでは?(今更ながらに思ったわけです)
ま、それは置いといて・・・

移動持ちながら自ターン中はパワー2500になれます。
「方向音痴あずさ」とは違い、常時パワー2500ではないですが、自ターン中は効果持ちのキャラの中では高いパワー2500でアタックにいけ、相手ターン中は移動して逃げると効果が噛み合ってます。
ちなみに「方向音痴あずさ」「きいろちゃん」以外のパワー2500の移動持ちは
「戦姫絶唱シンフォギア」の「全力の拳 響」
「ビジュアルアーツ」の「“鳥が好き”餅介」
となっています。
この2枚は「方向音痴あずさ」「きいろちゃん」とは違い、移動するのに条件があります。

また移動に制限があるもののパワー2500の移動持ちキャラとして
「魔法少女リリカルなのは」の「ストライクアーツ ヴィヴィオ」
「FAIRY TAIL」の「氷の城壁 グレイ」
「Rewrite」の「“興味津々”しまこ」
がいます。


とりあえず個人的には、特に条件もなく普通に移動でき、さらに自ターン中だけとはいえなかなかのパワーでアタックできるのは強いと思いますね。
しかも相手ターン中低くなったパワーは移動すればOKと自己完結できてていいですね。
18回目は「CLANNAD」より
「“部員募集中!”渚」についてです。



「“部員募集中!”渚」
レベル:1 コスト:0 パワー:6000 ソウル:1
トリガー: 特徴:演劇・だんご
【永】 あなたのターン中、このカードのパワーを+1000。
【永】 このカードの正面のキャラのソウルを+1。


前回に続き今回もカムバックのPRカードなので、まあ強くて当然だと思います^^
1/0ながら素でパワー6000を持ち、自ターン中ならばパワー7000まで、しかもこのカード単体で出せます!
レベル1でノーコストで特に条件もなくパワー7000のキャラが出せるのは強いですね。
しかしそのかわりデメリットとして、このカードの正面のキャラのソウルを+1してしまいます。
なのでサイドアタックでダメージが通ってしまいます。

それでもノーコストキャラでパワー7000+αでアタックできるのは強いと思いますね。
カウンターされたとしてもノーコストキャラですし、ダイレクトアタックを受けてしまうとはいえ、元々デメリットとして正面のキャラのソウル+1能力があります。
つまりカウンターされてこのキャラが倒された場合このカードのデメリット能力がデメリットではなかったことになりますし(そういうことでいいんだよね?)
そういう意味でもこのカードは強いなと思いました(まあカムバックのカードだからね)
17回目は「CLANNAD」より
「朋也のクラスメート 杏」についてです。



「朋也のクラスメート 杏」
レベル:0 コスト:0 パワー:3500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:双子・委員長
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から1枚を公開する。そのカードがクライマックスなら、あなたは自分のストックの上から1枚を、控え室に置く。(公開したカードは元に戻す)


0/0/3500のデメリットアタッカーです。
よくある手札からの登場時にトップチェックをするものですが、このカードの場合クライマックスが出たとしても、クロックにカードが置かれたり、自身をレストしたり、控え室に置いたりする必要はありません。
ただストックの上から1枚を控え室に置くだけです。
つまり成功したら0コストのオーバースペック、失敗したら1コストかかるだけです。
仮に失敗したとしても、アタックすれば1ストックたまりますので、差し引きなしにできます。
これは他の0/0/3500のデメリットアタッカーでは無理なことです。
ちなみにストックが0枚のときはどうなるかというと・・・
特になにもおこりません!
つまりトップチェックできるという恩恵だけ受けます!


ということで個人的にはデメリットアタッカーの中でもかなり扱いやすいのではと思っています(まあカムバックのカードだしね)
ただストックが0枚という状況以外でトップがクライマックスの場合は同一ターンに複数出しずらいかなというところですかね(さきにストックを使いはたしていれば関係なくなるが)
ちなみに「ギルティクラウン」に「潜入捜査 涯」という同能力のカードがあります。
16回目は「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」より
「非常招集の綾波」についてです。



「非常招集の綾波」
レベル:0 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:パイロット・眼帯
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札の上から2枚を、控え室に置く。それらのカードにクライマックスがあるなら、このカードを【レスト】する。


この前、このカードの互換になる「餃子の虜 コーデリア」がもう1枚のPRカードとともに、新春トリオで配布されることが発表されましたね。
「餃子の虜 コーデリア」が出てくるまではこのカードの互換はありませんでした。
レベル1のカードでしたら「アクセル・ワールド」の「お風呂でドキドキ ニコ」ってのが同じ能力を持っています。

手札から登場したときに自分の山札の上から2枚を控え室に落とし、それらの中にクライマックスがあったらレストしてしまうというデメリット能力を持っています。
しかしながらレベル0にしてパワー4000もあります!
一応デメリット能力としてこの能力があるのですが、山札を2枚削れるので、レベル1以降でもデッキ削りとしても使えるため非常に便利です。
仮にクライマックスが落ちたとしても、自身がレストするだけなので次のターン以降は普通に使えますし、まあストックにクライマックスが流れなかったと思えばそれほど痛いデメリットではないと思います。
ただしレベル3の場合は少々使いにくいかなと自分は思います。


ということで0/0/4000の中ではかなり使いやすいカードだと思います。
新しく「ミルキィホームズ」にPRで集中とこのカードの互換もきたことだし、そろそろ復活させようかな。
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
今まで見てくれた人
今見てくれている人
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。