ヴァイスシュヴァルツについてのブログです。主にカード考察や特定の能力持ちのまとめ、手持ちのデッキレシピを書いています。(たまに自分のラブライブと艦これ事情等の雑談も)
プロフィール

ハイパーアイクン

Author:ハイパーアイクン
ヴァイスシュヴァルツについて記事を書いていきます。

所持デッキ
■D.C.
 アイシア耐久
 生徒会
 白河ことり軸音楽
 姫乃早出し
 音楽
 杉並アンコール
 
 ほぼさくら単
 「見事なカウンター」
 和泉子バウンス

■魔法少女リリカルなのは
 なのフェイ
 なのは アンコール型
 なのは 大型バーン型
 フェイトビート
 一心同体軸
 夜天はやて
 「湖の騎士シャマル」
 ヴィータビート(ソウル型)
 ヴィータビート(パワー型)
 フェイトビート ファランクス型
 メカ相討ちアンコール

■らき☆すた
 オタク
 双子
 絆ソウルビート

■探偵オペラ ミルキィホームズ
 魔女っ娘シャロ軸
 ハロウィンナイト軸

■艦隊これくしょん -艦これ-
 金剛軸
 はっちゃん守り隊
 初風選抜
 赤城選抜
 響選抜
 夜戦型
 ハイパーズ
 
■ラブライブ!
 僕光軸
 夢にむかってμ's軸
 赤緑
 「アイドル大好き花陽」
 ことり単
 にこ単
 穂乃果単
 真姫単
 海未単
 凛単

■涼宮ハルヒの憂鬱
 赤緑青(安価)

■ソードアート・オンライン
 シリカデッキ

■Angel Beats!

■プリズマ☆イリヤ

■進撃の巨人



mixiもやってます。

最新トラックバック
楽天市場
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:-- スポンサー広告 TB(-) CM(-)
124回目は「Fate」より
「戦いの前の忠告 イリヤ」についてです。



「戦いの前の忠告 イリヤ」
レベル:0 コスト:0 パワー:2500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:マスター・ホムンクルス
【永】 このカードの下にマーカーがあるなら、このカードは『【永】 応援 このカードの前のあなたのキャラすべてに、パワーを+1000。』を得る。
【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の手札の「戦いの前の忠告 イリヤ」を1枚まで選んで相手に見せ、このカードの下にマーカーとして裏向きに置く。


マーカーがあるなら1000応援を持ちます。
マーカーを持つ条件は自身が手札から登場したときで、マーカーにすることができるカードは自身とマーカー対象も決まっています。
なので、手札に自身が2枚ないと役割が果たせないため厳しい感じがしますが、レベル0で1000応援をしかも出したターンから行えるのは、なかなかすごいことだと思います。
ただマーカー持ちの宿命で一度でも舞台から離れるとマーカーが外れてしまい能力を失うのはご愛嬌ということで
スポンサーサイト
123回目は「魔法少女リリカルなのは」より
「旅の鏡」についてです。



「旅の鏡」
レベル:3 コスト:5
あなたは相手の山札を上から6枚まで見てカードを6枚まで選び、控え室に置く。残りのカードを山札に戻す。その山札をシャッフルする。


5コスト払って相手の山札の上から6枚まで見て、6枚まで控え室にカードを落とし残りを山札に戻してシャッフルするというもの。
基本的にこのカードを使って相手の山札から控え室にカードを落とすのはクライマックスですね。
落とさなかったカードは山札に戻ってしまいますので、クライマックス以外を落とす利点はほとんどないと思います。
問題は6枚見てクライマックスがなかった場合は・・・^^;
コストだけなくなります。
シャッフルしちゃうので確定にはなりませんしね。
それがこのカードのこわいところというかクセがあるところなんですよね~^^;
122回目は「魔法少女リリカルなのは」より
「ひとりぼっちはいやだ!」についてです。



「ひとりぼっちはいやだ!」
レベル:2 コスト:4
このカードは、あなたのキャラが2枚以上なら、手札からプレイできない。あなたは自分のクロック置場の自分のレベル以下のレベルのキャラを1枚選び、舞台の好きな枠に置く。


4コスト払うことにより自分のクロック置場の自分のレベル以下のレベルのキャラ1体をそのまま舞台に出すことができます。
早出しにはなりませんが、クロックから直接キャラを出せるのは魅力的ですね。
しかし4コストかかってしまうことと、さらにプレイ条件として自分の舞台に2体以上キャラがいると使うことができないと少々面倒な条件がついています。
2体以上いると使用できないということなので基本的に後列にキャラを置いておけないということになります。
ただでさえ4コストもかかる上にこれは厳しいですね。
クロックから直接キャラを出せるのは魅力的なんですけどね^^;
121回目は「Phantom」より
「ファントムの主クロウディア」についてです。



「ファントムの主クロウディア」
レベル:2 コスト:1 パワー:8000 ソウル:1
トリガー:あり 特徴:暗黒街
【自】[(4)] このカードがフロントアタックされた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたはこのカードの正面のキャラを1枚選び、そのターン中、ソウルを+6。


自身がフロントアタックされたときに4コスト払うとそのフロントアタックしてきたキャラのソウルを+6します。
初心者の人からみたら相手のソウルを上げるためこちらのダメージが増えてしまうというわけわかんないことをしていると思いますが・・・
このゲームのダメージの入り方というのは“アタックしたキャラのソウル分山札の上からカードを1枚ずつめくりその中にクライマックスがなかったらダメージ”というシステムになっているので、1度に大きなダメージを通そうとすると逆にダメージをキャンセルされる確率が上がるってわけです(それを狙って作られた効果だと思うけど)
とはいえこの効果を使ったからといってダメージをキャンセルするとは限らないので、その場合は大ダメージを負うことになります。
4コスト払うことを考えるとかなり難しいですね^^;
ちなみにこのカード以外にも「水着のイオ」「“柔らかな感触”アンリエット」が同じ効果を持っています。
他2枚は1/0キャラに対してこちらは2/1キャラと登場にもコストを必要とするのがちょっと痛いところ。
まあ2/1キャラなのでパワーはそこそこありますし、タイトル内でしたら「ファントム」ネームを持っているためいろいろと支援を受けられるため悪くはないと思います(効果を使うのが難しいだけで)
120回目は「魔法少女リリカルなのは」より
「母を想うフェイト」についてです。



「母を想うフェイト」
レベル:2 コスト:2パワー:7000 ソウル:2
トリガー:あり 特徴:魔法・クローン
【永】 他のあなたの《使い魔》のキャラがいるなら、このカードのパワーを+2000。
【自】[(6)] このカードがアタックした時、クライマックス置場に「ファランクスシフト」があるなら、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたの「母を想うフェイト」1枚につき、次の行動を行う。『相手に1ダメージを与える。』(ダメージキャンセルは発生する)


他の自分の《使い魔》のキャラがいるなら2000パンプされます。
そしてクライマックスシナジーによりこのカードがアタックしたときに6コスト払うと自分の舞台にいるこのカードの枚数分1点バーンを行うことができます。
1体なら1点バーンが1回、2体なら1点バーンが2回、3体なら1点バーンが3回、4体なら1点バーンが4回ということです。
複数体いてコストに余裕があればそのまとまりをさらに行うことができます。
とはいえ効果を発動させるのに6コスト。
なるべくなら1~2体ではなく3体以上揃えてから行いたいので登場コストを考えるとさらに6コスト以上かかることを考えるとかなり厳しいですね。
ちなみに6コストあれば「“揺るぎ無い意志”なのは」で5点バーンが打てます。
あちらはアタックしたときにコストさえ払えば使うことができます。
まあ5点バーンと1点バーン複数は全然違うんですけどね。
119回目は「シャイニング・フォース」より
「料理人シリル」についてです。



「料理人シリル」
レベル:0 コスト:0 パワー:1000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・本
【自】 他のあなたの『応援』を持つキャラが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分の山札を上から1枚見て、山札の上か下に置く。
【起】 集中 [(1)] あなたは自分の山札の上から3枚をめくり、控え室に置く。あなたはX枚まで引き、自分の手札をX枚選び、控え室に置く。Xはそれらのカードのクライマックスの枚数×2に等しい。


他の自分の「応援」持ちのキャラが手札から登場したときにデッキトップを見てトップかボトムに置くことができます。
そして、1コスト3枚集中持ちのXドローXディスができます。
そのXというのは集中により落ちたクライマックス×2です!
1枚でも当たれば2ドロー2ディスとなります。
2枚だと4ドロー4ディス、3枚だと6ドロー6ディス! 手札とデッキが回りますねw
また1つ目の効果により集中を成功しやすくできますしね。
ただ注意しないといけないのはドローは“X枚まで引き”なのに対しハンデスのときは“X枚選び”になっているところですね。
ドローは別に最大枚数じゃなくてもいいですが、ハンデスのときは必ず最大枚数捨てなければならないため、山札調整や単に引き忘れたときは手札的にはディスアドになってしまうので気をつけるように。
118回目は「魔法少女リリカルなのは」より
「高町 ヴィヴィオ」についてです。



「高町 ヴィヴィオ」
レベル:0 コスト:0 パワー:1000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:オッドアイ・王族
【永】 他のあなたのカード名に「なのは」を含むキャラすべてに、パワーを+500。
【起】 集中 [(2)] あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。それらのカードのクライマックス1枚につき、あなたは自分の控え室のキャラを1枚まで選び、手札に戻す。


他の自分の「なのは」ネームに500パンプと2コスト4枚集中でクライマックス1枚につき1体回収ができます。
やってることは強いんですけどね~
ハンドアドが増える集中+広い範囲のネームパンプと、あの「“僕らのLIVE 君とのLIFE”園田 海未」と似たようなことができます。
しかもこのカードはレベル0から出せます!
ですがまあいざ使おうとなると・・・
やはり集中に2コストはきつい^^;
4枚削れてハンドアドがとれるのはいいんですが、基本1ターンに3ストックのうち2コストを集中に使用では後の展開に響いてきます。
あとはなんといっても《魔法》を持っていないのがきついですね^^;
「制服のなのは」「カートリッジシステム なのは」「アドバイザー ユーノ」、回収やサーチに引っかからないってのが厄介です。
まああれだったらすでにこのカードが必須級になってますもんね(「なのは」使うなら)
117回目は「初音ミク -Project DIVA- F」より
「鏡音レン“シエル”」についてです。



「鏡音レン“シエル”」
レベル:1 コスト:1 パワー:5500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:音楽・雪
【永】 記憶 あなたの思い出置場に「鏡音リン“ソレイユ”」があるなら、このカードのパワーを+2000。
【自】 記憶 このカードがアタックした時、クライマックス置場に「soundless voice」があり、あなたの思い出置場に「鏡音リン“ソレイユ”」があるなら、次の相手のターンの終わりまで、このカードのパワーを+3000。


記憶により特定のカードが自分の思い出置場にあれば1/1/7500になります。
またクライマックスシナジーも記憶により特定のカードがあれば次の相手のターンまで自身を3000パンプします。
2つの記憶の対象カードは同じためクライマックスシナジーを使うと次の相手ターンまで10500になります。
レベル1でこの値が出せれば確かに強いですが・・・
記憶準備に加えてクライマックスが必要で、さらに記憶に必要なのは特定のカードとなんでもいいわけではないため、デッキ枠も取られると結構厳しいものだと思います。
116回目は「魔法少女リリカルなのは」より
「アドバイザー ユーノ」についてです。



「アドバイザー ユーノ」
レベル:1 コスト:0 パワー:4000 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:魔法・本
【自】[(1) あなたの【スタンド】している《魔法》のキャラを2枚【レスト】する] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。そうしたら、あなたは自分の控え室のカード名に「なのは」を含むキャラを1枚選び、手札に戻す。


手札から登場したときに1コストと《魔法》キャラ2体レストで「なのは」ネームのキャラを回収できます。
1コストで手札が1枚増えるのは強いですよね。
回収範囲も「なのは」と広いですし。
パワーも低いとはいえ相討ち持ちあたりは倒せる値はありますし。
しかしやっぱり2体レストはなにかと響くと思います。
タイトル内ですと「春に生まれし風 リインフォースⅡ」「謎の剣士 シグナム」「シュランゲフォルム シグナム」「初めての共闘 ヴィータ」「伝えたい真実 なのは」あたりとは両立は難しいですね。
あと《魔法》のキャラでないといけないというのもちょっと厄介ですね。
基本的にはタイトル内のほとんどは《魔法》持ちですが「高町 ヴィヴィオ」などの一部のキャラは《魔法》持ちでないので注意が必要です。

でも1コストでキャラ回収はなんだかんだ強いです。
そりゃ1ターン内にやすやすと複数回使えたらまずいですもんね。
115回目は「D.C.」より
「高坂 まゆき」についてです。



「高坂 まゆき」
レベル:1 コスト:0 パワー:500 ソウル:1
トリガー:なし 特徴:生徒会
【自】 あなたがこのカードの『助太刀』を使った時、あなたは自分のクロックの「非公式新聞部 杉並」を1枚選び、ストック置場に置いてよい。
【起】【カウンター】 助太刀1000 レベル1 [手札のこのカードを控え室に置く] (あなたはフロントアタックされている自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+1000)


1/0/1000助太刀です。
もちろんそれだけでなく、助太刀使用時に自分のクロックの特定のカードを1枚ストックに送ることができます。
つまり回復です。
しかも相手ターン中に!
おまけにストックに送るので回復メタにもひっかからず!!
それをノーコストで!!!
やってのけちゃんですね~ 個人的にはこれすごいと思いますよ?

そのかわり1000助太刀なため助太刀としてはほとんど役に立たないのと、特定のカードを入れなければならないためデッキ枠がとられてしまいます。
まあ最悪登場コストが0コストなのでチャンプアタッカーということもできなくはないです。
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
今まで見てくれた人
今見てくれている人
現在の閲覧者数:
検索フォーム
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。